サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
釣果レポート - Entry for akiyama

2006/07/02
第一回マグロ釣りチャーター

Author: akiyama (5:22 am)
釣行日  7-01-06  出航6-30-06 21:30 〜 帰港 7-01-06 22:15
BOAT   Endevor
参加者  23名
Furukawa ,Beppu,Iwata,Kondo,Tsujioka,Shimada,Urabe,Saito,Akiyama,Nakajima,Kusumegi,Jr.Kusumegi,Marumo,Sakai,Kimura,Kawamura,Nishiyama,Iida,Takahashi,Tomita,Furukawa T,Tsukamoto.Isho

釣果   Bluefin 15 Albacore 1、Yellowtail 4
     (本人 Bluefin 2)   

Saltgame.net第一回マグロ釣り。昨年からコンタクトをしてきてやっとの思いで2006年のチャーターの予約の手配ができた。
長いようであっという間の半年が過ぎてしまった。
6月になり急にブルーフィンの報告があがりWEBが賑わい始める。
昨年のリベンジの為にこの日を待ち遠しくしていた参加者も中にいます。私もその一人であります。
しかし一週間前から急にフィッシュカウントが下がる。メキシコの天気の影響で、海が荒れている情報が入ってきた。いつ回復するかと思うが
毎日のフィッシュカウントから目が離す事ができない。日々不安が大きくなる。
近年の異常気象も毎年続くと本当に流れが読めないのが現状。釣客も当然釣行を控えてしまってるように感じられる。
例年ならアバコのカウントは4桁で入れ食い状態なのに。
昨年に続きランディング、ボートオーナーも収益激減は避けられない。
他人の事より第一回のチャーターの心配をしなくては。
アメリカ独立記念日を前にして金曜日はかなり交通渋滞が予想されていた。バレーチームのフレッドサカイ氏のピックアップの為に3時に家を出る。
オレンジ郡を通り抜けるまでに2時間以上、途中一足早く出発した丸茂氏より道路状況が時折入る。それにしても民族の大移動なのか・・・・・・。
7時15分にランディング到着。ほとんどのボートは2〜3日前から狙いを確実なイエローテールにかえてるように思われる。
エンデバーでさえこの3トリップはほとんどツナが上がっていなくて、金曜日と言えども午後6時半には帰港していた。
チャーター企画スタッフ側からすると、とにかく海のコンディションが回復して結果を残せる事を心から願うのみである。
キャプテンから3日前に電話があり、日曜日のチャーターがキャンセルの為にオプションとして1.5DAY はどうかと申し出があった。
個人的には問題ないことだが全員に連絡するにしても時間も無く、予定が入ってる人もいるかもしれない。それより大漁となる保証も一切ない。料金もかなり増えてしまう為に、従来の予定で変更なし。
10時出航予定であったが全員が揃ったのが9時半、30分ほど早く出港となる。
1.5〜2DAYレンジならブルーがウヨウヨしてるというが、食い付が悪いのはヒロさんの報告で知らされていた。
イエローテール狙いになれば確実にボートで大漁になる可能性が高い。
しかし我々はマグロ釣りチャーターの名で参加を募った以上、結果はどうなろうかツナ狙い。運に任せるのみである。
ランディングを離れると海のうねりがひどく大きく揺れる。ボート自体が千鳥足状態ですすむ。スピードは出せれないが一路70マイル沖合いを目指す。
早朝まだ夜明け前ではあるが周囲には1〜2隻のボートの灯りが見える。。洗顔を済ませてから未公認のローリングにはいる。時間は5時過ぎであった。
6時近くになって本日の第一HIT、HOOK U〜Pの声が上がる。コウヘイさんがまずはめでたく1匹目を釣り上げる。なんとトロールで釣れたのがブルーフィィン。朝一番から景気の良いスタートとなって全員の士気が高まる。
天気は快晴で気温もシャツ1枚で過ごせるほどに暖かい。海のうねりはあるが風はほとんど無い。今日は是非ともボートリミット目指してカツを入れる。
しかし昼までに上がったのはトロールでアバコ、ブルー、イエローの各1匹。ベイトではボニトが1匹という結果。このままだとボニトがジャクポット。
笑えない状態であった。
大変にスローな流れとなり朝の志気はほとんど見当たらず、ボート全体でクルージングのモードに入っていた。バンクやギャーレーで寝る人や、日光浴をする人、それぞれ自由に時間を過ごす。
時折小さなケルプがあるが全然反応なし。70マイルレンジの納竿時間は通常なら2〜3時。このまま悲しい釣果で帰港となるのか?
昨年もスタートが悪かったが午後になって何とか好機がやってきた。
今年は昼を過ぎてもいぜんその気配が感じられない。ほとんどのボートが狙いを変えてるの為に、周囲にはボートの姿が見らなかった。
我々はツナ狙いにこだわった為に単独行動。ハズレであれば悲惨だが大きな群れに当たれば独り占めの釣果となる。まさにギャンブルそのもの。
例え小さなブルーでもかかれば釣った事には変わりない。その気持ちは全員同じであった事でしょう。
海のコンディションを理由に、このままサンディエゴに帰港する事は言い訳になってしまう。
どんなことがあってもブルーの群れを見つけ出してくれ〜と、キャプテンのデビット氏に心から願う。
昨年は5時頃まで粘ってくれた為に結果が出せた。今年もランディングまでの帰港途中で群れが見つかれば何とかなるだろう最後までチャンスを待つ。
とは思うもの私自身すでにROD5本持参した内の3本は片つけてしまっていた。
ランディングからの距離を考えたらもう操業を打ち切らないと、次のトリップ出航に間に合わなくなる。もうそろそろ打ち止めかと思っていたら。
HOOK U〜Pの大声が上がり、ボートが一機に騒がしくなる。
SDの沖合い40マイルで最大のチャンスが到来。
これもスローな中で最後まであきなめずに、デッキでトローリングロッドを長時間管理してきた別府さんの気持ちが伝わったようである。
ベイとでも2〜3人がかかったようでRODが大きく弧を描く。デッキが騒然とし次々にブルーが釣り上げられる。
船上では大きな歓声が飛び交い、一機に今までの暗雲が飛び散る。
その後、ソーナーに魚影さえ映れば小さな可能性でもボートを止める。
納竿までに合計4回のHITが自分に与えられた。しかし限られた貴重なチャンスでありながらバラシ1、ラインブレイク1と4戦2勝2敗の結果となる。今後の課題が残ってしまった。
今回のブルーはいつもと異なることが感じられた。まずはなかなか掛かりにくいトローリングに不思議なほどにHIT、そして従来の強烈なブルーのような引きがあまり感じられない。自分の気のせいのなのかそれともサイズが一回り小ぶりの関係なのか?
気が付けば時間は午後7時。ボート全体で程ほどのカウントが得られた時点で納竿となり、ランディングへ急ぐ。
オーバーナイトでありながら1.5Day ボートと釣行時間はほとんど変わらない。最後の最後まであきらめずにブルーを探してくれたキャプテンのデビット氏。我々の気持ちを一番理解してる1人である。本当に感謝申し上げます。
SEAFORTH帰港は午後10時過ぎ、すでにランディング事務所はクローズして薄暗くなっていた。次のトリップ(OPEN)の乗船者が首を長くして待ってた。
私自身12時間を超すオーバーナイト経験は初めてであった。
第一回マグロ釣りの釣果はSDのオーバーナイトのボートとして最高ポイントを獲得。名誉ある釣果ともいえます。
今回夏休みの思い出にと私が無理やりに誘ってしまったクスメギ親子。スローで2人共に結果が出せなくて大変に心苦しく感じましまった。せめてでもと手土産として小振りではあるがブルー(30Inch)を1匹手渡す。
大漁を予想していた私だが、フレッドのベビーイエローテール1匹と私のベビーブルーフィン(35Inch)1匹では100&150qtのアイスチェスは不要となってしまった。


結果発表
ジャクポット  別府氏
竿頭      別府氏 ブルーフィン ツナ2匹(本鮪)、イエローテール2匹(ヒラマサ)

サンデェゴ在住の別府様 オメデトウございます。

今回ご参加されました皆様方お疲れ様でした。 
皆様方のご協力もありまして実りある第一回マグロチャーターが無事に終了しました。
普段はWEB等でしか交流が出来ませんが、このような機会に皆様方とお会いできまして親睦を深める事も出来た事を感謝申し上げます。今後もSALTGAMEをよろしくお願いします。
尚、最後まであきらめずにツナの群れを探してくれたエンデバーのキャプテン デビット氏、クルーの皆様方に感謝、お礼申し上げます。ありがとうございました。





Read akiyama's weBLog | Comments (6) | Trackback (409) | Reads (4490)
Trackback URL of this entry
http://www.saltgame.net/modules/weblog/weblog-tb.php/127
Printer Friendly Page Send this Blog to a Friend
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
ko-hey
投稿日時: 2006-7-2 16:04  更新日時: 2006-7-2 16:04
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-16
居住地: ベイエリア
投稿数: 1226
 Re: 第一回マグロ釣りチャーター
チャーター参加の皆様、お疲れ様でした。
ブルーフィンをみごと釣られた方、おめでとうございます。
残念ながら釣果に恵まれなかった方、次回9月のチャーターで今回の雪辱を晴らしましょう!!
ギャラリーに写真を掲載しましたのでごらんくださいませ。ギャラリーの画像は小さくしているので、大きな画像をご希望の方はPMにてお知らせください。
marumo
投稿日時: 2006-7-2 20:54  更新日時: 2006-7-2 20:54
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-15
居住地: 一升ビンの底
投稿数: 754
 Re: 第一回マグロ釣りチャーター
参加された皆さんご苦労様でした。
コンディションが悪い中、良く健闘したと思います。
時間を延長してまで釣果に貢献してくれたエンデバーに感謝です。

今回釣果をあげられなかった方も次の機会にはきっと大きなマグロと遭遇することでしょう。
9月のチャーターも頑張って楽しみたいと思います。
mizu
投稿日時: 2006-7-2 22:53  更新日時: 2006-7-2 22:54
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-16
居住地: Gardena
投稿数: 698
 Re: 第一回マグロ釣りチャーター
皆様、お疲れ様でした。
昨晩,976tunaでfish countを見ると、BFT*1,ALB*1,YTL*1となっていたので、アチャーと思いましたが、
実際は厳しい中でも全体的にはなかなかの結果を残せたようでなによりです。
僕は今回都合でキャンセルでしたが、
次回に期待しています。
koheyサン、写真撮影ご苦労さまでした。
keiichi
投稿日時: 2006-7-3 7:34  更新日時: 2006-7-3 7:34
長老メンバー
登録日: 2005-11-15
居住地: ???????
投稿数: 422
 Re: 第一回マグロ釣りチャーター
流石ですね〜。
あの状況で15匹もブルーを上げるのですから。
ヒロさん鮪ありがとうございました。
超〜美味かったです〜!
akiyama
投稿日時: 2006-7-3 12:30  更新日時: 2006-7-3 12:30
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-21
居住地:
投稿数: 1838
 Re: 第一回マグロ釣りチャーター
チャーター参加者の皆様、お疲れ様でした。
オーバーナイトのレンジでマグロのカウントが激減して心配していましたが、皆様方の熱意で最後の最後にマグロ釣りチャーターとしての結果を残す事が出来ました。
マグロ釣り初体験の方、結果の有無は別としてツナ釣りの醍醐味を味わっていただけたでしょうか?
9月には第2回が企画されてますのでまたお会いいたしましょう。
また今回参加できなかった方、Saltgame理解者、協力者の方々、諸々の支援ありがとうございました。
Hiro
投稿日時: 2006-7-3 12:33  更新日時: 2006-7-3 12:33
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-15
居住地: レインボーブリッジの橋げた
投稿数: 3982
 Re: 第一回マグロ釣りチャーター
皆さん、あのタフな状況の中、お疲れ様でした。
それにしても、あの日、他のOvernight Boat(特にH&M Landing)はほとんどマグロは釣れず、ひどい船はBarracudaどころかCalico Bassを釣ってた船もありました。
そのコンディションの中でBluefin Tuna15匹は上出来だと思います。
また、コンディションの回復に伴って釣果も上がるでしょうし、2 DaysでYellowfin Tunaが出始めてますので、9月にはYellowfin Tunaが期待できると思います。
今回釣れた方は9月のチャーターにて更なる釣果を、残念だった方はリベンジを果たして下さい
当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved