サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 釣果レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7
釣果レポート - Most recent entries

Categories
Main : 



Most recent entries
2012/09/24
Category: 釣果レポート : 

Author: ShaQ (6:53 am)
2週間前のマグロ釣りの感動、アドレナリン放出、そして、Hilow、あやちゃんはリベンジの為またまたサンディエゴから出港するオーバーナイト、ロングレンジでマグロ釣りに〜

序盤はHilowが3度目の正直で、いきなりメーター越えのシイラ、そして念願の黒マグロを釣り上げた〜

俺がHilowを数年前に釣りを進めて本日ようやくマグロを初ゲット〜

先々週の釣行ではバイトさえなかった彼、ブービー賞でもらった竿と新調したDaiwa ソルティストの自分のタックルで釣り上げた〜

俺も自分の事と様に超嬉しかった〜

おめでとうっ!Hilow〜〜 

そしてあやちゃんも初のブルーフィンツナを掛け黒マグロとの壮絶なファイト。。。

しかしここはブルーフィンツナの勝ち、カラーまで見えたのですが、惜しくも目の前でラインブレイク。。。

しかしここは負けん気の強い彼女
見事次のストップでイエローフィン、キハダマグロを釣り上げた〜

photo:01



それで余裕をかましてた俺。。。お昼が過ぎるまでノーバイト。。。内心はかなりのスネオ君状態。。。。爆。。。半分諦めていたけど、ラストのストップで本日初のバイトを何とか仕留めてイエローフィン、キハダマグロをゲット〜
photo:02


今回の釣行はみんなが釣れて最高の釣行でした〜
photo:03



帰りは船上で食べられなかったハンバーガーを In n Outで〜
photo:04



家に着いたのは12:00でしたが、ここは体にムチを打ち釣ってきたキハダマグロを捌いちゃいました〜
photo:06


photo:05





iPhoneからの投稿
2012/09/12
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: akiyama (6:22 pm)
日時   9月08日(SGNツナチャーター)
ボート  Endeavor
釣り場  メキシコ海域
釣り人  秋山、 SGNチャーター参加者21名
結果   イエローテール 1、ドラド 1  (リリース)
     参加者の笑顔多数

前回のチャーターで運を使い切ってしまったと思いつつ、内心は1%の運でもまだ残っていれば何が起こるかはお楽しみでした。
しかし現実はそんなに甘くはありません、まぐれの運なんかが連続でおきたら、ボートまでがひっくり返ってしまう。そんなことが起きたら大変だ!
地道に大人しくマグロを狙う事に専念、本人がじたばたしても始まらない。
マグロ様、どうか私の元においでくださいと祈り続ける。
いくら時間が過ぎても私の気持ちは伝わらず、HOOK UPされたのはベビーサイズのイエローテェールとドラドのみ。デッキハンドの助けもなくゴボウ抜きのようにランディング。HOOKをはずして何年後かの再会を約束?して海にお帰りになってもらった。
今回は海老蔵氏が釣魚のより良い鮮度状況を保てるように、出きる限りの魚にに神経〆、血抜きを施してくれました。日本では一般的になってきました釣り人の七つ道具の一つを持参して、慣れた手つきで次々と必殺仕置き人のような顔つきで勝負してました。感謝申し上げます。
ボート全体ではブルーフィン、イエローフィン、イエローテール、ドラドといった種類が釣れ、回遊行のメドレー釣果となり、参加者の笑顔の数が次第に増えていった一日でした。
マグロチャーターなので小さくてもブルーフィンを一匹は釣りたかったけど、またもや嫌われたようでした。
参加者の中には久しぶりに再会する人もいて、雑談できる時間が有り楽しい時
を過ごすことができました。

2012/09/12
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: ShaQ (6:55 am)
8月25日、第18回SGNマグロチャーター2週間前に練習?。。。マグロが釣りたくて、会社のI氏とSeaforth SportfishingからのOvernightでLegendにのってきましたっ〜〜

その日のフィッシュカウントですっ

08-25-2012 Overnight 32名  

60 California Yellowtail,
56 Dorado,
7 Bluefin Tuna

この日の前日のLegendのフィッシュカウントは確か、36名中、

Yellowtail3, Dorado3...とかでした。。。

超不安なフィッシュカウントでしたが、僕らの行った日はあたり日、といっても最後の最後とストップで20分くらいのオープンワイドがあったからフィッシュカウントが稼げたんだと思いますっ〜〜

僕もその時はマグロは釣れませんでしたが、見事に3本のイエローテールとドラッドを釣り上げることができましたっ〜〜〜

2012/09/09
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: ShaQ (1:22 pm)
今シーズン2回目のロングレインジ-オーバーナイトフィッシング〜〜

出航は金曜日の夜からSan Diego SeaForce Landing から

今回は念願のBluefin Tuna 黒マグロを釣ることが出来ましたっ〜〜

やっぱマグロの引きは違うねっ〜〜

超アドレナリでまくりで10分くらいファイトしたかなっ〜

感無量でーーすっ!!

SGNスタッフ秋山さん特性のカレーも旨かったですっ〜

ありがとうございましたっ〜

そして、今回のスポンサーのみなさま、またまたラッフルで景品いただきましたっ〜〜

毎回、本当にありがとうございますっ〜

2012/08/07
Category: 釣果レポート : 

Author: LAXNRT (6:29 pm)
7月27−28日のチャーターに参加させていただきましたKaz渡辺です。
3年前のチャーターに野口さんと一緒に参加させていただいてから、病み付きになり毎年マグロチャーターに参加させていただいています。

今年も野口さんと一緒にと思っていたところ、3月末に野口さんに帰任の連絡があり、私の釣りのメンターが日本へ帰国してしまい、さらにバス釣りでいろいろお世話になっているひろさんも今回は参加されないという心細さ。でも、ひろさん直前アドバイスありがとうございました。
船に乗ってからは秋山さん、山本さん、富田さん、塚本さん、古川さん初めいろいろな方といろいろお話をさせていただき、イエローテールも1本あげることができとても楽しい釣行でした。今後ともよろしくお願いします。



2012/08/01
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: akiyama (5:53 pm)
日時:  7/28/12   (第17回SGNマグロ釣りチャーター)
場所:  サンディェゴ沖合い 70マイルのメキシコ海域
狙い:  マグロ
釣果:  イエローテール 2
釣り人: アキヤマ、 SGNチャーター参加の皆様 19名

チャーターを2週間後にしてリールのメンテナンスを指摘され、急遽リールの一つが入院となる。その出費が大きな運を呼ぶとは考えることは当然無かったことです。
さて、昨年は2回もボーズ修行をさせてもらったので、今年は少しでも成長がなければと自分自身に言い聞かせてのSGNチャーター参加であった。
海はうねりがあり、厳しいかもしれないが限られたチャンスを一つ一つ大切にして、時を待つのみであった。
マグロの魚影があっても反応をほとんど示さない様子で、ボートはケルプを探しながら移動しつづける。
小さなケルプを見つけてボートが近づく。参加者の士気が高まる。
キャスティングしたところはケルプを越えてのことであった。ケルプが潮で少しづつ流されてるので、ベイトがケルプの中に入ってしまわないことを願う。ラインがケルプに絡んだのか?ラインが少しづつ引かれていく。無理にラインを巻くより、ベイトがケルプから離れてくれることを願って、しばらくはフリースプール(退院してきたリール)で様子を見ることにする。ベイトが急に泳ぎだしたか?重い引きは無いがケルプからは少しラインが離れていくのではないか。しかしイエローテールの豪快な引きは無く、周囲りからはシャークじゃないの?ケルプだよ。とか色々なことを言われるが、自分自身もその正体は予想が付かない。しなっていたRODのしなりが無くなってバラシかと思い、ラインを巻き込むと未確認物体がかかっている。ケルプからある程度離れたら本格的にラインが海中に引き込まれていく。何度も何度も繰り返すがなかなか寄せることができない。
年齢とともに体力の低下を示すイエロー信号が点滅してるのかな?
周囲からそのような声が聞こえてくるが、自分のペースを乱すことなく、慎重にファィトを続ける。ロッドを握る左手は次第に疲れを感じ始めるが、休むわけにはいかない。どんなことがあってもこの正体を見たい。サメでも何でも良いから早く浮上してくれ・・・・・と叫びたい心境。
みんなが見守る中、やっとその姿が海面に現れる。
ギャフが打たれて無事にランディング。自己記録の43Lbのイエローテール。
今までに無い泳ぎ方を学習したかのようなイエローテールであった。今回は朝一番でボーズから開放されホットすることに成功。精神的に大変楽になった。一人の為にお時間をおかけしてすみませんでした。またファィト中に複数の人のラインをタングルに巻き込んでしまいごめんなさい。その後もう一匹イエローテールを追加して釣果を2とした。
スポットによっては複数のRODがしなった事もありましたが、ショート バイトが目立ち、ボート全体のカウントは伸びずにオーバーナイトは終了となりました。
自己記録のイエローテールを釣り上げる事ができたのも、単に運が良かっただけでなく、参加者の皆様のご協力があってのことであります。本当に皆様ありがとうございました。
自己の釣果としては嬉しいことですが、本命のマグロのリベンジができなかった事や、参加者全員が結果を残せれなかったので、素直に喜ぶに至らなかった一日でした。
次回には全員が結果を残してお互いに喜び合えるように願うのみです。




2012/07/17
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (10:02 pm)
日時: 7/16/2012
場所: レドンド沖
狙い: バラクーダ・キャリコバス・ロックフィッシュ
釣果: バラクーダ 0 キャリコバス10 リング1 パーチ1
釣人: Sandy 剣道仲間 5人

月曜日にレドンドスポーツフィッシングより、トラディション3/4dayに乗り込み釣行に行ってきました。
前日のフィッシュリポートでバラクーダがリミットとの結果が出ていたので、バラクーダ用のルアーを用意していきました
早速、サンタモニカ沖で鳥山を発見して、バラクーダを連発でゲット!しかし、僕は0・・・すべてバレれしまい残念  
10頃から場所を移動して、根魚狙い250FTの深場で、やっと釣れたのが、リングとサーモン2匹とちょろちょろです。ベイトはイカとイワシがあり、イワシにかかる傾向でした。
更に、午後はPVのライトハウス裏あたりで、ケルプに居るキャリコ狙いに変わり、ルアーフィッシングに変更!僕の得意分野であるので、1時間で10匹以上釣ることが出来ました


2012/07/09
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: angelkun11 (8:34 am)
7月7日(土)
どうもどうも、初レポートでございます。
たえこさんのだんな様ブライアンの船でたえこさん、ブライアン、ブライアンの弟分(?)と4人でリングに行ってまいりました。
マリナデルレイから朝5時半ごろ出港。45マイルでぶっ飛ばして釣り場まで。まず餌を釣り、本命リング。同行のB氏がさっそく30インチ近くありそうなリングをゲット。続いて、糸をたらして昼寝こくたえちゃんを尻目に25インチのリングをゲットいたしました。帰りがけに試しにカニ網を仕掛けてみたら、7,8匹かかり、これは新発見。昼でも蟹って釣れるのね〜。さらには気持ち悪ぅぅい巨大ヒトデも網にかかっていいネタができ、大満足の七夕さんでございました♪
あや




2012/06/18
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (8:49 am)
日時: 6/9/2012
場所: Bolsa Chica
狙い: ヒラメ
釣果: 魚  1匹
釣人: 剣豪Sandy 友人2人

やっとやっと、初のリーガルヒラメ(22インチ)を釣ることができました。場所は、ボルサチカの堤防先端です。丁度、この日の釣行時間帯は干潮という事で、あまり期待できないと思いきや、一緒に釣行に出かけた仲間にも1匹ずつ当たりがありました。私の場合は、1投目のキャストで底の感覚を意識しながら、(小魚が海底のプランクトンを捕食するイメージ)中速でリトリーブ。足元付近にルアーがきたために早巻きで岸際に寄せてきた際に、突然ヒラメが飛び出してきたのを確認。すぐさま、反応があった付近のやや奥に先ほどキャストしていたステイシー90をキャストし、今度はゆっくりリトリーブした瞬間、先ほど同じポイントでルアーを追いかけてきて、スットーンっと!バイト!! 20弱と予想しながら慎重にルアーを引き寄せ岸に寄せるとなんと結構サイズの良い型のヒラメ。今回は同行者もいたお陰で、確実にゲットでき今年初のヒラメは、初のリーガルヒラメになりました。

いやぁ〜リーガルのヒラメを釣るのに2年かかりました。今度の目標は、25インチオーバーです!!


2011/12/31
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Taeko (8:50 pm)
日時: 2011年12月17日(Sat)
場所: Marina Del Ray
狙い: Rock fish
釣り人: Akiyamaさん、お友達2人、 Taeko
釣果: Reds, Sculpin

今年最後の釣り納めに、お友達二人とAkiyamaさんと根魚釣りに行ってきました。



船の移動中、Akiyamaさんが初心者の私達に分かりやすく糸の結び方などを教えてくださいました。


釣れた〜!大きなRedsが釣れた〜!!


こんな魚も釣れちゃいました


やった〜、3人ともボウズじゃなかった〜



Akiyamaさんのドーネーションがあったので、3人ともお土産がたくさんありました



今日の収獲!


何年かぶりのSculpin,今日のお目当てはこれでした。

釣り納めがこんなに釣れて最高!
最近、ボウズ続きだった私は、釣り納めが大漁で大満足でした。

Akiyamaさん、何から何まで本当にお世話になりました。
お陰様でお友達も私もとっても楽しい一日を過ごす事が出来ました。
本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
2011/12/10
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: ShaQ (4:05 pm)
お久しぶりですっ〜w

Yelpのグルーポンみたいなので、Marina Del Rayの1/2Dayのが23ドルで売っていたので。。。とりあえずマックスの6枚をゲットしたってことで。。。(通常39ドル)


花金パーティーで二日酔いヘロへロの体を無理やり起こしていつもの乗合船に乗ってきました〜


出だしのカサゴも入れ食い状態

  











速攻リミット達成

そしてついにこの魚をキャッチ〜




















初のリーガルLingCod〜
しかも32インチ(81cm)

そして初のこの船でのJackpodも頂きました〜





今日はジャイアントなサーモングルーパーも釣れ念願のリングも釣れ最高なフィッシュイングDayでした〜























釣った魚はこんな感じで食しました。。。

新発見 カサゴの食べるラー油和え マジ美味いですっ。。。w
お試しあれっw





































2011/10/31

Author: Sandy (4:13 pm)
日時: 10/24/2011 (木)
場所: Bolsa Chica
狙い: ヒラメ
釣果: 魚  1匹
釣人: 剣豪Sandy

久しぶりの釣行になります。カルフォルニアステイトパーキングパスを年間購入したので、これからは、ステイトビーチ沿いに釣行計画を検討中・・嫁さんには内緒ですが・・苦笑

初めてのボルサチカ、釣行前日に韓国人の友人がなんと26インチの特大ヒラメを釣り上げたので、初リーガルヒラメを狙うべく早朝から釣行スタート。
なんとから、1匹魚を釣り上げることにができましたが、う〜〜ん????
なんていう魚かわかりません?知識不足です。
どなたか、ご存知でおりましたら教えていただけますと幸いです。

かなり強い引きで、竿が折れました
ルアーはディープダイバーモデル
カラーはMSアンチョビ











前日に友人が釣り上げたヒラメです

2011/10/09
Category: 釣果レポート : 

Author: ebizo (7:00 am)
10月8日 朝、娘を日本語補習校に送り9時にキングハーバー到着。
一昨日の大荒れの影響で波の残る中、単独火薬にて出撃した。
晴天・無風

午後から始まるエビ祭りの準備の為、短時間の釣行なので集中して実績のあったポイント(極秘の花園)を攻める事にする。

潮が動いていないせいか、キープもなく時間だけが過ぎていく。
<左門、ちびレッドをリリース>
今日はダメかなと消極的になった途端、前アタリもなく目の覚めるようなドカ〜ンという締め込みで戦闘開始となった。
間違いなく大物である。

ドラグは出まくり、よりによって細い方のタックルにバイトがあり、サオはバットから曲がっている。
当然竿先は海に突き刺さっている。
体感15分(実際5分)以上のやり取りの末、上がってきたのは自己新記録のバーミリオンロックフィッシュであった。

24インチ
8.9パウンド

ebidiver.comの新年恒例のエビ祭りに奉納し、刺身、カルパッチョ、清蒸しにて食す。

使用タックル
Shimano TESCATA TSC63M, Shimano CALCUTTA 400B, Gosen PE-1, Seaguar 15lbs, Jig Sevenslide 60g
Shimano TESCATA TSC630MH, Shimano CALCUTTA 400B, Gosen PE-1, Seaguar 15lbs, Jig Sevenslide改 4oz 
2011/09/25
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: akiyama (7:11 pm)
日時    9-10-11
ボート   ENDEAVOR
狙い    鮪
乗船者   アキヤマ  
結果    振り替え休校の為・・・。

8月のチャーターで本鮪のボートリミットの速報が広がり、9月も期待が高まっていた。例年ブルーフィンの回遊するのは短期間だが、今年は他の回遊魚も全域で更に遅れていたので、其の分ブルーフィンの当たり年と勝手に思い込む。SGNチャーター参加者21名を乗せたボートは昨日と同じ海域に到着。早朝、完全に目が覚めない中デッキに出てみれば、あれ?エンセナダの町灯りが燦燦と見えてる。しかし良く見るとそれぞれの明かりがゆらゆら動いてるのではないか。鮪の生簀周囲に集結してきたライバルボートで埋め尽くされていた。この驚異的な競争率の高い中で、いち早く群れを見つけるの事ができるかで、釣果に大きく左右される。戦に先駆けてまずは腹ごしらえ。洋上での食べ物は何でも美味しく感じる。インスタントの味噌汁でも海苔、目玉焼き、ソーセージ、白米が揃うと不思議なほどに満足感を得られる。夜も開けて今回の目的の釣りが開始となった。昨日は渋い一日のようだったが粘って釣果を確実にあげていた。キャプテンは今日も同様にあまり移動をせずに粘る作戦のようだった。しかし他のボートでも釣れている気配がなさそうだったので、後半は作戦を変更して生簀周囲から離れる。必死になって群れを探し続ける。トロールでもケルプでも何か反応があればチャンス到来。貴重な一時を待つのみであった。時折ソーナーに魚影としてスクールが映るが反応なし。再び参加者と談話の続きとなりのんびりと過ごしていると、遂に納竿の時間となってしまった。Labor Dayに賑わった海域では、本日は鮪の学校は振り替え休校のようでした。
2011/08/31
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (1:00 pm)
日時: 8/25/2011 (日)
場所: Long Beach Jetty
狙い: ヒラメ
釣り人: Sandy
釣果: Hirame X5

久しぶりの釣果レポートです。
釣行場はロングビーチ!気合十分に日の出と同時釣行をスタート。
ハードルアーでの釣果のみに拘っているため、今回はエースルアーのFM110チェンジすることにした
ビーチサイドから駆け上がりをバイトチャンスと考え意識し、リトリーブスピードをアクションを入れながら行ったが、ノーバイト
場所をジェティーへの変更し、なるべくケルプの少ないジェティーの所で再開、DD系ルアーに変更。ロングキャストからボトムの地形変化を感じながら、ゆっくりとリトリーブすると!!グ〜イット!!バイトを頂きました!!
久しぶりのヒラメです。サイズは小さいが久しぶり過ぎて、思わずガッツポーズです













さらに、ルアーを変更しPT100DDでも、バイトを頂きました。









ルアーFM120DDに変更し、再びバイトを頂きました。
本日4・5匹目平目を立て続けに釣り上げ、頭で考えイメージした釣りができました







早くリーガルサイズを釣りたいものですね!!
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:47 am)
日時: 7月31日(日)
場所: Outer Banks(115〜130 Mile Range)
船: Outer Limits
狙い: Bluefin Tuna、Yellowfin Tuna、Yellowtail、Dorado
釣り人: Asahi Fishing Clubのメンバー22名
釣果: Yellowtail x 2

去年の3月以降に良くつるむ様になったD氏、Y氏、T氏、S氏、皆さんAsahi Fishing ClubというSGNとは別の釣りクラブのメンバーである。
Asahi Fishing Club(以下、AFC)も夏にチャーターをやっているが、去年は4 Daysなどとスケジュールがバッティングしていたため不参加に終わった。
今年は4 Daysとも1週ずれとSGNのチャーターと1週ずれと、上手い具合にずれている
しかも、D氏は帰任を直前に控えており、数ヶ月前にD氏から電話があり「ひろさん、チャータースケジュールが決まったからひろさんの予約も入れておいたよ・・・」と、強制(?)参加 ^_^;
4 Daysから戻った翌週とちょっとタフなスケジュールではあったが、顔馴染みも多いグループなので楽しみにしていた
が、コンディションがどうも・・・

土曜日の夕方、タフコン覚悟でタックルを車に積み込み、Yoidore氏と友人のN氏と3人でSan Diegoへと向かう。
現地に着くと船の戻りが大幅に遅れているが、チャーマスのN氏が宴会の準備までして下さってて、宴会をしながら船の戻りを待った
船が戻り、荷物を積み込み、Dockを離れる。
今回は1.5 Daysのため、今年の定番スポットへと向かう事となった。

前回の4 Daysの最終日の午前中を思い起こさせるパターンで、喰ってくるのはKelp Paddyに付いてるYellowtail。
Outer Limitsは初めて乗ったせいか、パターンが読めない事もしばしば・・・
ボートがKelpに寄せたと言うので、定番通りベイトを着けて風上へ行くが、肝心要のKelp Paddyが見付からない・・・
Deck Handがチャムを投げ始めるのが見えたため、取り敢えずは風上へベイトを投入。
どうも、食い始めるのに時間が掛かるらしく、私のロッドを含め3本のロッドがしなる
ちょうどその頃、Sternの横からKelpが見えてきた・・・
そう、風向きが逆だったのである・・・
そのため、YellowtailがKelpへ逃げるというよりも、Yellowtailとの間にKelpが流れて来た格好となった・・・
当然、Kelpへ逃げられて朝一から痛恨のブレーク
同時に掛けたお二人も、残念ながらブレーク。

Kelp Paddyに着いてるYellowtail、ベイトで誘っても暫く喰ってこない事が多い。
それでもKelp Paddyを見付けてはベイトを投入し続けて、昼頃にはそこそこの型のYellowtailをGET
夕方近くになり、良いサイズのKelpがあり、バイトもあり、Kelpへ逃げ帰るYellowtailであったがなんとかKelpの手前で止める事に成功!
一応、慎重に浮かせてLandingしたが、この時点で「あと1時間ちょっとあるからもう1本狙えるかな・・・」と思っていたが、意外にもこのスポットで納竿となった。



というのも、目下11連敗のA氏、私が2本目をLandingしたその瞬間、バイトがあったのである。
周りで「マグロか?Yellowtailか??」と期待をしていると、なんと、魚が思いっ切り水面から飛び跳ねているではないか。
そう、この土壇場で、11連敗中のA氏はStriped Marlinを掛けたのである。
30lbのタックルからラインはギリギリと音を立て、ドラグも唸る。
そのファイトは1時間半近くにも及び、A氏の連敗記録は遂に11で止まる・・・・と期待されたが、最終的に12連敗となった・・・^_^;

【今回のタックル】

Daiwa Saltiga 20 + Shimano Teramar 80M + Izorline Spectra/Izorline Mono 15lb/Seaguar Fluorocarbon 15lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + Shimano Calcutta 80M + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 20 + CalStar 6460XH + Izorline Spectra 60lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jigging + Izorline Mono 40lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
Shimano Stella 20000 + ufm Ulua 962EH + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:39 am)
日時: 7月23日(土)
場所: Outer Banks(130 Mile Range)
船: Vagabond
狙い: Bluefin Tuna
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Bluefin Tuna x 3、Yellowtail x 1、Dorado x 1

夜中にSan Martin IslandでのCalico釣りを楽しんだ後、再度床に付き、朝には130 Mileレンジに戻っていた。
前日まで釣ってたエリアよりも少し南側にいたせいか、朝の内はKelpにある程度魚がついている。
ここでYellowtailとDoradoをGET
少しずつ北に向かっているらしく、昼前以降はKelp Paddyを見付けてもお留守ばかり。
その代わりと言わんばかりにマグロの群れに当たる頻度が増えている。
周りでは40lbくらいのBluefinも上がったが、残念ながら私には小さ目のが3匹喰って来たにとどまった。



【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 12 + CalStar GF700M + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb
Shimano Tiagra 50 + CalStar BT6460XH + Izorline Mono 80lb
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:34 am)
日時: 7月22日(金)
場所: San Martin Island
船: Vagabond
狙い: White Seabass
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Calico Bass x 5(キープ分)、Spider Crab x 1(リリース)

夜も更けてからSan Martin Islandに着き、MikeやGordonがイカを大量に調達する事が出来、そのまま島周りにKelpが深く生えてるエリアにSternを向けてアンカーを打った。
White Seabassを狙ってJigにイカを付けて落とすが、ちっとも食わない
周りでCalicoが釣れ始めたため、タックルを換えて思わずCalicoを狙ってしまう
すると、これがまた結構楽しい
良い型が結構釣れるため、明らかに一目で15インチを超えてるの以外は全てリリース。
図に乗ってるとしこたま重いのが掛かり、上げてみるとSpider Crab・・・



4匹キープしたところで「ガツン!」とかなり強い当たりがあった
「え、25lbラインなのにCalicoでドラグが出るか??」と思いつつ巻き続けると、やはりYellowtailの引きではない
水面に浮いた瞬間、あまりにも顔がデカく、一瞬小型のGrouperかと思ってしまうほどのCalico(15lb)が出てきた




【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jiggin + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb

Calico 26” + 20”
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:31 am)
日時: 7月22日(金)
場所: Outer Banks(130 Mile Range)
船: Vagabond
狙い: Bluefin Tuna
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Bluefin Tuna x 1

翌日、再度Bluefinを探して130 Mileレンジを彷徨う。
前日よりもコンディションは落ちて、全体的に活気も薄れてしまう。
Kelp Paddyを見付けてはベイトを投入し、群れを見付けてはベイトで誘うがなかなか喰って来ない。
この日は前日と同じくらいのBluefinをなんとか1匹釣る程度で終えた。
ボートはそのまま移動して、San Martin Islandへ移動して、夜中にYellowtailを狙う事となった。



【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 50 + CalStar BT6460XH + Izorline Mono 80lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jigging + Izorline Mono 40lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
Shimano Stella 20000 + UFM Ulua 962EH + PowerPro 80lb/Varivas Shock Leader
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:28 am)
日時: 7月21日(木)
場所: Outer Banks(130 Mile Range)
船: Vagabond
狙い: Bluefin Tuna
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Bluefin Tuna x 3

多くの釣り仲間と「今年もマグロの北上が遅いねえ・・・」という会話が何度出たことか。
また、「今年はBFT(Bluefin Tuna)が多く回遊してきてるものの、なかなか喰わない・・・」という会話に変わった
そして、例年との一番の違いはちっともALB(Albacore)が姿を現さない

そんな中、今年一番のイベントである4 Days Tripの出航を7/20(水)に控え、問題が続出!
前の週、仕事で担当している一番大きなユーザーからRFP(入札)が出されたのである
しかも、客との打ち合わせが出発当日・・・
その上、船側からは「人数が大幅に不足してるためにキャンセルになるかも・・・」との連絡もある
この話を事前にしたD氏やT氏は「ああ、ライン交換をする気が失せるなあ・・・」などと非常に落胆的なコメントもあり。
僕自身も二重苦のまま準備だけは進めていった。

出航前の週末になり、船長からキャンセルの連絡がない。
となると、Tripとしては出る確率が高い・・・が、僕がキャンセルになると一体どうなるのかな・・・^_^;
出航2日前の夜中の11時、NYの直属上司からメールが届き、ようやく休暇の承認が出た!
この話を事前にほのめかしていた同僚のエンジニア(RFPも一緒に担当)に、早速翌日(出航前日)に休暇が決まった話をしたら「ええ、マジで?!」と、かなり不機嫌な様子・・・
それでも仕事をNYの上司に押し付け、翌朝はD氏と共にSDへと向かった。

Landingに到着すると、結構Parkingが空いている。
やはり、不景気の上にコンディションも悪いのがこういうところにも如実に現れている。
今日出航のLong Range TripもVagabondのみの模様。
しかも、通常であればVagabond一艘でも荷物を積んだドーリーが10台を超えるくらいになるが、今日はまだ4〜5台。
どちらかと言えば我々は遅めの到着なのに・・・
そう、25〜26人で募集なのに、今回はなんと13人!
超ウルトラ・スーパー・リミテッドとなっていた。
恐らく、赤字垂れ流しの出血大サービス釣行だと思われる。
Landingで定番のFish Tacoを食べてから、出港準備の出来たボートに荷物を積み始める。

燃料を入れてから、いつも通り餌を満タンに買い込み、一路ポイントへと向かう。
明日の朝には130 Mileレンジに到着したい我々は、今日は一切釣りをせずにひたすら魚場へ向かう事になった



翌朝、皆の期待を裏切って釣りを始める頃には起きてしまった
同行している面子からは「珍しくひろさんが起きてたから、今日は爆釣か?」という雰囲気も感じられる
が、今年のマグロはそう甘くない・・・
朝からなかなか喰って来ない。
昼頃になって前回のトリップで食いが立ったレンジに入るとバイトも出てきて、私のロッドも無事にしなりを見せてくれるようになった。
期待していた良い型のBluefinは食いが立たずに終わったが、小さ目のを3匹釣った時点で陽が落ちた。



【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 50 + CalStar 6460XH + Izorline Spectra 80lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jigging + Izorline Mono 40lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
Shimano Stella 20000 + ufm Ulua 962EH + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader

« 1 (2) 3 4 5 ... 61 »

当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved