サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 釣果レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10
釣果レポート - Most recent entries

Categories
Main : 



Most recent entries
2005/11/26
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: akiyama (3:00 am)
釣り場:  ハモサビーチ沖合
船名:   SPITFIRE    Redondo Sportfishing
狙い:   オコゼ、根魚 (イエローテールの予定だった)
時間:   6時〜14時
釣り人:  ヒロ、マルモ親子、ケイイチ、コウヘイ、ミズ、アキヤ
釣果:   釣り仲間!、オコゼ&サーモングルーパーリミット、他根魚


開設記念釣行として11月26日の1/2dayが、知らずうちに3/4dayのイエローテール狙いになっていた。私は前日に参加表明をし、夜もまだ明けぬ早朝にLandingに向った。闇の中から釣りキチが次々に現れて合計で7人が集まってきた。ホリデーシーズンの突然のイベントでもあり、果たして何人集まるか不安ではあるもの、予想以上の人気に一安心する。

港の外は少々荒れ模様で、時折防波堤を波しぶきが襲う。外洋のコンディション次第では欠航も考えられるが、6時にようやく乗船開始となった。乗船後は各々がイエロー狙いの為の準備にはいる。釣りキチの中には釣りキチで終わらず、Rodビルダーへ興味の持つ者も少なくない。

昔はロングレンジボートでは多く見かけたが、最近はローカルでもロッドホルダーに個性を活かした自作Rod等が見られる。ボートは予定を少し遅れて30〜35人ほど乗せて出港となった。沿岸から離れカタリナ近くなれば多少は波も静まるかと思っていた。しかしその気配は一向になく、ボートの進路を妨げる。40〜50分程してキャプテンよりスケジュールの変更の案内があった。イエローテール狙いを断念してローカルに戻りオコゼ、ROCKFISH狙いをすると伝えられた。

ボートは進路をハモサビーチ沖合に180度の方向転換をし、ポイントに到着したのは8時近くなっていた。水深80feet、旬のオコゼ狙いならイエローテールと異なり誰もがボーズ回避できるし、すぐにリミット達成できると楽観的に考える。第一投目で山本さんにHit、大型のオコゼの感触を楽しみながら、ランディングされたのはショートサイズの平目であった。ハリバットキラーと言われるだけあって狙いが何であってもHitさせる名人には毎回驚かされる。

早く一匹目がヒットしないかと思うが少々魚信を感じてもなかなか乗ってこない。第1ポイントではボート全体で2〜3のオコゼがあがったに過ぎない。2〜3ポイントを変えてようやくまとまった魚影のポイントに到着。そこには既に1/2dayボートが操業中で、次々に釣り上げられる光景を目の前で見せ付けられる。

3度目の正直というかこのポイントで誰もがオコゼ釣りを楽しむ。しかし禁漁近いこともありショートサイズやスリムなサイズが目立つ。折角釣り上げてもリリースが多く、ボートリミット達成は10時半を過ぎていた。次ぎの狙いは更に沖合の水深150〜200feetでのRock fish狙いとなった。海底は大変に根掛りしやすい地形で多くの人がシンカーを損失、私も2個を失う始末となってしまった。

しかしその代償ではないがショートサイズのLingcod、Salmon grouperが釣れて、自分なりに楽しんでいるようであった。その頃には波で体調を崩していた人も徐々に回復の兆しでデッキに姿を現す。午後1時にかなり早いが納竿のアナウンスが伝えられる。

時間的には少々不満が残るが海のコンディションを考えての判断に違いない。スローな1日ではあったもののオコゼ&Salmon grouperがボートリミットを達成した事で、誰もが理解納得してたことでしょう。帰航は予定より3時間は早く到着。旬を狙った充実したWeb開設記念釣行となった。
2005/11/25

Author: marumo (6:15 am)
釣り場: Torrance Beach
釣り船:
狙い: ヒラメ
日時: 11月25日6:30AM〜8:30AM
釣り人: 丸茂
釣果: ヒラメ X 1

連休二日目、明日の3/4Day釣行の運試しにサーフへやってきた。
最初はマラガコーブの磯を攻めるが全然反応が無いので砂浜へ移動。
ミノーを投げるも流れ藻が絡み付いてミノーが泳いでくれないので、
MegaBaitの1-1/2 OZをセットして遠投してみる。
一つ目と二つ目のライフガード小屋の中間近くでズンとリーリングが
重くなったのですかさず合わせてみるとヒット!
しかし動きが感じられずサメかエイのスレかかりでは?と思ったがあげて
見るとヒラメであった。
サイズは18インチで画像を撮影後海へお帰り願った。

まだまだサーフヒラメはいるようですよ!
皆さんも連休の休日を利用して出撃してみては?
2005/11/24

Author: mizu (12:25 pm)
釣り場:king Harbor
船名: Oceankayak Prowler15
狙い: オコゼ
時間: 11月24日7:30AM-10:45M
釣り人: Mizu,


Thanksgiving partyのサイドディッシュ調達のため鬼退治に出る。
といっても、もしオコゼが釣れれば僕にとってはそれが
メインディッシュになるのは言うまでもない。

7:00AMキングハーバー到着。パーキングブースに人がいない、ということは
今日はタダか!おおラッキー、ん、ということはベイトレシーバーも閉まってるのかな?予想は的中した。活きイカを買えないとなると、スカンピだけがたよりになる。この間のHOOPINGの時、いとも簡単にNETにかかって来たオコゼを思えば、簡単に釣れるだろうと思い、Breakwater外側の岩と砂地の切れ目付近を探る。しかし、何のアタリもない。場所を変えながらさぐるも全く当たりなし。気分転換に内海に移動。サビキで変な魚が数匹釣れた。ウミタナゴみたいな魚だと思ったら、手のひらサイズのパーチだ。
で、そのパーチを餌に仕掛けを落としてみるが、それでも反応なし。
結局、Breakwaterの外と内側を交互に移動しながらも全く釣果なし。
こうなると、サイドディッシュとか何とか言ってられない。BBだけは避けたい。最後のパーチを針付け仕掛けを落とし、Breakwaterの先端から置き竿にしてドリフトを開始。
と同時に睡魔が襲ってきた。完全にウトウト状態
さらにコックリコックリしていると突然クリッカーが鳴り出した!
ドラグを締め、戦闘開始。巻いては糸を出されの繰り返しで中々姿を
現さない。エイやサメではないように願いながら、慎重に巻いていくと大きな平たい魚影。ヒラメだ!ギャフをつかみ、魚を水面に近づける。ギャフを打とうとした瞬間、大暴れしたヒラメはドラグ音をたてながらまた水中に戻っていく。またやり取りを繰り返しながら、再び、水面に姿を現したヒラメの脳天に今度はギャフが貫通。すかさずゲームクリップをえらから通して
無事ランディング成功。 33.5インチ、15lb.2oz. 自己新記録を更新しました。こういうのをトーナメントで釣りたい!

使用タックル
ROD:自作7FTマスキーブランクヒラメ竿12-25lb.
REEL:Shimano Calcutta Conquest 800F
LINE:PowerPro 30lb.+25lb.Nylon&20lb.Seager フロロリーダー
Bait:Live Perch


2005/11/20

Author: mizu (5:20 am)
釣り場:king Harbor
船名: Oceankayak Prowler15
狙い: 伊勢海老
時間: 11月19日4:30AM-10:00PM
釣り人: Mizu,Kenny,Larry
釣果: ショート伊勢海老*1、オコゼ*3

3時半、ルビーの横の駐車場で待ち合わせ。僕にとっては
初めてのHOOPING。HOOPINGとはHOOP NETと呼ばれる
逆円錐型のネットでカヤックからネットでロブスターを
捕るのだが、ダイバーと同様、シーズンが始めるや否や釣りそっちのけで狂っている輩も多い。道具をみて想像しただけでもハードワーク
しかし、一度はやってみたいし、リーガルサイズの伊勢海老が捕れたらさぞかし嬉しいだろうという希望と期待を胸に挑んだ。HOOINGは暗くなってからの作業となるので、湾内といえども一人では危険、今日のメンバーはBaytubersのKENNY、ラリーとその奥さんそして僕の4人。ネットに仕掛けるベイトは色々ある。冷凍庫に眠っていた鯖やボニート、ベイトの残りのイカ、それからキャットフード、サンドバスの頭etc..それをベイトケージに詰め込んで、準備完了。
夕暮れのサンセットを眺めながらのランチング、気分は最高である。サンタアナ風が温かく、海もデッドカーム状態。サンセットを背にタンデムカヤックで沖から帰ってくるカップルも姿も。。。ロマンティックな風景と裏腹に
バシャバシャと漕ぎまわってはネットを落としていく海老フーパー達。

始めてから2〜3時間、取れるのは小さなオコゼと貝ばかり
腕と肩はクタクタ幸いウェーダーを履いてきたが全身ずぶ濡れ状態。
こんなになってもみんなやるのはやはり海老に狂っている証拠だと実感した。しかし、今日はまだ坊主、カニすら捕れない。帰り間際に、浅瀬のロックをヘッドランプで照らすと。。。オッ光る2つの点があちらこちらにある。ベイビーロブスターたちが岩の隙間から出入りしている光景をハッケン!昔、バス釣りをしていた頃、よく『見えバスにはまる』といってサイトフィッシングで全く釣れないスレタバスにハマッてしまい家に帰れなくなる現象があるが、それと似ていて僕も『見え海老』にその後40分ほどはまってしまうのである。 そこでショートだが海老ゲット!嬉しい〜!もって帰りたい〜!あと1cm大きくなって戻ってきておくれといってリリース。


イヤー疲れますね。この作業は。もうやりたくないと思うんだけど、
また行きたい。
海老の力恐るべし
2005/11/12

Author: minami (10:00 pm)
釣り場:カブリロビーチ
船名: Oceankayak Prowler15,Malibukayak X-Factor
狙い: ヒラメ
時間: 11月13日8:00AM-1:00PM
釣り人: Mizu,Kohei
釣果: リーガルヒラメ(24inch)*1,ショートヒラメ*3、サンドバス*2、オコゼ*1

毎月行われるBAYTUBERS.COM主催のトーナメント。このトーナメントは名前からも分かるとおり、3〜4年前は100%フロートチュバーによる集まりだったのだが、徐々にカヤック人口が増え、今ではフロートチューバーの参加は全体の20%にも満たない。それでも、Baytubers.comの名前を保持しつづけ、フロートチューバーを禁止するキングハーバーでは決してトーナメントをしない。そこには創設当時からBaytubers.comを支えてきた古い仲間への配慮が伺える。エントリーは25ドル、そのうちの5ドルがBigfish賞、残りの20ドルがトータルウエィトの一番あるものに贈られる。(参加者が20人ならばBigfish賞が100ドル、トータルウェイトの一番が400ドル)ウェイトインの後は決まってポットラックBBQが行われるが面白いしきたりもある。前回の優勝者が皆のためにCOOKするのだ。勝っても天狗にならずに仲間に喜んで奉仕するという仕組みか?とにかく一人一人の参加者をとても大切に扱ってくれる親切な人々の集まりだと思う。

朝7:20頃、カブリロビーチ到着。今回カヤック初体験のHJさんことKohei氏。カヤックに乗るのも初めてならば、ましてやカヤックから釣りをするのも初めてである。なのにいきなりBaytubersのツワモノ相手にトーナメント参戦とはすごい度胸!
カヤックはトーナメントの管理人である3世ジャパニーズのケニー・サトーからのレンタル。ロッドホルダー*7、ローレンスの魚探、ベイトタンクもついたフル装備 Malibukayak X-Factorだ。8:00一斉ランチング開始。まずライブベイトを買いにベイトバージ目指して出発。いつものようにグランピーサムからベイトを購入。今日は15〜20cmくらいのサデイーンがほとんど。カブリロは風が吹く前が勝負。ハーバー入り口の灯台付近のケルプを目指したい気持ちもあったが、トラベルする時間を節約して釣りに集中した方が良いと思い、ベイトバージの数百メートル南のあたりで釣り開始。潮が止まっているようだ。カヤックがほぼ動かない。100mほど離れた場所で釣りを開始したkohei氏を眺めながら仕掛け投入後いきなりアタリ!それも結構でかい!どんどんラインが出されて全く動かなくなった。ケルプか何かに絡まったようだ。ラインを出したりそうこうしているうちにラインが軽くなったので巻き上げて見ると13インチくらいのサンドバス。

『はあーなんで??』見ると孫針の1本がグニャグニャだった。おそらくメインの獲物は逃げて、サンドバスがスナッグされてきたんだろう。針を外してリリース。あとで気づくのだが、ここで自分はこのトーナメントがキャッチした魚のトータルウェイトで競うというルールを忘れていたのだ。前回参加したのはダービーでその時は一番デカイ魚を釣った人が勝者だったので、自分の中で勘違いしていたのだ。それから30分もたたないうちに次のアタリ、ゴツゴツという前触れも無くラインが走り出すのでソゲのあたりでは無いことは確か!水中から上がってくる姿とファイト振りをみると結構デカイヒラメと思って躊躇無くギャフを打つが、いざ釣って測定してみると24インチ。自分ではまさかこのサイズのヒラメで優勝を争えるとは思ってもいなかったので、活き締めをしてギルを抜くと、内臓も一緒に落ちてしまった。その時ハッと思った。『もし数オンスの差の勝負になったらどうしよう。』しかし、時既に遅し。(-_−;)10時を過ぎた頃、潮が動き出す。遠くでエンジョイしているkohei氏の下へ行くとショートヒラメとサンドバスという報告。それではJetty付近のケルプ地帯にでも行こうとパドルを開始するや風が吹き始めてきた。今まで湖面のように穏やかだった海面も外海のようなうねりは無いものの、荒れてバチャバチャとカヤックのバウに波が打つ。Jetty付近についた頃にはコンディションは更に悪化して常に漕ぎつづけないと釣りにならない状態。そこでオコゼ一匹追加。食べたさあまりのキープだ。1時ウェイトインなので余裕をみて12時過ぎ頃には戻ろうかと最初は思っていたが、向かい風でのパドリングはかなりシンドイ。おまけにお尻がびしょ濡れで腰や尻が風で冷えて痛い。もう止めたいんだけど、このまま帰るのは悔しい。帰りながらも、途中途中、仕掛けを落としてみる。Kohei氏も同じ気持ちだろう。最後まで粘って、12時50分、ランディング。

そこで1時ギリギリ、デカイヒラメを引っさげてKIYO(baytubers.comのwebmasterでケニーの甥)が戻ってきた。釣りあげたのは12時45分!釣り上げた後、急いで戻ってきた様子。その日の最初で最後のバイトで釣った魚だったと言う。結局そのKIYOの25インチ5lb.13oz.のヒラメが優勝。なんと10月に続いて2回連続の優勝。先にカブリロは朝が勝負と書いたが、実は何が起こるかわからないのだ。全体的に厳しい結果だったが自分自身色々勉強になったトーナメントであった。今回初めてながら初めてとは思えない健闘ぶりを見せてくれてたKOHEI氏、今後が楽しみである。しかもちゃっかり、ラッフルでパドルクリップをゲットしたkohei氏!『You don’t even have a kayak yet!』とケニーに突っ込まれて笑いもとっておりました。是非、来年に開催される大きな大会で勝って、もしくはラッフルプライズでカヤックをゲットしてもらいたい。
2005/11/08
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: minami (7:20 am)
釣り場: Long Beach 沖合
船名: City
狙い: Sculpin
時間: 10時
釣り人: アキヤマ
釣果: 納得がいくほど

当初9時出航のオクスナ−ドのボートを予定していたが、不運にも欠航となったので、急遽ローカルのランディングを探す。
Long Beach Marinaの1/2dayが10時出航の為、BESTのスケジュールであった。
バレーからは時間にして双方大差は無いが、Marinaには悪い想い出がある。
出航の10分前に到着し、最後の乗船手続となった。
12〜15人を乗せて進路を西に進めてオイル リグを過ぎたポイントで操業開始となる。
ポイントは水深350feet前後のボトム、鬼狙いのRod&Reelを1本しか持参してなかったので、ラインの残量を気にしながら12OZシンカーを落とし込む。
着底はまだかまだかと心細くなりかけた頃にスプールのラインが緩む。
小さなあたりを感じるがゴツ〜ンと言う感触が無い。
また金魚クラスが掛かってるのかと思いラインを巻き上げる。
水圧の影響で小物でも程ほど重さを感じさせてくれる。
ベビーでも一匹は1匹でボーズを回避できる事に間違いない。
水面に現れたのは思わぬサイズの良型のRockfishであった。
ボート全体でなかなか良いサイズが上がっている。
私にとってこのボートは毎回釣果は良いが、金魚すくい同様のサイズが目立ち笑い話になる程であった。
しかし今回は金魚も少なく、Ling Codを釣り上げる人もいて好成績である。
どのサックも見る見るうちに膨れ上がる。
3〜4箇所のポイント移動はあったものの大きな移動は無く、全体的に評価は高い半日であった。
ロケーション的に乗船者の半数以上がアジア系であるのは理解できるが、釣りと言うよりやはり漁に来てると表現したのが似合う。

2005/10/14

Author: minami (9:00 pm)
釣り場: カブレロビーチ沖
釣り船: Oceankayak Prowler15
狙い: ヒラメ
日時: 10月15日午前
釣り人: Mizu
釣果: ヒラメ 24インチ

2ヶ月ぶりのカヤック釣行。本当はまだ子供が生まれて1ヶ月しかたたないので、釣りに行く予定はなかったのだが、日曜日に会社の社長の知人を招いてのBBQパーティーの食材調達という大義名分を盾に嫁を説得。それと釣り禁期間中に、衝動買いしてしまった新艇Oceankayak Prowler15試乗を兼ねての釣行。魚探がまだ付いてないが、ベイトタンクが完成したのでちゃんと動くかどうかも楽しみである。朝7時過ぎにカブリロ到着。

今日はヒラメ狙いなので、ベイト用のタックルを2本と、スイムベイト用1本の合計3本を用意。ランチング後、ベイトバージのサムを目指してパドリング開始。Prowler15なかなかいい感じ。以前のMalibu Extremeも早いカヤックだったけど、重量のせいでかなりパドリング時に負担を感じたが、このProwlerは軽いだけあって腕や腰にかかる負担も軽い、というか、簡単にスピードがでる。今日も、グランピーサム(笑)からベイトを購入。いつものデカイサディーンはなく、今日はしょぼいアンチョビと小粒のサディーンのミックス。おまけに死骸やケルプのカスが混ざっている。

まず、先日、副隊長ことY名人から譲っていただいた、8FTのベイトシーバスロッド、ダイワ・シ−ホークにABU5500CS PROROCKETと15lb.のドローパーループ仕掛けにサディーンをセットし投下。もう1本の7ft.自作ヒラメロッド+カルコン800Fにもサディーンをつけて仕掛けを落とす。すると、シーホークの竿先が怪しい動きをしている、と思った瞬間!緩めだったチューブ型ロッドホルダーがロッドと共に水面に吸い込まれていく!Oh!my God!間一髪、ロッドをキャッチ!と同時に戦闘開始。綺麗な弧を描いて曲がるシーホーク。自分は曲がりが綺麗な竿が好きなので、いきなり気に入ってしまった。あまりにも曲がるので、結構大物かと思いきや24インチのヒラメ。いきなりリーガルゲットでテンションあがるが、いつもより早く8時過ぎには風が出始める。

風と強いカレントのせいで一時間ほどまったく釣りにならない状況となり、納竿とした。今日は本当にラッキーだった。ちなみに今回購入したOceankayak Prowler15は僕にとって4艇目になりますが、重量、スピード、安定性ともにかなりオススメです。ただ、欠点はかなりウェットライドなところ。フットウェルに溜まった水が流れず、足元はいつもビチャビチャ。おまけにお尻もビチャビチャになりました。それが改善されれば100点満点のフィッシングカヤックなんですけどね。久々に楽しむことが出来て満足でした。帰宅後撮影した変な写真でスミマセン。

« 1 ... 58 59 60 (61)

当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved