サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 釣果レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8
釣果レポート - Most recent entries

Categories


Most recent entries
2010/11/04

Author: hataji (8:09 pm)
日時:2010年10月31日
場所:イスタンブール/サライブルノ
狙い:何でも
同伴釣人:イスタンブール F部会長さん
釣果:鯵(1匹ずつ)11:00〜12:00


7月のSGN 1.5-dayチャーター以来釣に行っていませんでした…
でも、SGNバストーナメントで凸凹トリオのKe2さんやTaekoさんがデカバスを前面に突き出して映っている!
そんな画像を見たら「まずい、このまま何もしないで休暇でアメリカに戻ると多分Bz…」との危機感を覚えました。(焦り)

/-/-/-/-/-/-/-/

29日に日本からの出張から戻り、週末(30日)仕事していると同僚のF部会長からSMSで『明日、釣に行きましょう』との誘い。
Fさんも今年初め以来、忙しくて釣をしていませんでしたので禁断症状が出ていた様です。

で、当日31日の朝。
サマータイムが終わって冬時間になりましたが、何時も通りに起きてしまい、始発の船の時間(7時)まで時間を潰すのに手間掛かりました…

その始発の船に乗るべく船着場まで歩いていた時に“私の部門の部下が他に異動する日”であるのを思いだして宿舎に引き返しました…(汗)
無事に彼を見送り、結局F部会長と会ったのが11時近くでした。
朝3時には目を覚ましていたのでかなりの時間でした…

釣場ではクレーン作業で台船に砕石を積込んでいたので、F部会長は餌のイガイを確保できず『今日はキャストの練習です』と黙々と竿を振っていました…

キャスト練習に飽きて私に『ルアーを貸して』と言うので、ケースに入っていた弓角(ブルーランナー、青)を貸してあげたら、ナント1投目で23cmの鯵をゲット!


フィッシュグリップの方がでかいですネ…(爆笑)

“これは、イカン! 又飲んでいる時に『私は釣れたけどHatajiさんは何時も駄目ですね〜』と言われ、美味しい酒が拙くなる”と思いました。(爆笑)

暫くして、F部会長は私に背中を見せてなにやらやっています。
準備が終わって投げ始めたのはサビキ。
ここで一気に数を添ろえて私に駄目出しを出す魂胆のようでした。
(実際は弓角を根掛かりさせてロスとしたのですが、私に黙って仕掛けを換えた様です 笑)

サビキでも上手く行かず、F部会長はもう一度『弓角貸して下さい』と言うので、ブルーランナーのピンク色を貸しました。

数投して『Hatajiさんも投げてみたら?』と言うので、F部会長の投げ竿を借りてキャストしました。

弓角を引く途中でちょっとした当りが感じられ、ユックリとリトリーブしました。
1投目でF部会長と同じ型の鯵をゲット。
これで酒も拙くはならないと思いホッとしました。(ニコッ)



その後数回キャストして「これで最後」と満身の力でキャストしたらF部会長のジェット天秤と私のブルーランナーが勢い良く飛んで行きました…

そこで二人で仲良く(?)納竿にし、F部会長は最初から釣れる予感がしなかったのか奥さんに『魚を買ってくるから』と言っていたようで(爆笑)私の住むアジア側に船で渡り魚やエビを買い漁っていました。(wink)

今月末には休暇でアメリカに戻る予定ですが、途中立寄る日本でF部会長用にジェット天秤と弓角を仕入れて持って帰る使命を負いました。(笑)

今回は仲良く1尾ずつ。
釣った鯵はF部会長が持って帰りフライパンで調理したとの事です。



Ke2さん、トルコのスパイスの使い方を教えてあげて下さい。(爆笑)
2010/09/17

Author: ko-hey (2:47 pm)
7月のマグロチャーター以来のひさびさの釣りでした。
アバコでは味わえない引きで楽しめました。
計る前にリリースしたので長さ重さはわかりません。
オカッパリの大物つりでした。
2010/08/09

Author: kenssfcx (9:17 am)
8月7日。
2枚目、23・5インチゲットであります♪

すいません、
小さいエリアなので場所は伏せさせてください。。。orz

ともあれ、
立派なヒラミャーとなるべくコツコツ場所の開拓に
勤しんでおるKENでございます。

噂には聞いておりましたが、
今回は初めてヒラメのボイルを目撃。
しかも思いっきりジャンプしとりました。。。
短時間ではありましたが、
中くらいのからデッカイのまでバッちゃんボッちゃん!

正直これまでは、
普段ボトムに潜むヒラメがベイトを追いかけてボイルなんてありえんやろー?、
という私でありましたが。。。
ほんとビックリ+感動であります♪
百聞は一見になんとやら、ですなぁ。


でも、
ボイルしてるヒラメって淡水のバスと違って
ルアーに反応悪い。。。ような気が。。。
つーかマジでガン無視状態でありました。
マッチざベイトなんでしょうなー。
5cmくらいのベイトを追いかけておったようです。

この時は自分的には自信満々の
ポインターの100も無視され。。。
あとメタルジグやピロピロスイミングワームをセットした
ジグヘッドもダメ。。。

淡水のバスの場合でもライブベイトにしか反応しないバスがおります。
ライブベイトをフライラインで使えば
ワンキャストワンフィッシュするのに。。。
そんな時、
私の場合はあえてボイルしているバスは無視して
ストラクチャー攻めに徹することにしています。
時間がたち
水に濁りが入ったり、風が吹いたり、とかで状況が
変われば後にルアーにも反応しはじめる場合があるので
あわてる必要はありませぬ。

で、
この日もボイルしているヒラメを無視ッ!
これは今後の課題ですなー。
どーすればえーんぢゃろうかぁ?
^^;

んでッ!、
獲れたのがこの一本でありました♪
ルアーはポインター100.
やっぱストラクチャー攻めは堅いですなぁ。
^^

ちなみに今週の水曜はLBの予定であります。
夏はヒラミャー♪


2010/06/20

Author: Taeko (8:06 pm)
SGNのお父さん達、Happy Father's Day!! 父の日楽しく過ごされましたか

久々のレポです。色々あって、今回は一人で釣りに行く事に。。。

生まれて初めての一人で行く釣り。通常だと主人が竿もタックルも用意してくれるのですが、今回はそれも一人で
針とかシンカーも、どれを使っていいのかわからず、とりあえずこの前使ったルアーだけ用意した。

一人で行くとなると起きる時間も出発時間ものんびり。6時に家を出てLBに向う。
主人にジェティーまでの行き方を聞いたら、「405から710で、 Ocean Blvdで降りればいい」と言われた。
高速も空いてて、ヒラメの事を考えなら710を走る。そこまでは予定通り快調に。ところがその後。。。

分かれ道があって、左はダウンタウン、右は710と表示。迷った挙句、Ocean Blvdがまだ見えてなかったので、そのまま710を選び走った。
しばらく走って、なんか違う予感が。。。ユーターンする場もなく、どんどん寂れた方に向う。主人にあわてて電話。
「道、間違えたみたい、どこ走ってるかわかんない」って悲鳴を上げてるうちに橋を超えたら、110の高速に乗ってしまった。
110乗ったら家に戻ってしまう。あわてて、高速を下りた。
主人に「カーナビにLBコンベンションセンターって入れたらOcean Blvdに行けるから」って言われてその通りに。
超方向音痴の私にはカーナビはベストフレンドだわ

1時間もかかったけど、なんとかLBのジェティーに到着。もうすでに何人か釣り始めてた。見覚えのある顔ぶれも。
この前のトーナメントの時にいた、ジョンレノンみたいなおじさんもいた
エイちゃんのいた所で釣ろう決めてたのに、そこには既にメキシコ人のおじさんが、竿を4本くらい並べて釣ってた

私はもうちょっと先で釣り始める。最初は前回使ったのと同じルアー。でも何の当たりもなく30分が過ぎる。
次のルアーに交換。手に針を刺しながらも何とか交換終了。それはちょっと短めで太目で、チャラチャラ中で音がするやつ。
2回目にそれを投げた時、私が2ヶ月間ずっと待ち望んだバイトがあった
最初は、「あれ?ひっかかったかな?」って思ったけど、2回めの時は「あっ、ヒラメだ」って思って合わせて見る。
やった〜!!待望のヒラメがかかった〜。でも、この後が大変。
ドラグの調整がされてなくて、巻いても巻いても、ズーズーラインが出て行く
調整の仕方も分からなくて、もうひたすら巻き続ける。

周りの視線が私に集中してる中、5分位してやっと岩の近くまで持ってこれた。サンダブと同じ位のサイズののヒラメ。
きゃ〜、超恥ずかしい。周りの人は私が格闘してるのを見て、さぞかし大きなヒラメだと思ってたことでしょう

ネットがなかったので、近くの平らな岩に引き上げた。小さいのに歯は鋭い。
Plier でルアーの針をそっと取ろうとしたら、ヒラメがバタバタと暴れだした 。怖かった〜。
ヒラメをリリースしたかったけど、どこを持っていいのかわからず取り合えず尻尾を持ったら、結構ぬるぬるしてて、
リリースというより海に落したって感じだった。ヒラメさん、ごめんなさい。


やっと釣れたヒラメの証拠写真

その後はルアーを変えても場所を変えても全くバイトはなく10時に終了。
色々ハプニングはあったけど、何とかソロデビューを無事に終えられた
大変だったけど、学んだ事も多く、今日は始めて親から離れて一人立ちした気分だった

次回はリーガルかな
2010/05/22

Author: Taeko (1:46 pm)
日時: 2010年5月22日(Sat)
場所: Long Beach Jetty
狙い: ヒラメ
釣り人: SGN の参加者の皆さん
釣果: ボウズ

ボウズだった私がレポを一番にあげるのは申し訳ないのですが、一番乗りでレポを上げさせて頂きます

SGNのスタッフの皆さん、今日は楽しい企画を本当にありがとうございました!! 一匹も釣れなかった私でさえあれだけ楽しかったので、きっと釣れた皆さんはもっと楽しかったことでしょう。。。これからも、楽しい企画をよろしくお願いします

朝、スタバで待ち合わせてからジェティーに移動。ジェティーに着いたら、砂浜で釣る人達とジェティーで釣る人達の2つに別れ、私は砂浜からしか釣ったことがなかったので、砂浜で釣り始めた。でも全く当たりはなく 、横目で他の人達を見ていたら、Ei chan達がいる辺りでヒラメがあがってるのを発見

それを見てすぐに場所移動 。皆さんのいる隣で釣り始めた。隣ではかかってるのに、私には何のバイトもなし 。同じもの使ってるのに。。。

そんな時、私にも当たりが 。。。思わず「キャー」と声が出てしまって、皆に振り向かれてしまったが、なんとそれはゴミだった。またしてもゴミ回収。最近、全く釣れてなかった為、当たりの感覚も忘れてしまったみたい。ゴミがヒラメに思えるなんて。。。

トロフィーが欲しくて朝はあんなに張り切っていたのに。。。行きの車の中で、私が「一瞬でいいからトロフィーを持たせて」っとお願いしたら、Ei chanとHiroさんに「そんなにトロフィー触りたかったら、授与式でトロフィーを渡す係りにしてあげるよ」って言われたのが、本当にそうなってしまった。次回はもらう側になりたい

皆さん、お疲れ様でした。次回、SGNのイベントで又お会いできるのを楽しみにしてます。

P.S. 家に帰ったら、主人も子供達もいなくて、「ラッキー!!皆が帰るまで、もう一度、夕方のバイトに挑戦しに行ってこようかな 」って真面目に考えてしまったけど、止めて洗濯と掃除をしました
2010/03/19

Author: Taeko (7:43 pm)
日時: 2010年3月6日(Sat)
場所: Long Beach
狙い: Halibut,
釣り人: BY, Taeko
釣果: Short Halibut x1

土曜の朝、BYとヒラメ釣りに行った。前回は初めてヒラメが釣れたと思ったら、大きなTarpだったので、「今回こそはヒラメが釣りたい!」と気合が入った。

場所はロングビーチ。近場と言うこともあって、いつもより出発時間が遅いため、1時間も余分に寝れた。パーキングに着いたのは5時ちょっと過ぎ。砂浜には人の姿は全く無かった。「え?こんな所にヒラメがいるの?」って思うような所で、5時半頃から釣り始めた。

春になって水温も上がってきたので、水の中に入っても冬場のように、「足が凍るように冷たい」って感じることはなかった。



きれいな朝焼けを見ながらのサーフフィッシングは清々しくてとっても気持ちがよかった

久しぶりのサーフフィッシング。普段はConventional reelを使うんだけど、バックラッシュで釣りに集中できないので、今回はSpinning reel にした。そのせいなのか急に腕が上がったのか、まあ、自分のキャスティングに惚れ惚れするくらい(ちょっと大げさだけど。。)上手に投げられた。結構距離も出て、それも思った所に。「えっ、私こんなに上手だったっけ?」って思ったくらい



スピニングだとバックラッシュをしないから、思う存分投げられるし、楽しかった〜

でも肝心のヒラメの当たりが全くない。BYは結構離れた所で釣っていた。いつもバックラッシュなどしないBYがバックラッシュをしまくってた。 BYに「どう?当たりある?」って聞いたら、「ラインがバックラッシュしやすくなってて、それをほどくのに殆ど時間を使ってた」とちょっとイライラ気味で言ってた



バックラッシュを必死に直してるBY いつもは私がこんな感じなのよね〜。

それから更に竿を振り続ける。でも何の当たりも無く、「やっぱり、こんな所にヒラメがいるわけないのよね〜」って思った瞬間、いきなり竿がグイっと引っ張られるような当たりがあった。「うそ!今のはヒラメ?」って思った瞬間、あわてて合わせたけどからぶり。ヒラメを釣ったことの無い私はどれがヒラメのバイトなのかいまいち分かってない。 BYに話したところ、「どうせ、底にでも引っかかったんじゃないの?」って笑われた。でも「あれは絶対ヒラメだわ。。。」っと心の中で思いながら更に釣りを続けた。

釣り始めて数時間経った頃、私の右手首がもう限界に。普段、Conventionalを使っていて、Spinningに慣れてないせいか、竿を持ってる右手首が痛くて痛くて。 もうそろそろやめようかなと思ったその時、又バイトのようなものが。 さっきより全然小さいけど、でも確実にバイトのような気が。。。「ヒラメじゃないかもしれないけど、絶対に魚だわ」って思った私は思い切って合わせてみたら、今度は魚がかかった〜



やった〜、魚が釣れた〜!(写真の左下にヒラメが。。。)

BYに大声で、「魚が釣れたよ〜」って言ったら、走って私の所にやって来た。結構、砂浜から近くの所でかかったせいか、上げるのに時間は全くかからなかった。砂浜にあがったのはTarpでもゴミでも無く、まさに魚だった。結構小さいので、BYに「これSand dab?」って聞いたら、笑いながら「小さいけどヒラメだよ」って言われた。サイズを測ったら13インチ。この前のSand dabと同じサイズ。でも、模様とか確かにヒラメだった。私が夢にまで見た、ヒラメが釣れた〜!



小さいけど初ヒラメが釣れた!





海岸で一人キャーキャー言いながら大喜びしてしまった。今まで10回以上もヒラメ釣りに行き、リーガルはもちろんショートですら一度も釣り上げた事の無かった私がやっと待望のヒラメを釣り上げた。夢見たい!それもこんなに近場で釣れるなんて。 この海岸は以前私が勤めていた会社から車で5分ちょっとの所。あの頃、ここで釣れる事を知ってたら、出勤前に毎日釣りができたのに〜



さっきまで手首が痛かったのも忘れ、更に釣りに励む私


結局その後はバイトも無く、午前10時に終了。でも今日は念願のヒラメが釣れて大満足。 BYは結局、一回も当たりがないまま終わり「今回はラインが悪く、釣りができなかった」と、負け惜しみ。「やっぱり実力の差でしょ〜」って言いたかったけど、可哀想だからやめておいた



初ヒラメが釣れて大満足!

リーガルサイズが釣れる日も、そう遠くはないかも
2009/07/04

Author: akiyama (6:33 pm)
日時  7-04-09    11:30 〜 13:00
場所  マリブ
狙い  何でもOK
結果  かろうじてボーズ回避
釣り人 アキヤマ

暑いバレーを脱出して涼を求めて海岸ドライブ。
PCHを挟んでマリブRVパークの前は1マイルほどのビーチ。
路上駐車をして早速RODを振る。根掛かりとゴミ回収の繰り返し。
今頃は1.5Dayのチャーターではマグロの群れと奮闘中かなと想像してしまう。ローカルでも負けてはいられない。たとえお遊びで立ち止まっても、RODを握ったらボーズは回避したい。1個や2個のルアーを紛失しても、あきらめずに気長に粘る。また根掛かりか?いや掛かったが根に入り込まれた。ラインを緩め相手の様子を伺う。しばらくして根から離れたので直にラインを巻く。
ツナに負けない大物であったら笑いが止まらないが、比較するに値しないので写真撮影後は海に再び戻っていただいた。
2009/06/06

Author: saito (3:00 pm)
日時  6月6日 AM6:00〜9:00
場所  ティファナビーチ
釣り人 Saito
釣果  ヒラメ1 パーチ4

先週はショートヒラメしか釣れなかったので今週はどうしてもリーガルが釣りたいと思い、
ヒラメ狙いにしました。

朝6時に釣り場に着くと、先週とは違い、波が少し高い。
私にとっては少し波化があったほうが大物の実績があるので期待が持てる。
しかも今日は海草などの漂流物がないので釣りに集中することが出来るので気合を入れて釣り始める。

釣り始めて5分もしないうちに最初の当たり。合わせを入れると本命の引きが伝わってきた。
しかもはっきりとリーガルと分かる引きである。少し引きを楽しんでから浜にずり上げると、
「あれ、思ったより小さい。ぎりぎりサイズかなー。」というくらいのサイズでした。
計測したら24インチのリーガルヒラメ。




幸先よく1発目からリーガルが上がってノルマ達成。

気を良くして、「今日はあと何枚追加できるかな」などと思いながら釣りを再開する。

しか〜し、現実はそんなにうまくいくものではない。いくら粘ってもヒラメの当たりは最初の一回だけで
後がぜんぜん続かなかった。
小さなパーチを4枚追加しただけで、カミさんから「帰って来い」コールが鳴ったので
9時に納竿。




海の状態がいいので今のうちにまた行っておきたいです。
2009/06/01

Author: saito (7:05 pm)
日時  5月30日 AM6:30〜10:00
場所  ティファナビーチ
釣り人 Saito
釣果  ヒラメ3(ショート)パーチ10

朝5時半に起きる予定が、目が覚めたら6時を回っていた。急いで準備をして釣り場に向かう。
釣り場に着いて海を見ると、今年初めてくらいの凪状態である。
釣りをするのには楽であるが、釣れるかどうか心配な状態である。

準備をして釣り始めるが案の定、あたりがない。
苦戦しながら釣っていると南の方角にものすごい数のペリカンのダイブが始まった。
しかも岸から狙える距離で。ペリカンのダイブが少しずつこちらに近づいてきたので下には何か大物がいるのではと思い、
ルアーを投げてみる、しかし何も掛かってこない。せめてベイトが何かを知りたいのでメタルジグを付けて強引に引っ掛けてみる。
運よくひっ掛かってきたのは12センチくらいのイワシでした。ルアーのサイズや色を同じようなものに変えて
再度挑戦するがやっぱりあたりがない。
ペリカンのダイブが通り過ぎて5分くらい過ぎてからやっとあたりがあった。しかしヒラメの引きではなく
いつものパーチ引きである。上がってきたのは13インチのパーチ。とりあえず写真を撮ってリリース。




すぐにまた投げるとまたヒット。今度は本命の引きのようである。しかし手ごたえが全然ない。浜にずり上げると15インチのチビヒラメ。




その後もコンスタントにあたりがあり、リーガルにほんの少し足りない21,5インチを筆頭にヒラメ2枚、パーチ10匹ほどを追加することが出来た。




9時を過ぎて潮止まりになって、10時まで粘ったが当たりが来なくなったので諦めて納竿。

今回はベイトの回遊があり、魚の活性が突然上がったので運よく釣れたような気がします。
2009/05/03

Author: akiyama (8:14 pm)
日時  4−25−09  6:30〜10:00
狙い  ヒラメ
釣果  海風、波しぶきいっぱい  
釣り人 AKIYAMA


心地よい冷たさの波際での釣り?も時には良いものであった。
隣では山本氏が2〜3投目にして大きな当たり、大きな声が響きわたる。
先々調子の良い兆候で期待が高まる。大きくしなる竿、果たしてどれ程の大物と取り組んでいるのだろうか?朝一番で注目の的となっていた。
そろそろモンスターの姿が見れるところまで寄せてきていたようだが、一瞬にしてRODが真っ直ぐに戻る。その先は・・・・・・・・・。
1匹いれば周辺にはまだ2〜3匹がいる可能性が高いので、私もキャスティングに励む。飛距離を伸ばす為に多少は海水に浸かる事を覚悟していた。波が引く時、海原に駆け込むようにしてキャスティング。そこまではよいが波が寄せてくる時に逃げ遅れて下半身はオムラシ状態。それでも何か結果を出すまではと頑張る。しかし、途中は休憩を兼ねて他の人の様子をパトロール。
海風が心地好く身体を包む。サンセットビーチはSGNのヒラメ狙いトーナメント参加者が大半で、半ばは貸切状態であった。LA近郊で比較的にヒラメが良く釣れるビーチであるが、釣り人も含め人混みが少なく、穴場のポイントである。残り時間も少なくなり最後の勝負として頑張るが、結果を残すまでにいたらなかった。





2009/04/12

Author: opapi (7:50 am)
釣り場: Torrance Beach
狙い: 座布団級のヒラメ
日時: 4月12(日) 6:45〜8:45
釣り人: opapi
釣果: ショベルノーズギターフィッシュ 88cm

大潮の干潮で期待はできないものの、これからの本番に備えて練習と日頃の運動不足解消を兼ねてサーフ釣りに挑戦。沖にはBig Waveを待つサーファーがちらほら。

最初はミノーからスタートするも飛距離が稼げず、膝くらいの深さのところに投げるのが精一杯。10投もせずにジグに変更。よ〜飛びますな、メタルさん。サーファーに当てないように正面、右、左と投げてポイント移動を繰り返すが、これという反応がないので、アシストフックを装着、姑息にもその針にはサンドクラブを2匹掛けて投げまくる。

7時半を廻った頃だっただろうか、キレイなブロンドのおね〜ちゃんがボードを持って近づいて来る。目の保養も大切なので、見て見ぬ振りをしながら視線はお尻のTに釘付けでリール操作を怠っているといきなりガツンとした感触が竿先から伝わる。

砂浜なので根掛りはあり得ないので弛んだラインを巻き竿を立てると今までの経験のない魚信が伝わってくる。ピチピチした感覚じではなく、どちらかというと重いというだけ。懸命にゴリ巻きするがあまりの重さでなかなか陸に寄せられないので、打ち寄せ時に引っ張りラインを巻き波の力を利用しながら手繰り寄せる。すると波でもまれ、白い腹面が一瞬だけ見える。

えっ、ヒラメ?

いつもは勝負を急いでバラすことが多いので、ここからは更に慎重にライン操作をする。ターゲット捕獲まであと10mというところで縦に付いた尾ひれが見える。ヒラメじゃないのか? 一気に波が引いたところで獲物のところまで駆け寄りラインを持って浜に引きずり上げる。何と釣れたのはなんとも不思議な形をしたヒラメ。食べてみたい衝動に駆られるが、アンモニア臭がしそうだったので記念撮影後リリース。

これでサーフでの取り込みも経験できたし、あとは釣るだけとなりました。水温が2℃上がれば本格的に座布団狙いに行きます。
2009/03/15

Author: kenji (9:20 pm)
日時: 3月15日(日) 
場所: Redondo Beach
狙い: Halibut
釣り人: Kenji
釣果: Yellowfin Croaker 1本、Barred Surfperch 1本

やっと、SGNの名前どおり、潮のかおりがするレポートを投稿する事ができました・・。
さっきの投稿でレポートしたようにKern Riverでボーズをくらったので、その足でRedondo Beachに直行!
午前の部と午後の部でレポートするのは最近のSGNのトレンド、いやopapiさんの影響です(笑)
実は先週も夕まづめを狙ったがボーズ・・・・・orz もちろんレポートは投稿しませんでした。

参考までに先週のRedondo Beachの波の様子です。








そして今日も懲りずにRedondo Beachに参上。トレールライドで全身疲れまくりのはずだが、先週もフロリダ出張から帰って来てLAXから直でRedondo Beachで竿を振っていました。朝、東海岸のDaytona Beachから夕方には西海岸のRedondo Beachで竿を振ってる俺って結構、釣り○○かも。と思いながらひたすらキャスティング。40代でも元気モリモリです。(遊びは)

今日のRedondo Beachの波の様子です。



今日は有料パーキングの階段からアクセスし第三監視小屋付近から釣り開始。Jigをセットし、5投目でブルブルと久しぶりの魚信!ドラグが一瞬チッ!と鳴るが、強引に巻き上げ(なんせ久々なんで・・・汗) 途中で引きが弱まったので本命では無いなと思いながら波を使ってサーフにランディングしたのは良型32cmのYellowfin Croakerでした。








そう言えば、MX系が多い釣場の看板にYellowfin Croakerは食べないように、と看板を良く見かけたので記念撮影して海にお帰り願った。見た目、塩焼きにしたら美味そうなんだけどなぁ。
誰か食べた事ある人いますか?

このポイントは以前、リーガルHalibutを立て続けに3本釣ったポイント。引波の払出しがある一級ポイントです。今日はどうやら魚が集まっているよう。するとまたアタリ!今度のはちょっと小型の引きなのでパーチと確信。上がって来たのは、これまた塩焼きにしたら美味そうな24.5cmのSurfperchでした。ですが「Redondoの魚は汚染されてるから食べないほうが良いよ。」とScottに今日、聞いたばかりなので記念撮影をしてお帰り願った。色の違う鯛みたいで美味しそうなんだけどなぁ。
この魚も誰か食べた事ありますか?








その後も一度ヒットしたが、巻き上げ中に波にさらわれフックアウト、食いが浅かったようです。アタリも頻繁にあり久々に楽しめたし、今日も狙い目のHalibutは釣れませんでしたがヒロさん達と行ったDVLから続いたボーズからの久々の釣果で満足です。








【今回のタックル】

Rod:
QUANTUM CABO PTs CBIS70ML

Reel:
QUANTUM CABO PTs CSP30PTS(防錆ベアリング改)

Line:
Berkley Fireline 8lb + TORAY Solaroam SUPER HARD 14lb(柏木ノット)

Lure:
GALLOP C 30 +自作アシストフック
2008/12/01

Author: TOMO_M (4:33 am)
久しぶりに日本のレポートです。
shunsukeさんとの東京湾ボートシーバスのレポートを上げないうちに、自分の釣行記ですみません。

あとhatajiさん、幻の黄色い尻尾は日本の太平洋岸に回遊していたようです・・・

地元の愛知県は豊橋の浜でワラサ(Yellowtail)が釣れている!
そんな情報をもとに、平日に代休を取って釣りに行ってきました。
最近何かと食品で騒がれる中国への出張の代償として。

夜明けから2時間の短時間勝負。
砂浜に並ぶ40人くらいの釣り人。
その中で釣れたのはたった3人。そのうちの1匹をなんとか釣ることができた。
このために毎週末を過ごしていると言っても過言ではない最近。

ルアーを人より遠くに投げる。
ひたすら投げ続ける、巻き続ける。
あきらめかけた時に襲い掛かる衝撃!
走り出す魚、必死で耐えても止められない大物。
10分の格闘の末にやっと浜に上がる魚体。

このなんとも言えない、果てしなく長く感じる駆け引きの10分が快楽の瞬間。
この獲物に最大限の敬意を払って、美味しくいただく一杯の酒のひとときの幸福。

この時間のために、釣り人やっててよかったと思う。
しかし砂浜から60gのメタルジグを投げ続けてシャクリ続けるのは、かなりハードでした。
来年は日本でカヤックの釣りにも挑戦してみようかと。

美味しく酒に酔いながら、格好付けて書いてみましたが、要するに、狙い通りの魚が釣れて嬉しいんです。
今日はいい日でした。

しかし、今まこのエリアの遠浅サーフでこんな回遊魚が釣れることはなかった。
今年は異常だ。何か異変が起きている・・・温暖化??
2008/08/21

Author: beppu (12:58 pm)
釣行日  8-15-08  
場所   鹿児島 頴娃海岸
釣り人  別府 (手伝いクロエビス名人)
釣果   キス; 9匹 

今回は尊父の初盆のため日本に帰省中の2回目のレポートです。
薩摩半島独り占め クロ&キス のクロエビス名人に無理にお願いしキス釣りの手ほどきを受けた。
下記は彼のBlogに書いてある文章を添付させて戴きました。
San Diego
遠くアメリカ合衆国からのお客さん。
彼はアメリカ西海岸San Diego市在住の南カリフォルニアでの「ロングレンジまぐろ釣り?」の第1人者。(これは笑)
「キスを釣ってみたい。」の一念で私を訪ねてくれた。
現場に赴き、一通りのことを説明してから実釣。
やはりセンスがあるんだろうね、ポツリポツリだが結構釣ってる。さすがだ。

彼曰く、「あのプルンプルンはたまりまへんな〜。」「ハマッて当然やわ。」
キス釣りを理解、堪能してもらえてうれしかった。 

2008/08/18

Author: hataji (4:46 pm)
日時:8月14日(木)
場所:田舎のイケス料理屋
狙い:タコ、カワハギ他
釣人:ken725 & Hataji
釣果:Ken725さん:タコ*1 (計測前に調理場へ直行)
   Hataji: タコ*1 (イケス縁で脱走される…)

今年のお盆は親父の初盆に当たるのでKen725さんを連れて帰省しました。 
特にKen725さんは4歳の時に日本を離れ、その後2〜3度程帰省する事がありましたが日本のお盆の記憶が無いので、今回は良い経験になったと思っています。

ちなみに、日本に帰省中に上げられた皆さんの釣果レポートは今日(8/18)一気に読ませて頂きました。 
勿論その分、仕事が捗らなかったのは言うまでも有りません…(爆笑)
(全てのレポートにコメント出来なくてご免なさいね…)

さて、今回の帰省の計画をKen725さんに7月初旬に伝え、彼がバイト先の社長にOKを貰った後は何時ものNPスキフ釣行よりも綿密な計画を練りました。

Ken725さんは小さい時に爺様&婆様達から貰った日本円の小遣いを持っていたのでそれでルアー等を調達する計画です。 私はそのツアーコンダクター…(笑)

まずは、Shunsukeさんにお願いして、晩飯を食べながら『お勧めルアー』やルアー等を入れるのに便利な『お勧めボックス』を我々親子に教えて貰いました。
流石にルアー釣を長年続けていらっしゃるので、色々参考になりました。

Shunsukeさんには横浜近辺の『お勧めショップ』も数件教えて頂き、アメリカを離れる前にそのお店のホームページをプリントしてクリアファイルに入れて日本に持ち帰りました。 非常に助かりました。

又、HiroさんとMahaloさんからもメールで『お勧めルアー』の情報を流して貰いました。 有難う御座いました。
(Hiroさんからは『このルアー買って来て』のメールの方が充実していたかな??? 爆笑)



さて、限られた時間の中で我々親子が釣果レポートとして上げれる行動を取れたのは、高校時代の友達と田舎に出来たイケス料理屋で食事した時だけでした。 
これは昨年暮れにHiroさんが日本で行かれた座魚の田舎バージョンと言った感じですかな???

釣堀のイケスは、使わなくなった小型釣船に循環ポンプをセットして500円コース(タコやカワハギなど)と2,000円コース(ヒラス、長崎ではヒラマサをこう呼びます等)の2つのイケスが外に設置してありました。



タックルは昔懐かしい夜店の鯉釣の仕掛けを単にデカクしたタイプで、細い竹の竿に15LB程度のラインとtreble hookだけの物でした。

勿論でかい調理場の方にもイケスがあり、こちらは釣堀でなく程度の良い魚を泳がせてあり、「1匹幾ら」で買って、調理して貰うスタイルになっていました。

釣果は、Ken725さんがタコ1匹、私が“タコの脱走劇”に出くわしてしまいまい坊主でした…
私は釣堀代を払わなかったので仕方ないですが、恐らくAkiyamaさんに『え〜Hatajiさんは田舎でもKen725さんに負けたの?』と言われそうですね???(爆笑)

ま、今回も駆け足での帰省となりましたが、久し振りに田舎での精霊流しに触れる事が出来て良かったです。



ちなみに、今回横浜・東京で立ち寄った釣具店は実質2日半で延べ12軒になりました… Ken725さんは2日目の最後は『歩き疲れた』と悲鳴を上げていました。(へへへ)



釣果レポートに程遠い画像が満載ですみません…
2008/08/15

Author: shib (6:36 pm)
日時:2008年8月15日(Fri)
・場所:Sunset Beach 9:00-11:00
・船名:N/A
・釣人:Shib
・釣果:Short Halibut 20in x 1

ちょっとだけビーチに釣りに行ってきた。

仕掛けを作って一投目、何か引っかかったので、寄せてみると
ヒラメの白い腹が見えたので、ゆっくり巻いてきた。波に乗せて
引き上げると、リーガルには少し足らない様子。

一投目から釣れて来たのでかなり期待できるかと思い、釣り進んでいくが
その後2時間当たりも無かった、、、

朝方に満潮が重なる日に出てみたが、今日は波の高さ、タイミングとも
イマイチ釣り辛い日でした。一投目にかなり救われた、、、
でも、波の音聞きながら、大海原に向かってルアー投げていけたので
十分楽しめました。

そういえば、過去二回くらい一投目からヒットしたことがあったが、そういう日はその後は全くダメだったことを帰りのクルマの中で思い出した


2008/07/13

Author: keiichi (4:44 pm)
釣り場: マラガコーブ
狙い: ひらめちゃん
日時: 7/13 10am-12pm
釣り人: me and Author
釣果: 未成年ひらめちゃん X 4

先日マグロチャーターのラッフル景品でいただいた、Luckycraft社の高級ロッドを幾つかの物々交換をへて、僕が使わせていただけることに!今回は早く試したくて、アーサーを誘って、マラガでヒラメにトライ!。昨日潜った時には浅瀬に沢山ヒラメがいたので、釣れなければ、竿ではなく腕のせい(笑)


この竿は先調子で超軽い、でもグリップ周りもしっかりしていて、安心感も加わり、サーフからのヒラメにはバッチシのこのESGII871MHXF。ルアーはやはり景品でいただいた、Flash Minnow110 サバカラーでトライ。

2キャスト目でいきなりショートバイト!次のキャストではなんなく未成年ヒラメちゃんゲット〜。この緑系ルアーはマラガに沢山いる、スメルトのカラーに似ているのか、ショートバイトが連発。


次はケルプ沿いにキャスト、すると又バイト。今回も未成年ちゃんだったが、これだけよくヒットすると楽しいです。二匹リリースした後はさすがに連絡網が回ったのか、バイトが薄れる。


こんな時にはルアーチェンジという事で、古くなったFlashminnow130 American shadにマジックで点々を書き、鰯カラ〜ぽくしたミノーでトライ。またショートバイト!結構このカラーも人気のようです。数キャストすると、また未成年ちゃんがヒット。とま〜こんな感じで今日も楽しい釣りでした!これだけ微妙なショートバイト簡単に感じられるのも、良いブランクのお陰なのだろう。何回キャストしても疲れないから、どんどんヒラメサーフに行きたくなる竿でした! 


結局アーサーもショートバイトを連発、一匹未成年ちゃんゲットで今日は4ヒラメリリースという結果でした。楽しかったな〜 笑


Rod: Luckycraft ESGII 871MHXF 8.7ft 6-14lb
Reel: Shimano Stella AR3000
Line: Spectra 20lb
Leader: Seaguar Flourocarbon 25lb
Lure: Luckycraft Flashminnow 110 (SW) Saba
Luckycraft Flashminnow 130 American Shad
2008/06/13

Author: saito (4:20 am)
日時  6月11日PM6:00〜PM8:00
場所  ティファナビーチ
釣り人 Saito
釣果  ヒラメ2 パーチ1

仕事が終わる頃、カミさんから連絡があり、これから友人の家に遊びに行くとのことである。
このチャンスを逃すわけには行かないと思い、さっさと仕事を終わらせ、家に戻り準備をしてサーフに直行。

先週末は海が荒れていて海草が流れ込み、釣りにならない状態だったが今日はだいぶ治まってきたので
期待が持てそうである。(日本では海が荒れた後には座布団サイズが釣れる確率が高いようである。)

座布団サイズに期待をしてルアーを投げ続ける。・・・・しかし今日は全然あたりがない。
いつもならパーチが挨拶に顔を出すのだがパーチも来ない。
海が荒れていたせいでポイントがだいぶ変わってしまっている。でも海の状態は先週に比べて
美味しいポイントが増えている。たぶんそれで魚が散らばってしまったのかもしれない。

あちこちポイントを変え、ルアーを変えていろんなレンジを探ってみたがやっぱりあたりがこない。
まだまだ勉強不足だなと思いながらキャストを続けるが、時間ばかりが過ぎてだんだんとあせりがでてきた。

7時半、8時にはカミさんも帰ってくるので次のポイントが最後と思い移動する。
以前までこのポイントは実績が無かったが海が荒れたおかげで前より釣れそうな雰囲気に変わっていた。
足元近くでカケ上がっていてこれは釣れるかもと思いながらルアーを引いてくると足元でヒット。
5メートルくらい先でヒットしたので魚が暴れる前に浜にずり上げてしまった。
あっけなく上がってきたが魚体を見てリーガルサイズと確認できた。計測すると25インチであった。
やっと掛かってくれたので一安心してカメラに収めようとして電源を入れたらバッテリー残量がゼロの表示・・・。
慌てて1枚写し、これまた一安心。

本命を上げることが出来たのであと2,3投したら終わろうと思いルアーを引いてくるとまたヒット!。
これも本命の引きのようだがやはり近く(15メートルくらい)でヒットしてきた。
上がってきたヒラメを計測するとこれも25インチであった。
連発でリーガルを上げたので嬉しかったが、そのあとでちょっと悩んでしまった。カメラで写すことができない・・・・。
ヒラメ君には申し訳ないが家に持ち帰ってから写すことにした。

すぐそのあとにパーチ1匹(14インチ)追加して8時に納竿。

今日は条件は良かったのだがなかなか魚に出会えず苦労したが、土壇場でリーガル2枚と結果を出すことが出来たので
良い釣りであった。(まだまだ勉強しなくては・・。)

2008/05/20

Author: saito (10:30 am)
日時  5月17日AM6:00〜AM8:30
場所  ティファナビーチ
狙い  ヒラメ
釣り人 Saito
釣果  ヒラメ2 パーチ4


今年は海の状態が良くなかったり、4月は会社から1ヶ月の釣り禁止令(日本出張)が出たりして、
今年はサーフからまだ魚らしい魚を釣っていない。
今日は釣り禁止期間中に仕入れた道具を試すために、久しぶりにサーフに出掛けることにした。

AM5:30に起きて準備をして6時には釣り場に到着。海草が少し流れているが波も比較的穏やかなので
少しは期待が持てるようである。
しかし美味しそうなポイントには結構海草が流れ込んでおり、案の定、2投に1回は海草が掛かってくる状態である。

しばらく投げていたがパーチのあたりも無く、今日はだめなのかなと思っていたら、やっと本日はじめての当たり。
あわせを入れると少し小さいが本命の引きが伝わってきた。浜にずり上げると19インチのヒラメであった。
とりあえずヒラメの顔を見ることが出来たので一安心して写真を撮って海へお帰りしていただいた。
これで気を良くして更なるサイズアップを目指してキャストをするがなかなか次が続かない。

次のポイントに移動してやってみるがやはり今日は食いが渋いようである。
ぽつりぽつりと14インチくらいのパーチがあがってくるが、本命はあがってぐれない。
掛かってくるのは相変わらず海草ばかりである。

またポイントを移動して今日1番のポイントを見つけた。ここにはいるはずだと思い、ルアーの色を変え、
気合を入れてキャストする。
3投目、あたりがあり合わせると本命の引きである。そこそこ抵抗してくれるので、これはリーガルかな
と勝手に思い、慎重に寄せてきた。砂浜にあげてメジャーをあてると23インチであった。

まだこの場所にはいるはずだと思い、キャストを続けているうちに指先に痛みを感じるように
なってきた。
指先を見るとラインで指先が切れていた。今回、細いラインに取り替えていた為に切れてしまったのだと思う。
それとも久しぶりの釣りだったので指先の皮が薄くなってしまっていたのかも・・・。

傷口が広がらないうちに引き上げようと思い、型の良いパーチ1匹(15,5インチ)を釣ったところで8時半に納竿とした。


とりあえず今日はヒラメ2枚を上げることが出来たので指先の痛みも我慢することができました。
次回からはグローブ持参で行きたいと思います。



2008/04/26

Author: keiichi (4:52 pm)
釣り場: Sunset Beach
狙い: ひらめちゃん
日時: 4/26 8am-10am
釣り人: me and Author
釣果: 未成年ひらめちゃん X 1

Mizuさんのレポートを読んでいると...`「なぬ〜卍!」怠けてないすっよ〜!笑。という感じで挑発されたっすから、ひらめちゃんサーフに行ってきました。

道具は何が必要だっただろ?竿、リール、ライン、ルアー。久々で何を持っていいのやら 笑。ホコリをかぶっていた旧ステラAR3000にシーホークのシーバスロッドを引きずり出し、ラインのセットアップ。あれ?ビミニツイストってどうだっただろ?とま〜、やはり、怠けておりました 笑。

数時間かけ、ようやくセットアップ完了。いざサンセットビーチへ。アーサーの情報によると、二週間前に3匹のリーガルヒラメをフックアップ、一匹はゲット、他の二匹は大きかったため、水際でランディング失敗!って〜事はヒラメがいっぱいいるんでは〜!?

さっそく、5年前の購入した、どでかいタイドミノースリムをセットし、伝説のヒラメハンターXX氏が生み出した(笑)超スロー巻きでヒラメちゃんを探ってみる。干潮なので、少しルアーが底をつくが、このミノーだと丁度のようだ。

すると、あのズンと鈍い根がかりしたようなヒット!でた、ヒラメちゃんじゃないっすか〜。嬉しかったな〜、これこれ。やっぱヒラメサーフは楽しいっす 笑。

ど素人でも未成年のヒラメちゃんなので、なんとかランディング成功。計測すると20インチちょっと。ま〜小さいが、ルアーにヒットするとやっぱいいっすね〜。という事で今日の所は用事があったので、これで終了。またサンセット攻めに行こう。次回はリーガルゲットしたいっす



アーサーが先日釣った成年ヒラメの写真も証拠として貼ってみました 笑 サンセット、いますよ〜

(1) 2 3 »

当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved