サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 釣果レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5
釣果レポート - Most recent entries

Categories


Most recent entries
2016/12/05
Category: 釣果レポート : 

Author: akiyama (5:49 pm)
フィッシングの話になると時間を忘れてしまいがちな人達が、ガーディナのレストランに集まってきました。12月3日(土)は南カルフォルニアを拠点にして、活動する5団体によるクリスマスパーティー。生活圏が異なる為になかなか日頃は交流が限られているので、今回は再会を楽しみにしてるた人も少なくありません。各団体の特徴は異なりますが会場内は釣り談話が切れる事無く飛び交う。中華料理を味わった後はお楽しみの抽選会、オークション。今回も盛りたくさんの豪華景品やオークションの品々が用意されていましたご。ご出席されてる方々はご夫婦、ご家族(子供同伴)も目立ち、幅広い世代で会場が埋め尽くされて、まるで大家族のような和やかな雰囲気のなかで、あっと言う間に3時間が過ぎてしまいました。



今回協賛して下さった企業、及び個人の方々には感謝申し上げます。               (敬称略、順不同)

Daiwa社様 、 Gear-Lab社様、 Ace Fishing Tackle社様、         Island Fishing Tackle社様、 Tady Lures社様、 Otafuku Food社様、  Takaokaya USA社様、 Nippon Kodo社様、
Ouchi様、  Isutani様


イメージは下記リンクより閲覧できます。
https://goo.gl/photos/CkCnZu6eNv3ghkbh6

https://photos.google.com/share/AF1QipMwj8013aajCOx1rkS0TBFvo32nLmfcZdBu3MxuiebCS2xrm2jvH9gUxc2nAItGSQ?key=R1QtX2xCQ0QtcEN2S3RHMFlBZE95cEtVclRvaEJ3[img align=left]http://www.saltgame.net/uploads/weblog_imagephotos/5695.jpg[/img][img
2016/10/15
Category: 釣果レポート : 

Author: akiyama (3:56 pm)
Lear-Lab USA社にて懇親会がおこなわれました。今回は日本からGear-Lab社の社長の福山氏、日本ソルトゲームのルアーフィッシングのパイオニア、チャーマスこと北村秀行氏を囲んでの楽しい時間となりまた。北村氏には『黒鮪の回遊と水温の関係について』のお話しをしていただきました。その他にも多く学べるお話しをしていただき、大変充実した一時を過ごす事が出来ました。
これで次回の鮪狙いは確実に結果を残すことが出来ることでしょう。
この場をお借りしてあらためて『感謝申し上げます。』
2016/10/10
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (2:25 pm)
日時: 10月8日(土)
場所: カタリナ島沖 40マイル
狙い: イエローフィンツナ
釣り人: Sandy
釣果: イエローフィンツナ、イエローテール、ボニート

Salt Gameの皆さん5年ぶりの投稿になります。ご無沙汰しています。
9月上旬から始め、6度目のマグロ釣りチャレンジ❗️今日で最後と決め、やっとイエローフィンツナが、ワンダージグ60g(MS Anchovy) のボイル打ちでサイズは小さいですがやっと念願釣れました。 初イエローマグロは2010年のSalt Gameの皆さんと一緒に行かせていただいて時以来です。
おまけに、小型イエローテール2匹と良型のボニート1匹❗️
何事も諦めず、ハードルアー(ジグ)を信じて投げ続ければいい結果が出ました。

そしてこの釣行はきっちりビデオカメラ.GoProで録画しておりますので、近日中にLucky Craft USAのYouTube チャンネルで配信しますので、乞うご期待下さい。

Lures : Lucky Craft Wander JIG 60G , SV, Flash Minnow 120DD
Rod : Daiwa Proteus PTIN80MHFB
Reel : Daiwa Lexa300HD
Line : Daiwa J-Bride 40LB , 20LB Leader
Sunglasses: TIEMCO Sight Master

Special Thanks to Daiwa Corporation - USA
2016/09/23
Category: 釣果レポート : 

Author: marumo (5:14 pm)
日時: 8月7日(日)
場所: king harbor 内海
狙い: ボニート、イエローテール
釣り人: marumo親子
釣果: イエローテール 

salt gameの皆さん8年ぶり?ご無沙汰しています。
近年写真撮影に傾倒していましたが、海釣りも細々と続けておりました。

今年は半年過ぎてからやっとフィッシングライセンスを購入するというスローな釣行デビューでした。

8月は暑い日が続きサウスベイ近海でも半日船でイエローテールが釣れるという状況と、レドンドピアからもイエローテールが釣れるという話を聞いてキングハーバーへ行ってみた。
ボニートが釣れれば良しと思って満潮に向けて内海ホテル前でルアーを投げるもアタリも何もない状況。
あきらめてパーキングに戻る途中にカヤックなどが発着するポンツーン近くのロックで何度かルアーを投げるも、向かい風で飛距離が出ない中、ルアーの着水から二巻きくらいリーリングするといきなりガツンとヒット!
横に走らず下にもぐるのでサバとは違う感触。ボニートかと思いきやなんとイエローテールでした。
キングハーバーには10年以上前から通っていますが、ショアからイエロー釣れたのは初めてでした。

女子サッカーワールドカップや日米男女バレーボール、著名人の撮影など写真撮影に携わって某月刊フリーマガジンの連載などもありましたが10月で一区切りがつきますので、また釣りの世界を楽しめたらと思います。



Rod:Nanker テンロク (Rainshadow IST1265F)
Reel:Daiwa Certate HYPER CUSTOM + Studio Oceanmark Custom Spool 3500
Line:FireLine 20LB Yellow 
Leader:30LB Varivas Shock Leader
Lure:Lucky Craft Slender Pointer 127MR
2016/09/16
Category: 釣果レポート : 

Author: akiyama (6:25 pm)
日時   9月9日~9月10日(オーバーナイト)
ボート  エンデバー
釣り場  ボーダーのメキシコ海域 SDより30~40マイル
釣果   ボート全体 イェローフィンツナ 6尾
     本人 釣果  実力で  0尾
        鳥果  運よく  0羽

今年のツナシーズンは例年に無くツナの回遊が近海まで接近している為に、運良ければ日によっては3/4dayのレンジでも良い結果を残していました。
更に大きな話題は1~2daysレンジでも、100Lbを越すブルーフィンが報告されていることでした。大半は50LBオーバーのサイズで魅力的なシーズンとなっていた。
但し、日によっては天候、潮、ポイント、キャプテンの判断等で釣果に開きが見られた。
前日のトリップでは一人当たり5尾のイエローフィン、主にイエロー狙いに専念した様子。その中に大型のブルーでも混ざっていたら更に盛り上がったに違いない。
SGNのチャーターは大型のブルー狙いを楽しみにしていた。
参加者の頭の中はブルー狙い一色であったに違いないが、キャプテンの決断は既に決まっていて、前日と同じポイント(イエローフィン)の安全策。
早朝目覚めると周囲には30を越す船舶で囲まれていた。これだけ集結するとキャプテンの判断は正しかったと思う。夜が明けて2~3時間過ぎてもマグロのマの字の気配も無い。昨日も朝はスローであったが、昼ごろから釣り始めたそうだ。ただ気長に時を待つのみでその時に備えて、リラックス・リラックスと言い聞かせる。
いつものエンデバーなら同じポイントで反応が無ければ、別のポイントを探しに移動開始となるが、今回は殆ど移動無く同じエリアに陣を構える。時折ボイルが見られるが反応が渋い、スクールが接近しても本当に小さな群れで1尾ヒットしたら良い程であった。貴重なチャンスであるけど、せっかくフィッシュ ONとなっても途中でOFFになったり、ライン切れをおこす結末の人もいる。誠に残念な事と思うが、自分にはうんともすんとも感じない時間が延々と続く。長い一日を覚悟してクルージングモードに入り、ギャレーでゆっくりくつろぎながら時間を過ごす。『ボイル・ボイル・・・・』の大声に目が覚めると、ボートの脇でボイルしてるではないか。絶好のチャンスだ、これを逃がすまいと大急ぎでデッキに出て戦闘開始。しかしこの状況下でもボート全体で1尾程しかランディングできてない。これがオーバー100LBのブルーフィンで1~2尾でもあれば、大興奮に包まれてるのに。ブルーでなくてもイエローフィンを釣った人は一安心した事でしょう。
終盤が近づき今回の反省点をいくつか考え始める。今日の状況でも複数あたりを感じた人やチームk様は三名全員が結果を残す好成績。しかし自分には何も気配なしでボーダークルージングで終わる一日となった。勉強不足と熱意、技量、努力、睡眠が欠けていたのに違いない。
シーズンはまだ続くので悔いを残さないためにもリベンジが必要となった。

参加者の皆様お疲れさまでした。
ラッフル賞品提供の企業様及び個人の方、最後に興奮する時間を過ごせました。
有難うございました。
DAIWA社様 、GEAR-LAB社様、OJI PAPER社様 、Takatori様



チャーターの写真は下記のリンクからご覧下さい。

https://goo.gl/photos/TtGdvr96NzvtXVuw6
2016/08/19
Category: 釣果レポート : 

Author: akiyama (4:06 pm)
サンノゼから親子で参加された岡田様からの画像です。遠方からのロングドライブではありましたが、疲れを見せずに朝から張り切っていたようでした。親子対決は今回は誰が勝者となった事でしょうか?

イメージは下記リンクからご覧になれます。

https://photos.google.com/share/AF1QipO8z0DD6dpPDVLw2ygrkDWJf2bMgieSlLLCqaPHvh6-wqSqJ7tRijD-ouKOb5Y0vA?key=N0Z2LU1IY0FBSE1QUXVsQ1ZEMVNnRmxBbWR5WjN3
2015/09/15
Category: 釣果レポート : 

Author: akiyama (7:54 am)
日時  SEP-14-2015  午後
場所  マリナ ディル レイ (Bait Barge)
釣り人 Khailee
釣果  ホワイトシーバス、その他

どうして風向きが変わったのかは不明だが、この1~2週間前からフィッシング、フィッシングと言っていた。あいにく月曜日は学校が休みであった。暇つぶしを兼ねて海風をあたりにぶらっと出かける。
フィッシャーマンズビレッジに隣接するBait Bargeは$10で3時間(ライブベイト含む)で手軽に遊ぶにはお勧めポイント。運が良い人はリーガルのハリバットをゲットする事もある。
時間帯が二時を過ぎていたので、期待などは無かったが何でも良いから生き物がかかってくれれば子供にとっては喜びである。しかし後半になっても周囲で見守るのは2~3頭のシールとペリカン。魚の気配なしと思っていた時に、TOY同然のRODが大きくしなる。『なんだなんだ?』大きな声をあげて未確認生物とのファァイに取り掛かる。しばらく興奮の時間が続く。頑張った末にランディンできたのはリリースサイズのシーバス。その後は別種2尾(リリース)を釣り上げた。初ファイトとしては大きな結果を残し、思い出に残る一時を過ごしたに違いない。










2012/10/16
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (3:33 pm)
日時: 10/13/2012 (土)
場所: Bolsa Chica
狙い: ヒラメ
釣果: 4枚
釣人: 剣豪Sandy

今回釣行に行ったのは!ボルサチカ!ヒラメを狙いに行ってきました

ポイントに到着すると、ベイトフィッシュが確認できたため、その大きさより少し大きめのルアーをキャストするとこれがなんと大当たり!!
1枚目で22インチのヒラメ!
その後、ルアーのカラーチェンジをしまともやサイズアップの23インチのヒラメです。僅か20分の間にリーガル2枚ゲットです。奇跡的な時間でした。
ルアーのみで、この日は小型もあわせて4枚ものヒラメをゲットすることができました。

恐らく、今年の釣り運を使い果たしました!

今週末はマリブでサーフフィッシングイベントがあるので行ってきます!
200人以上のサーフフィッシャーマンが集まるみたいですよ!
後日、レポート更新させていただきます。


2012/09/24
Category: 釣果レポート : 

Author: ShaQ (6:53 am)
2週間前のマグロ釣りの感動、アドレナリン放出、そして、Hilow、あやちゃんはリベンジの為またまたサンディエゴから出港するオーバーナイト、ロングレンジでマグロ釣りに〜

序盤はHilowが3度目の正直で、いきなりメーター越えのシイラ、そして念願の黒マグロを釣り上げた〜

俺がHilowを数年前に釣りを進めて本日ようやくマグロを初ゲット〜

先々週の釣行ではバイトさえなかった彼、ブービー賞でもらった竿と新調したDaiwa ソルティストの自分のタックルで釣り上げた〜

俺も自分の事と様に超嬉しかった〜

おめでとうっ!Hilow〜〜 

そしてあやちゃんも初のブルーフィンツナを掛け黒マグロとの壮絶なファイト。。。

しかしここはブルーフィンツナの勝ち、カラーまで見えたのですが、惜しくも目の前でラインブレイク。。。

しかしここは負けん気の強い彼女
見事次のストップでイエローフィン、キハダマグロを釣り上げた〜

photo:01



それで余裕をかましてた俺。。。お昼が過ぎるまでノーバイト。。。内心はかなりのスネオ君状態。。。。爆。。。半分諦めていたけど、ラストのストップで本日初のバイトを何とか仕留めてイエローフィン、キハダマグロをゲット〜
photo:02


今回の釣行はみんなが釣れて最高の釣行でした〜
photo:03



帰りは船上で食べられなかったハンバーガーを In n Outで〜
photo:04



家に着いたのは12:00でしたが、ここは体にムチを打ち釣ってきたキハダマグロを捌いちゃいました〜
photo:06


photo:05





iPhoneからの投稿
2012/08/07
Category: 釣果レポート : 

Author: LAXNRT (6:29 pm)
7月27−28日のチャーターに参加させていただきましたKaz渡辺です。
3年前のチャーターに野口さんと一緒に参加させていただいてから、病み付きになり毎年マグロチャーターに参加させていただいています。

今年も野口さんと一緒にと思っていたところ、3月末に野口さんに帰任の連絡があり、私の釣りのメンターが日本へ帰国してしまい、さらにバス釣りでいろいろお世話になっているひろさんも今回は参加されないという心細さ。でも、ひろさん直前アドバイスありがとうございました。
船に乗ってからは秋山さん、山本さん、富田さん、塚本さん、古川さん初めいろいろな方といろいろお話をさせていただき、イエローテールも1本あげることができとても楽しい釣行でした。今後ともよろしくお願いします。



2012/07/17
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (10:02 pm)
日時: 7/16/2012
場所: レドンド沖
狙い: バラクーダ・キャリコバス・ロックフィッシュ
釣果: バラクーダ 0 キャリコバス10 リング1 パーチ1
釣人: Sandy 剣道仲間 5人

月曜日にレドンドスポーツフィッシングより、トラディション3/4dayに乗り込み釣行に行ってきました。
前日のフィッシュリポートでバラクーダがリミットとの結果が出ていたので、バラクーダ用のルアーを用意していきました
早速、サンタモニカ沖で鳥山を発見して、バラクーダを連発でゲット!しかし、僕は0・・・すべてバレれしまい残念  
10頃から場所を移動して、根魚狙い250FTの深場で、やっと釣れたのが、リングとサーモン2匹とちょろちょろです。ベイトはイカとイワシがあり、イワシにかかる傾向でした。
更に、午後はPVのライトハウス裏あたりで、ケルプに居るキャリコ狙いに変わり、ルアーフィッシングに変更!僕の得意分野であるので、1時間で10匹以上釣ることが出来ました


2012/06/18
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (8:49 am)
日時: 6/9/2012
場所: Bolsa Chica
狙い: ヒラメ
釣果: 魚  1匹
釣人: 剣豪Sandy 友人2人

やっとやっと、初のリーガルヒラメ(22インチ)を釣ることができました。場所は、ボルサチカの堤防先端です。丁度、この日の釣行時間帯は干潮という事で、あまり期待できないと思いきや、一緒に釣行に出かけた仲間にも1匹ずつ当たりがありました。私の場合は、1投目のキャストで底の感覚を意識しながら、(小魚が海底のプランクトンを捕食するイメージ)中速でリトリーブ。足元付近にルアーがきたために早巻きで岸際に寄せてきた際に、突然ヒラメが飛び出してきたのを確認。すぐさま、反応があった付近のやや奥に先ほどキャストしていたステイシー90をキャストし、今度はゆっくりリトリーブした瞬間、先ほど同じポイントでルアーを追いかけてきて、スットーンっと!バイト!! 20弱と予想しながら慎重にルアーを引き寄せ岸に寄せるとなんと結構サイズの良い型のヒラメ。今回は同行者もいたお陰で、確実にゲットでき今年初のヒラメは、初のリーガルヒラメになりました。

いやぁ〜リーガルのヒラメを釣るのに2年かかりました。今度の目標は、25インチオーバーです!!


2011/10/09
Category: 釣果レポート : 

Author: ebizo (7:00 am)
10月8日 朝、娘を日本語補習校に送り9時にキングハーバー到着。
一昨日の大荒れの影響で波の残る中、単独火薬にて出撃した。
晴天・無風

午後から始まるエビ祭りの準備の為、短時間の釣行なので集中して実績のあったポイント(極秘の花園)を攻める事にする。

潮が動いていないせいか、キープもなく時間だけが過ぎていく。
<左門、ちびレッドをリリース>
今日はダメかなと消極的になった途端、前アタリもなく目の覚めるようなドカ〜ンという締め込みで戦闘開始となった。
間違いなく大物である。

ドラグは出まくり、よりによって細い方のタックルにバイトがあり、サオはバットから曲がっている。
当然竿先は海に突き刺さっている。
体感15分(実際5分)以上のやり取りの末、上がってきたのは自己新記録のバーミリオンロックフィッシュであった。

24インチ
8.9パウンド

ebidiver.comの新年恒例のエビ祭りに奉納し、刺身、カルパッチョ、清蒸しにて食す。

使用タックル
Shimano TESCATA TSC63M, Shimano CALCUTTA 400B, Gosen PE-1, Seaguar 15lbs, Jig Sevenslide 60g
Shimano TESCATA TSC630MH, Shimano CALCUTTA 400B, Gosen PE-1, Seaguar 15lbs, Jig Sevenslide改 4oz 
2011/08/31
Category: 釣果レポート : 

Author: Sandy (1:00 pm)
日時: 8/25/2011 (日)
場所: Long Beach Jetty
狙い: ヒラメ
釣り人: Sandy
釣果: Hirame X5

久しぶりの釣果レポートです。
釣行場はロングビーチ!気合十分に日の出と同時釣行をスタート。
ハードルアーでの釣果のみに拘っているため、今回はエースルアーのFM110チェンジすることにした
ビーチサイドから駆け上がりをバイトチャンスと考え意識し、リトリーブスピードをアクションを入れながら行ったが、ノーバイト
場所をジェティーへの変更し、なるべくケルプの少ないジェティーの所で再開、DD系ルアーに変更。ロングキャストからボトムの地形変化を感じながら、ゆっくりとリトリーブすると!!グ〜イット!!バイトを頂きました!!
久しぶりのヒラメです。サイズは小さいが久しぶり過ぎて、思わずガッツポーズです













さらに、ルアーを変更しPT100DDでも、バイトを頂きました。









ルアーFM120DDに変更し、再びバイトを頂きました。
本日4・5匹目平目を立て続けに釣り上げ、頭で考えイメージした釣りができました







早くリーガルサイズを釣りたいものですね!!
2011/08/03
Category: 釣果レポート : 

Author: ShaQ (6:13 am)
お久しぶりですっ〜

先々週はカタリナアイランドにキャンプへ行き釣りもしてきたんですけど。。。おかっぱりで。。。全く釣れませんでしたよっ。。。。ww

むしろシュノーケルで泳ぎながらカリコバス、イセエビなどを見てる方が楽しかったです。。w

とっまぁ先々週末はボウズだったんですよね。。。そこでリベンジではないですけども、先週末マリナデルレイのハーフDayの乗り合い行ってきました〜

狙いはバラクーダー!!

ボイルもたびたびみられ活性はかなり高かったんじゃないでしょうか?w

入れ食い状態でした。。。

早い段階で35インチくらいのを6本くらいあげっ

もぅキャスイングにも疲れていたので、Ko-heyさんに修理していただいたジギングロッド(Ko-Heyさん本当にありがとうございますっ!!)を取り出し、バタフライジグを付けボトムをとりそこから1-2メートル巻き上げタバコを吸いながらシャルクリシャクリっ 

そこでも連続ヒットっ〜

ジギングでも4本の同じサイズくらいのバラクーダを4本あげっ

計10本上げました〜











もちろん全て持って帰れないので3本だけキープして7本は釣れてない方におっそわけしておきました〜

そしてお決まりのフィッシュTacoパー

あたり日に当たったムチャクチャ楽しい釣りでした〜
2011/06/30
Category: 釣果レポート : 

Author: Hiro (6:05 pm)
日時: 2011年4月23日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: Y氏& Hiro
釣果: Largemouth Bass x 6、Rainbow Trout x 1

いやぁ〜、すっかりご無沙汰してます〜!
今までY氏には色々と教えてもらったり、情報提供をしてもらったりしてきた。
が、そのY氏が近々引っ越す事となり、引越しでバタバタする前にDiamond Valley Lake(以下DVL)へ一緒に行く事となった

DVLと言えば一昨年の年末近くまでかなりの減水をしたところから逆に増水を始め、かなり一杯になるレベルまで増水している。
ここ一週間で約2m、その前の週は約3mと、いまだにすごい勢いで増水を続けている
DVLも既にスポーンが始まっているが、増水を繰り返す中のスポーン攻略は昨年に続いてなかなか難しい・・・
しかも、今日もトーナメントがあるのもあるが、一般のアングラーも非常に多く、ものすごい数のボートが湖面に浮かんでいて、かなり高いプレッシャーがかかっていることは容易に想像が付く。

朝一で前回比較的良く釣れたポイントへ入った。
珍しく朝からかなりの強風のため、前回とは違ってスピナベから入り、Swimbaitを投げ込んだりする
が、反応なし・・・

ポイントを移動して、入り江に入ってバスを探しながらワーム系タックルに変更。
しか〜し、食わない・・・^_^;
ようようY氏が木っ端を1匹GET。
少し粘っていると、後ろから別の船がこの狭い入り江に入ってくる。
トーナメンターでもないのに、なんともマナーの悪い連中である

ティンバーの生えてるシャローエリアとその近くのシャローを狙おうと遠目から様子を見ると、既に10艇以上のボートが終結しており、バスが口を使わなくなるほどプレッシャーが高いことは見え見えなた目、ここは後回し。
Cove周りで少し深めのレンジを探りながらシャローも狙うと、シャローで木っ端が食ってくる。
一度は3連荘ヒットで、3匹目はなんとトラウト!
Y氏が「おっ!」と言いながら大きくあわせると、なんと、合わせ切れ・・・
結構良い型のバスっぽいが、残念・・・

その後もプレッシャーの高くなさそうなところを探して、良い型のバスを狙う。
ある程度いる場所は分かるのだが、どうも良い型は口を使ってくれない・・・
終わりが近付いた頃、午前中はボートが群れをなしてたティンバーのシャローからボートが消えている。
「やっぱり、一日中あれだけのボートが張り付いてたから、プレッシャーが高過ぎで喰わないかね?」なんてY氏と話してたら「ガツン!」と当たりがある
ヘッドシェイクに気を付けながら寄せて上げると、55cm/4.8lbのバスであった
久し振りにDVLらしいバスに出会えて良かった〜!



【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 711HFBA + Daiwa Steez 103SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
2. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103HA + Daiwa Samurai Braided/ Daiwa Steez Flourocarbon Line
3. St. Croix Legend Tournament Mega Swim Bait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
5. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
6. Daiwa Steez 681ML + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
7. St. Croix Avid 66LF + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
8. Daiwa Procyon 661MFS + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line

Lure: Lucky Craft LL Pointer、Evergreen ES Drive、Deps Slide Swimmer、Gan Craft Jointed Craw、Lucky Craft Staysee、Evergreen D-Zone、Imakatsu Mogulla Jig、Imakatsu iShad、Gary Yamamoto、Zoom、Robo Warm
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG
2011/04/30
Category: 釣果レポート : 

Author: nogu152 (11:38 am)
狙い: オパールアイ
日時: 4/16 Sat
釣果: オパールアイ 40cm〜45cm x 4

久しぶりのレポートです。
まずは、サンペドロでのメジナ。
産卵前でだいぶお腹がパンパン。まるで自分のお腹のような…。
まぁ、自分は産卵しませんが( ̄(∞) ̄)

そろそろ産卵が終わり、メジナの春シーズンも終了かも。
先週も磯に上がりましたが、木っ端ばかり。
そろそろ回遊魚の季節ですかねぇ。
今年もマグロと出会えるか!?
楽しみな季節になってきました。

2011/02/20
Category: 釣果レポート : 

Author: nogu152 (2:18 am)
釣り場: Redondo Breakwater
狙い: オパールアイ
日時: 1/30 Sun 7:00 - 8:45
釣果: オパールアイ 39cm x 1, 37cm x 1

レドンド繋がりのレポでもう1件。
駐車場代が$10に上がってから、遠ざかっていたものの
他に上がれる磯がなかったので、久々にBreakwaterへ。
7時前に到着したが、メキ系の方々が結構いらっしゃる。
天気も悪いのに、熱心な方々ですな…。

ちょうど真ん中あたりまで歩いたところでスペースが
空いていたので、釣り座を構える。っが、1時間反応なし。
少し奥側のメキさん達が移動したので、自分も奥へ。

だいぶ潮が引いていたが、手前のテトラの際を狙って
ゆっくり流すと、久々のヒット。結構重たかったが、
タモ網をもってないので、折れるの覚悟でブッコ抜き。
まずまずの39cmゲト。周りのメキさん興味深々
その後、間髪入れずに37cmゲト。こいつも苦労するが、
無理やり、ブッコ抜き。近くにいたメキさん全員集合
同じポイントを狙いたいらしく、周りでルアーやら何やら
色々な仕掛けが飛びまくる。なんじゃこりゃ!?
釣りづらいし、雨も降ってきたので退散した…。

2011/01/30
Category: 釣果レポート : 

Author: eichan (1:26 pm)
日時: 2011年1月9日(Sun)
場所:Bishop
狙い:Trout 
釣果:Brown Trout










日曜日の週末に単独日帰りで行ってきました。
楽しむ程度に釣れたので良かったです。
2010/12/20
Category: 釣果レポート : 

Author: kenji (5:30 am)
日時: 12月4日(土)
場所: 竹岡沖
船: 金沢八景弁天屋 弁天丸
狙い: カワハギ
釣り人: Marcus、Kenji
釣果: カワハギ 7枚

先日、ウイリー五目をやろうとMarcusに誘われて平塚の庄三郎丸に行った。
有名な人気船宿だけあって早朝から大勢の釣人でごった返している。
しかし前日の悪天候の影響で未だに海が荒れているとのことで、なんと出船中止!
庄三郎丸はシイラのルアー船で何度か乗った事があるが、他の船宿が出船しない大荒れの相模湾に出撃するアグレッシブな船
なのになぜか今日は出ないらしい。

朝3時に自宅を出てやる気満々だったので、このままでは帰れない二人。船宿に詳しいMarcusに買ったばかりのGALAXYを駆使
してもらい、シケた海に出そうな船宿を片っ端らから検索。
内湾の東京湾ならシケでも大丈夫だろうと金沢八景の弁天丸に決定。急遽、来た道を引き返す・・・。
出船するのはウイリー五目ではなくてビシアジとカワハギ船。アジを食べたかったがMarcusの「この時期のカワハギは美味いよ。」
の一言でカワハギに決定!
しかしタックルはウイリー五目用だし仕掛けも持ってない・・・。
しかたないので、船宿で仕掛けと針、ハリス、オモリを買って船に乗り込むと本日は超満員!
真ん中の釣座を確保し出船。竹岡沖(浦賀水道)までは20分ほど。海は多少シケていたが相模湾ほどではなさそう。
竹岡沖に着くとすでに沢山の釣り船が集まっていた。




初めてのカワハギ釣り。Marcusは何度かやった事があるので教えてもらいながら実釣開始。
早速、Marcusが1枚目ゲット。さすが。
エサのアサリの付け方がよくわからなかったので、船長に聞いてなんとか形になってきた(^^;)









誘いを入れたり、色々試すがノーヒット・・・orz
となりの常連っぽいおぢさんもノーヒット。周りを見てもポツポツとしか釣れていない。ホッ・・・(^^)
ウワサどおりの難しさ・・・。エサ取り名人の異名を持つカワハギだけに、アタリも無く必ずエサだけ取られてる・・・orz
「こりゃ、結構むずかしいかも・・・。」と内心思いはじめる。

数時間が経って、やっとブルブルと明確なアタリが!
やったぜ!カワハギげっと!って思ったが釣れたのは外道のトラギス・・・orz
となりのおっさんも、ミヨシとトモの人達もみんなトラギス(笑)
天ぷらにすれば美味しいトラギスも本日はお呼びでないので速攻リリース。
どうやらココはトラギスポイントらしいので船長もやっと船を移動。

何度か流していたら今度こそ明確なコツコツあたりが!引き味を楽しんでやっと初カワハギGet!
見切ったぜ!カワハギめ!これから怒涛の連荘だぜ!って思うがその後がまったく続かない・・・orz
う〜ん・・・なんで釣れたのかさっぱりわからん。

そんな感じでず〜っと渋い状況が続く中、釣れてる人はポツポツを釣果を上げているようだったが、
隣の常連のおぢさんはトラギス→カサゴ→アカボラ→べラ→河豚のパターンにはまってるようだ・・・。
時おり、大きいのが掛かると「やっと本命が来たぞー!」って大声で騒ぐが、決まって上がって来るのは
外道の大きなトラギスかアカボラ(笑)

しかし隣で釣ってるMarcusはポツポツとカワハギを上げている。これからは彼の事をカワハギマスターと呼ぶことにしよう。

時間だけが過ぎて、とうとう帰港の30分前となるあたりから潮が変わったのか夕まづめなのか魚信が出始める。
周りの釣り船や、弁天丸の釣人たちにもカワハギが上がり始め、ちょっとした入れ食いタイムが来たようだ。
このチャンスを逃さないように手返し良く釣りに集中!
気を抜くとやっぱりエサだけ取られてる〜!キッー!o(>o<)o

しかしやっとの事で4枚追加し合計7枚で終了〜。
隣の常連のおっさんはトラギス多数と大きなアカボラ(外道)のみで終了〜。なんとカワハギはノーフィッシュ(^o^;)
トモで釣ってた人達もスレの1枚のみ・・・orz

初めてで7枚は良いほうだと思うが、Marcusは28cmの大物を筆頭に合計9枚。
やはり彼にはカワハギマスターの称号を与えることにする。
船中では31cmの大物や、2桁以上釣ってる常連さんもいた。
どうやらカワハギは腕の差が明確に出る釣りのようで攻略法も色々、ゲーム性もあって
なるほど人気のある釣りだと実感。食べても美味しいし。









帰ってから早速カワハギを捌いて、肝醤油の薄造りで食べたら絶品でした!
こりゃ、ハマリますな〜。




って、早速近所の釣具屋に行って攻略本とカワハギ竿とリールを買ったのは言うまでもない・・・。

つづく・・。

Kenji
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<<今回のタックル>>

ロッド; ダイワ LEADING-XL AMAMARU 195 
リール; ダイワ It's ICV150L + PE2号
オモリ; 30号
エサ; アサリ剥き身

(1) 2 3 4 ... 21 »

当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved