サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
釣果レポート - Entry for akiyama

2006/08/08
ローカルイエローテール調査

Author: akiyama (9:13 pm)
日時    8-07-06    6:30〜11:30
ボート   City of Redondo
場所    Rocky Point
参加者   Okada + 2Kids , Akiyama
釣果    1バラクーダ  5ボニト 

今回はビギナーの岡田さん+KIDSなので、とにかく一番釣らしてくれるボートを探す使命を背負っていた。
オオゼ狙いかバス又は回遊魚狙いの選択となったが、この一カ月ローカルで一番ホットな狙いはやはりイエローテール。水温の高い年は回遊してくるが、この数年は回遊が見られなかった。この機会を逃がすと今度はいつになるか?
フィッシュカウントを調べても日によって、午前、午後、又はボートによっても釣果が大きく異なる。
正に時の運であるので考えても始まらないと思い決断を下さす。
決断を下したのが遅かった為に、取り合えず予約無しで6時半の出航に間に合うように岡田さんに伝える。
ローカルといえどもベッドに入ったのが深夜過ぎてから、4時に起きるのは辛い。5時半にランディング到着、既に10人以上が乗船手続き済。ボートの良い場所確保に5時前から待ってる功労者である。
昨日はライブベイトが殆ど無くて、冷凍イカとルアーでの釣りだったそうだが本日は生きの良いサーディーンが元気にタンク内を泳いでいた。
乗船者の中には昨日釣れなかった為に、2日連続で来てる者もいた。
サウスベイ・エリアならおそらく自分も同じようにリベンジに来るであろう。やはりバレーからだと弱気になってしまう今日この頃である。
これから先は岡田さんの報告で詳しく述べられていますので参考にしてくだされば、その様子が目に浮かぶ事でしょう。
乗船者の半数以上はイエローテール狙いが初めてのようであった。
その為、一人目2人目とHITするとライン交差の対応がうまくいかずにラインブレイクする人も出てくる。初めは誰もが興奮して慌ててしまう。
私も釣り入門当時は数多くの人にご迷惑をおかけした事やら・・・・。
調査結果としては確かにローカルにイエローテールが入ってきてます。
この日のサイズは5〜6LBクラス平均で、アンカーを降ろしポイントを変えずに、ただひたすら回遊してくるのを待つのみであった。
それがイエローテールの釣果としてはローカルで最高カウントという結果に結びついた。
それも3/4dayボートを含めての事でこのボートの選択は大成功であった。
幸いにも海も穏やかで天気も良く最高の釣り日和。
しかしイエローテール調査でありながら、調査捕獲できなかったことに悔いが残る。何人かのビギナーでも釣れているのに何が悪かったのか?? ただ単に腕が悪かったという答えしか見付らない。
外道ではあるがバラクーダ、ボニトを釣り上げた事によりボーズを回避できたことに感謝をしなければいけない。
その外道でも考えてみれば、私にとって今年の初物であった。
めでたしめでたし・・・・という事にしておきます。
岡田さんこれに懲りずに次回は必ず釣れる魚を狙いましょう。
あれ、第一回釣り大会の時も私が同乗するボートでも結果が出て無かったですね。今回も私の指導が悪いのか?????ごめんなさい。 
  
Read akiyama's weBLog | Comments (5) | Trackback (23) | Reads (1882)
Trackback URL of this entry
http://www.saltgame.net/modules/weblog/weblog-tb.php/171
Printer Friendly Page Send this Blog to a Friend
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
babaa
投稿日時: 2006-8-9 7:46  更新日時: 2006-8-9 7:46
常連メンバー
登録日: 2006-6-12
居住地: 火星
投稿数: 97
 Re: ローカルイエローテール調査
秋山さん
先日はお疲れ様でした。お世話になりましてありがとうございます 。船上での戦いを初めて見て、あまりにも入り乱れて凄まじかったので 、冷静になって今考えてみると、“自分はあんな風に他のアングラー達を押し退けてまで魚を釣ろうとするだろうか? ...いや、無理だな...ってことは、ずっと釣れないじゃん?! ” などと思ってしまいました。私はやはり大人しくLakeとか、夜店の金魚すくいとかの方が向いてるってことかしら? 素人の私の目からだと、先日のボート内のアングラーの釣り暦を読み取るのは難しいけれど、秋山さんが言う様に、半数以上がYLT初めて狙いだったとすれば、釣り慣れたアングラー達の間では、もっと動きもスムーズになるってことですかね?!  
同じ事を考えていたのですが、第一回の釣大会でボートをご一緒させて頂いて、私はボーズで秋山さん自身も芳しくない結果。前回HiroさんとIsho君とで行った海釣りは何匹か釣れて喜んだ ものの、今回また秋山さんと一緒の船ではボーズ、そして秋山さんはまた芳しくない結果... !! ひょっとして、お互いにUnlucky Charm? よしっ!今度は確実路線のローカルへ行きましょう!それでお互いに結果が満足出来なければ、下船の頃には口も利かない相手になっていることでしょう!?
なーんて、オコゼOnlyの船に乗ったりして?!
Tomo
投稿日時: 2006-8-9 12:49  更新日時: 2006-8-9 12:51
長老メンバー
登録日: 2005-11-28
居住地: TN
投稿数: 205
 Re: ローカルイエローテール調査
Akiyamaさん、Obabaさん、お疲れ様でした。残念でしたね。お二人のレポートで当日の状況がよく分かりました。

イエロー、めったにないチャンスだったんですね。知らなかったです。そうと知れば今週末再挑戦です。

一旦釣れだすと戦場と化すと言うのはちょっといやですね。日によって違うんでしょうか。でも、やはり釣りバカ、目の前に魚(特にイエローテール)をぶら下げられれば釣ることしか頭にないんでしょうね。僕も含めて。

同じCity of Redondoに乗ったんですけど、本当によく釣らせてくれていい船だと思います。ただ、5日はピアのスタッフが数人釣り人として乗船していて、船尾に割り込んでこられたのはいやな思いをしました。まあ、Obabaさんは戦場とおっしゃってますが、僕は自分の釣り場所を失わないように、できる限りその場を動かないようにしてました。もちろん誰かが釣れていれば協力はしましたけど。この日は紳士淑女ばっかりだったのか、多少のことはお互い様ということで、みんな楽しく釣っていたようです。

Obabaさん、僕も船釣り初心者です。怖がらないでもう一度、今度はイエロー狙いでない日に乗船してみてはいかがでしょうか。その日はイエローと聞けば目の色が変わる人が多かったかもしれませんが、もうすぐサンドバスがたくさん釣れだすころだと思います。サンドバス釣りはうって変わって和気藹々と言うような雰囲気でしたよ。
isho
投稿日時: 2006-8-9 15:42  更新日時: 2006-8-9 15:42
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-28
居住地: Stanton
投稿数: 729
 Re: ローカルイエローテール調査
サディーンをおもりなしで流す釣りは慣れていないとタングルしますよね。。
僕も初めはよく周りの人に迷惑を掛けていました。

今回のカタリナ釣行でも、スピニングでラインをゆるゆるにしてみんなのラインにタングルしていた人も数名いました…。
akiyama
投稿日時: 2006-8-9 21:03  更新日時: 2006-8-9 21:03
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-21
居住地:
投稿数: 1838
 Re: ローカルイエローテール調査
何事もはじめからうまくいくことは少ないですから。皆同じような経験を重ねて少しづつ慣れていきます。それにしても今期のIshoさんの釣行は毎回結果を更新、恐ろしいほどの急速上昇ですね。
今は全てチャレンジというところでしょうか?
次回の驚きニュースは予想が立たないから楽しみです。
isho
投稿日時: 2006-8-10 15:08  更新日時: 2006-8-10 15:08
SGN さぽーたー
登録日: 2005-11-28
居住地: Stanton
投稿数: 729
 Re: ローカルイエローテール調査
去年の暮れに初めて乗合いでオコゼを釣りに行ってから完全に海釣りにはまりました。
今までは、淡水で1つの魚種しか相手していなかったので、今までに釣った事のない魚にチャレンジするのが楽しいです
色々と作戦を考えたり、アドバイスをもらったり、皆さんのレポートを参考にさせてもらったりして日々釣り道の勉強です。

何より、旬を釣ってみんなで味わうがいいですよね

WSB、リーガルヒラメ、Dorado、バラクーダー、キハダ、アバコとまだ釣ったことのない魚が一杯ありますので、一つずつゲットしていきたいです
当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved