サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 釣果レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6
釣果レポート - Entries for nogu152

Categories
Main : 



Most recent entries
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (4:48 am)
狙い: オパールアイ
日時: 2011/8/20
釣果: オパールアイ 48cm, 40cm, 35cm

夏でもオパールアイが釣れるんですね〜。
自己記録更新の48cm、夢のゴーマルには惜しくも届かず。
ココまでの大きさだと、もはや鯉か!?
画像で見ると40cmが小さく見える
夏の割りには、身の締まりもよく、久々の白身の刺身をエンジョイしました。
さて、今日は今シーズン2回目のSGNチャーター。
参加者全員がお土産確保出来ることを祈ります。

2011/07/24
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: nogu152 (4:43 am)
日時: 6月24日(金)〜6月26日(日)
船: Vagabond
釣果: Bluefin Tuna(34.5lbs)

レポート、遅くなってすんません。。
このところ出張続きで、まともに釣りも行けてない今日この頃。
ようやく予約が取れた1.5dayの日が近づいてくる。
嫌な予感を感じつつも、釣行の準備に取り掛かり始めた2週間前、
見事に出張とチャーターの日程が重なる…。チ〜〜ン…。
何とか調整した挙句、日曜日早朝にサンディエゴ港に到着後、
そのままサンディエゴ空港から出張という強行スケジュールが決定。
まぁ行けないよりマシかと開き直り、当日を迎える。

前夜から釣りの準備&1週間分の出張道具をそれぞれのバッグに詰め込む。
右手に釣り道具、左手に出張バッグの姿は、まさに釣りバカ日誌の実写版…。
もちろん、会社の位置的にも体格的にもスーさんの方ではない。
余計なことを考えながら、15時30分過ぎにLAを出発。
集合時間には少し遅れながらも港に到着。
キャプテンからの話だと、どうやら爆釣モードではなさそうな感じ。
それを聞いたところで、何か作戦を考えるわけでもなく、
ビールを1本飲んだらあっという間に爆睡。翌朝を迎える。

5時過ぎに起床して、あたりを見渡すが、相変わらずVagabondの行くところ
周りに船なしといった感じ。期待が高まる。
明るくなってきたところで、魚探に反応があったようで船が止まり、
今シーズン最初のマグロ釣りがスタート。魚見えないけど…。
とりあえず、ベイトを流してみるが反応なし。深いのかなと思い、
針の刺し方を変えて、ベイトを下に泳がせて見る。
すると、糸がスルスルと、しかしマグロではない反応がある。
何なのかわからず暫く待ってから、ラインを止めると、
本日最初のフックアップ!!でも反応がいまいち…。
そうこうしているうちにラインブレーク、60lbsのラインがギチギチ。
正体はサメでした。。。

その後、ボイルは見えるものの船が近づくと散ってしまうという悩ましい時間が続く。
ジグやらミノーやら色々と試してもみるが、どれも反応なし。
15時過ぎになり、だいぶボイルが見える頻度も高くなる。
突如船が進路を変えて向かう先に、この日の中では比較的大きなボイルが見える。
ボイルの動きが早いのは、近づく時点でわかっていたので、何となくこっちかな?的な感じで、魚の進行方向の少し先にベイトを流す。
すると、ラインがバビュ〜ン!!今度こそ間違いなくマグロのアタリ。
久々のマグロの引きを楽しみつつも、久しぶりのマグロ、
しかも初めてのサイズに2回ほど下に潜られてしまう。
何とか無事にランディングしたのは15分後、人生初のブルーフィン!!
しばらく手が痺れちゃいました…。
今回のチャーターの中では貴重な1本を頂くことが出来ました。

でも数分後に頭をよぎったのは、この魚どうしよ???オレ、出張だし
その後、ボイルはあるもののアタリはなく、今回のチャーターは終了。
結局、同行者の方々にマグロ&釣り道具を運んで頂き、本人よりも先に
自宅へご帰還&マグロは冷蔵庫で熟成されることに。荷物を運んで頂いて本当に有り難うございます。
そしてご本人は、魚の鱗がついたPoint Lomaのパーカーとハーフパンツ&サンダルという格好で、
東海岸へと旅立ったのでありました。隣に座った人は、さぞかし魚臭いと思ったことでしょう。ハイ、正体は私です。
1週間後、出張から戻った後に熟成されたマグロの味は最高でした。
お刺身やヅケ、あら汁も美味しかったです。

SGNの方々、スポンサーの方々いつもながらですが大変お世話になりました。
マグロが釣れている中で、皆さんの写真を取られたりとか、
とうてい自分には出来ることではありません。
今回も貴重な思い出に残る釣行になりました。
有り難うございました。

2011/06/04

Author: nogu152 (2:26 pm)
場所: DVL
狙い: バス
日時: 5/22 Sun
釣果: ナマズ 25inch x 1

ソルトとはご無沙汰気味の今日この頃。
Hiroさんと3回目の淡水釣行に行ってきました。
だいぶ道具の扱いや準備も小慣れてきておりますです。
天気はガスっていたものの、釣りにはいい感じ。

開始から30分くらいで、いきなりゴゴンとナイスなあたり。
しかも、結構重たい…。3回目にして夢のロクマル間近((((;゚Д゚))))
なかなか上がってこない。Hiro師匠がネットをもってきてくれる。
ん〜、でもやけに頭の振り方がやけに大きいような…??
徐々に魚影が見えてくるけどなんか黒い。
ここで横にきたHiro師匠、ネットを撤収。あれ???
「臭いから気を付けてね〜」の一言…。
上がってきたのは、真っ黒いナマズ(/ω\)

まぁ確かにロクマルですし、重量も申し分ないですが。。。
色といい、これまた自分にそっくりな体型といい、
なんだかテンション急降下↓↓
次こそは本物のロクマル釣っちゃるぞい。

2011/04/30

Author: nogu152 (12:18 pm)
場所: DVL
狙い: バス
日時: 4/17 Sun
釣果: バス 48cm x 1, 35cm x 1

初めての淡水レポでございます。
Hiroさんからのお誘いで試しにやってみようかと。
Catch&Eatがポリシーの自分としては、正直バスはちょっと…。
一生ご縁のない魚という感じではあったのですが。。。
結果はというと、はいコレ完全にハマりました (ノ ̄ー+ ̄)ノ)

いやいや、ここまで単純にハマるとは思いませんでしたよ〜。
あまりに単純な自分にびっくり。とはいえ、釣り方や道具の豊富さ、
その選び方や、テクニックによって釣れたり釣れなかったりという
ゲーム性の高さは、バス釣り特有の部分があるように思え、おそらく
ここら辺に魅かれたのかなぁと思ってます。

Hiroさんに連れて行って頂いたのは今回で2回目。
実は、家内も一緒で初釣り&初バスゲット。
夫婦で楽しませて頂きました。Hiroさん感謝です。
磯釣りと違って、家内や友人を誘って気軽に行けるところも
楽しさの1つかもしれませんね。

早くも家の中には、バス用のロッド・リール、雑誌類が着々と占領中…。
マグロ、メジナ、バス頭の中もパンクしそうなのが唯一の悩みです。
これからもバスやトラウトなど淡水の釣りにもチャレンジしたいと思います。
Hiroさん、いやHiro師匠(?)、ロクマルゲットまで
今後とも宜しくお願いします。

2011/04/30
Category: 釣果レポート : 

Author: nogu152 (11:38 am)
狙い: オパールアイ
日時: 4/16 Sat
釣果: オパールアイ 40cm〜45cm x 4

久しぶりのレポートです。
まずは、サンペドロでのメジナ。
産卵前でだいぶお腹がパンパン。まるで自分のお腹のような…。
まぁ、自分は産卵しませんが( ̄(∞) ̄)

そろそろ産卵が終わり、メジナの春シーズンも終了かも。
先週も磯に上がりましたが、木っ端ばかり。
そろそろ回遊魚の季節ですかねぇ。
今年もマグロと出会えるか!?
楽しみな季節になってきました。

2011/02/20
Category: 釣果レポート : 

Author: nogu152 (2:18 am)
釣り場: Redondo Breakwater
狙い: オパールアイ
日時: 1/30 Sun 7:00 - 8:45
釣果: オパールアイ 39cm x 1, 37cm x 1

レドンド繋がりのレポでもう1件。
駐車場代が$10に上がってから、遠ざかっていたものの
他に上がれる磯がなかったので、久々にBreakwaterへ。
7時前に到着したが、メキ系の方々が結構いらっしゃる。
天気も悪いのに、熱心な方々ですな…。

ちょうど真ん中あたりまで歩いたところでスペースが
空いていたので、釣り座を構える。っが、1時間反応なし。
少し奥側のメキさん達が移動したので、自分も奥へ。

だいぶ潮が引いていたが、手前のテトラの際を狙って
ゆっくり流すと、久々のヒット。結構重たかったが、
タモ網をもってないので、折れるの覚悟でブッコ抜き。
まずまずの39cmゲト。周りのメキさん興味深々
その後、間髪入れずに37cmゲト。こいつも苦労するが、
無理やり、ブッコ抜き。近くにいたメキさん全員集合
同じポイントを狙いたいらしく、周りでルアーやら何やら
色々な仕掛けが飛びまくる。なんじゃこりゃ!?
釣りづらいし、雨も降ってきたので退散した…。

2011/02/20
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: nogu152 (1:46 am)
日時: 1/22 Sat 13:00 - 19:00
釣果: Sculpin 30cm-35cm x 5, Sanddab 28cm x 2

週末は釣りに明け暮れ、気がつけば2月も半ば…。
ようやく今年初のレポートです。今週末は雨で釣りに
行けそうもないので、連載でたまったレポあげます。

まずは先日の新年会、貴重なマグロ釣り話も聞けて、
大変勉強になりました。いつもながら、主催者の
皆様に感謝です。有り難うございました。

今年はポイントランク1位目指して、色々な釣りに
チャレンジしていきたいと思いますので、宜しく
お願いします。

第一弾のレポは磯ではなく、船のレポ。
朝は磯でボーズだったので、憂さ晴らしにレドンドへ。
前半は近場でサンドバスを狙うもあまり釣果が伸びず、
その後、レドンドからLAX沖合いまで移動すること1時間。
ずいぶんと遠出しましたが、ここで良型のSculpinが入れ食い。
いやはや船長頑張りました。おかげで自分のボーズも回避
ついでに初のサンダブもゲット。思ったよりも大きい。

レドンドはオーナーが変わってから、なんかサービスが少し
改善されたような気がします。これから時間が余ったときには
ちょいノリ感覚で試してみようと思います。

2010/11/27
Category: 釣果レポート : 

Author: nogu152 (2:27 am)
釣り場: PV, M&W
狙い: オパールアイ
日時: 11/20 6:30-7:30, 11/25 6:30-8:30
釣果: オパールアイ 38cm x 1, 32cm x 1, 他20cmクラス

忙しいとは言いながらも何だかんだ磯には出てしまう今日この頃。
自分の釣りバカさ加減には呆れつつも溜まってしまった写真をアップします。
秋シーズンの開幕から本格的に釣れ出すタイミングが遅れていましたが、
ようやく良型のオパールアイが釣れるようになってきました。
先週はマラガ、今週はホワイトポイントでそこそこのサイズが釣れてます。
さらに脂が乗ってきて、美味しくなってきてます( ̄(∞) ̄)
さて、これから出張前に1時間だけ竿出してきます。

P.S. 今年はオパールアイ以外の釣りにもチャレンジしたいと思ってます。
   そろそろ、っていうか今更ながら淡水デビュー??


2010/10/23
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (5:39 am)
釣り場: PV, W
狙い: オパールアイ
日時: 10/16 Sat 7:00 - 7:45
釣果: オパールアイ 34cm x 1, 32cm x 1


今日は雨で、出撃出来ず
夏の骨折以来、久々のレポートでございます。
どうやら6月の1.5dayで釣りすぎてしまったらしく、
翌日に骨折、復帰後もボーズ続き。魚のタタリですね…。
とはいえ、秋の磯釣りシーズンに備えて、事前調査。

いつものポイントWに到着。案の定、誰もおらず…。
実は、1ヶ月前にも様子を見に来たものの、魚体の反応なし。
今日も期待せず、豆まき開始。ちょっと様子を見てから投入。
っと、一投目から24cmがヒット。シーズン1発目はやっぱ嬉しい。
それから、ポイントを探ること30分。海草が多くて、かなり苦戦する。
うまいこと海草の隙間に仕掛けが入ったところで、30cmオーバーのあたり。
そうそう、これこれ。春先からご無沙汰しておりました。
32cmゲット、さらに立て続けて34cmいただき!!
久々に楽しませて頂きました。刺身も美味かったす。

ちなみに翌日は同じポイントでボーズ。まだ数は少なそう。
これからもこまめにポイントチェックします。

2010/07/01
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (3:45 am)
釣り場: PV, W
狙い: オパールアイ
日時: 6/5 Sat 6:00 - 7:00
釣果: オパールアイ 48cm x 1, 40cm x 1

今週末の1.5dayの前にようやく時間が出来たので、レポートの整理=┌( ・_・)┘
バタバタしながらも、ほぼ毎週磯には足を運んでおります。
もはや今シーズンも終了かと思いましたが、駄目もとでいつものWに向かう。
っがしかし、餌となる豆を忘れてしまう。朝から豆探しのため、
セブンやらスーパーを探すが、手に入らず。
仕方なく、磯に生えている海草(緑色)を使うことに。
この海草、人からはおススメと聞くが、自分にはパーチの実績しかなく、テンション↓でとりあえず投入。
ポイントは丁度良い波と濁り、しいていうなら泡が多い。
30分ほどあたりなく、あきらめモードで遠くを眺めているとウキが消えている。
根がかりかと思いきや、仕掛けが暴れだす。遠くに流していたのでゴリ巻きで岩場に潜られるのを防ぐ。
上がってきたのは、今シーズン4匹目の40cm代。
海草での初めての実績に、テンションUP。続けざまに同じポイントに投入。
すると、今度はさらに大きいあたり。合わせた瞬間、ズシッとした感触。
日本から持ってきた安竿がキーキーいっとる。折れる寸前。
上がってきたのは、自己記録更新の48cm。
来シーズンには少し竿のグレードを上げた方がいいかも。

時間がたちすぎてしまったので、その他の釣果は以下のとおり。
6/6 Sun : オパールアイ 35cm
6/20 Sun :サーゴ 39cm, オパールアイ 25cm,木っ端多数

そろそろ今シーズンもオパールアイは終了の見通し。
秋口までお休みの予定ですが、6月でも十分な実績があったことから、
調査もかねて、時々磯には上がる予定です。
いよいよ回遊魚シーズンの到来。今週末の1.5day、お世話になります。
宜しくお願いいたします。

2010/05/08
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (6:29 am)
釣り場: PV, W
狙い: オパールアイ
日時: 5/8 Sat 5:30 - 7:30
釣果: オパールアイ 38cm x 1, 27cm x 1

先週は久しぶりに釣りをお休みし、2週間ぶりの釣行。
船釣りに浮気していた今日この頃。やっぱお金がかからず、食べても美味しいオパールアイが一番。
っということで、いつものポイントWに夜明けから出撃!
産卵シーズンで、このポイントが狙えるのは春先はこれがラスト。
気合いを入れて、暗いうちに到着したものの、誰もいない。あれ?っま、いいか。

透明度は高いものの、波も水温もそこそこのコンディション。
ポイントを探っていると、2投目で大物のアタリ!!
っが、なんと5秒でラインブレイク…。
日本から持ってきたシーガー製ハリス2号をぶった切るとは何ヤツ??
船釣りの浮気がたたったのかと思い、ちょっと反省…。

気を取り直して、あちこち探ること15分。再びナイスサイズのあたり!!
今度は逃がしませんぞよ。慎重にやり取りをすること数分、40cmクラスの魚影が水面近くまで見えてくる。
あともうチョイというところで、オパール君が執念のラスト突っ込み。
ぬぬぬっ!!竿の弾力を活かして、ギリギリまで粘るも、痛恨の針外れ…。
船釣りに浮気した自分がバカでした。オパールさんゴメンなさい。
夜明けの海に、魚にフラレたオッサンが一人立ち尽くす…。

その後、粘ること30分。久々のアタリ。しかし、今度はスレ…。
エラのところに針がうっすらと引っ掛かっている。完全に遊ばれてます。
満潮となり、潮の流れが変わりだしたところで、再びGoodなアタリ。
今度こそはお願いしますと、ぼそぼそつぶやきながら、慎重にやりとりを繰り返す。
手前の岩に入り込むところを、何とかやり過ごして無事に38cmゲット。
おお、まだ見捨てられてなかったよ。およおよ(涙)。

調子に乗りすぎはよくないので、早めに引き上げることにした。
小さい方はリリース、大きい方は卵を持っていないことを確認したので、
今晩のおかずになって頂くことにした。

2010/04/28
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: nogu152 (5:08 pm)
日時: 4/24 Sat 6:00 - 18:00
船: Sports King, L.A. Harbor Fishing
釣果: Sheephead 53cm, Bonito 43cm, 42cm, Whitefish 32cm, 30cm, Halfmoon 28cm

今回は会社関係の方々と3/4dayの釣行。先月と同じ船で、狙いはボニート!
でも、裏本命には前回仕留めたカタリナ産のオパールアイ 出来れば40cmUP!!
ということで、ボニート用のタックルと、サーフ竿に磯釣り仕掛けの2本を持参。

船は朝6時に予定通り出航、っと思いきやなぜか遅刻者をお迎えにUターン…。
乗ってきたのは、アメリカ人のオバちゃん
どうやら、環境の調査か何からしい…。
後に、このオバちゃんが災いをもたらすことになるとは知らず、船は2時間ちょっとでカタリナ島へ。

先月同様に船は、島の南東側の岸近くでボニートから始める。
今回は、船首のFishtankにもベイトを入れてくれたため、人の少ない船首からベイトを流す。
すると、1投目早速のアタリ。15秒近く待って合わせると、うまく針がかりした様子。
ん〜、前回よりだいぶ小さいが、一応ボニートゲット。
2投目は合わせに失敗したが、3投目で同じサイズをゲット。
2匹目のチビボニートを釣ったところで、初参加となる同行者の方のフォローに回る。
サイズは小さいがボニートの数は多いようで目の前までボニートがチェイスしてくる。
でも、なぜか喰いがいまいちで、ベイトをくわえるが喰わない。渋い…。
っと思いきや、うまく沖に流していた初参加の方のベイトにアタリ。しかも結構デカそう。
自分の竿は置きっぱなしに、ドラグの調整やら余計なお節介をすること15分、ナイスサイズのボニートが顔を出す。
すぐにスキッパーを呼んで、ギャフでランディング。羨ましい&美味しそう

その後、船は目の前に見えるボニートを早々に諦め、なぜか底物狙いへ…。
ん〜、もうちょっとボニートやりたかった。自分、根魚興味ないすから…。
この展開を予想していた自分は、船首でひとり第2本命用の仕掛けを準備。
サーフ竿にウキをセット、ガン玉は5つ、ハリスは2号で赤チヌ針。
餌は前日に購入したゴーストシュリンプ。船からウキ釣り開始!!
水中にはパーチらしき魚影。ケルプの近くへ遠投。磯釣りモード全開っす。
すると、さっそくメジナっぽいアタリ。しか〜し、上がってきたのはハーフムーン。
この後も、同じ方法で狙うが本命のメジナは顔を出してくれず。
やっぱ、今度はカタリナに渡って磯からじっくりやろうかな??
ということで、やることがなくなったのでボニート仕掛けをそのままに6ozの錘をつけて、ドボン!!
それほど時間もかからずにWhitefish2本をゲット。カタリナの魚影の濃さを実感する。

いよいよ後半戦となり、カタリナの少し沖合いに出て、本格的な底物狙い。
個人的には微妙なテンションだが、今回はイカではなく、サーディンを使ってもOKということなので、ベイトをつけて一気にドボン!!
ちょっと沖に出ただけなのに結構深い。深〜い。深〜〜い。深すぎる???
あれれ、何か変ですよ。着底したかのような感じはあったものの、そこからラインがシュルシュルと!?
ラインを止めて竿を上げる。およっ、根掛かりですか?
いえいえ、魚です。ず〜んと重たく、下に食い込みます。しかも強い。
っていうか、結構凄い手応えです。魚が頭を振ると、抑えるので手一杯。
すいません。底物興味ないとか言ってた自分がアホでした。メッチャ楽しいす
っていうか、80mくらい下からこのファイト、すでに息が切れてます。

すると、突然ここで調査員のオバちゃんが横からニュルッと登場。
釣り人への実地調査だそうな…。でも、なでにいま??
人生初の大型根魚とファイトしながら、突然の質問攻め
「お住まいはどちらですか?」、「郵便番号は?」、「どれくらいの頻度で釣りに?」、「お名前は?」
息も絶え絶えの中、容赦ないオバちゃんの執拗且つ冷淡な質問攻め…。
なんでしょうこの感覚…。
自分の中で最も楽しいひと時を、全く予想もしない突然の出来事に振り回される感じ。
言葉も出ないとはまさにこの状態…。無我夢中でリールを巻きつつ、質問に答える。
ようやく質問が終わり、オバちゃんは別な人に移動したところで、海面にドプッと魚影が浮かぶ。
駆けつけたスキッパーのギャフで無事にランディング。うっしゃー、デカSheepheadゲット!!
果たして、あのオバちゃんは釣りの女神、はたまた悪魔??
オマケに人生初のジャックポットを頂いたところを考えれば、やっぱり女神なのか!?
あのオバちゃんの謎は深まるばかり。
とにかく思い出に残る釣りでした。

2010/04/11
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (8:52 am)
釣り場: PV, W
狙い: オパールアイ
日時: 4/11 Sun 6:30 - 8:00
釣果: オパールアイ 38cm x 1, 35cm x 1, サーゴ 20cm x 1

昨日、目の前で釣られたオパールアイが悔しくて、
同じポイントへリベンジ!!んが、家の前のガレージに
保管してあった磯竿の先端が折れとる。なんで〜??
いきなり泣きそうな気分になりつつも、日本から持ってきた
予備竿に仕掛けを切り替えて、取り合えずポイントに向かう。
昨日と同じく、条件はそこそこ。少し透明度が高いくらい。
満潮の時間が昨日より遅いので、先端の岩場に釣座を構える。
昨日よりも泡が少なく、釣りやすい。

新品の竿なので、竿の感触を確認しながらの1投目。いきなりウキがズボッ!!
昨日とは違う本命&良型のアタリ。ん〜、これですこれ。岩に突っ込むこの引きです。
このサイズになると、竿のアタリだけで、確実に30cmUPであることがわかる。
上がってきたのは、38cmのオパールアイ。お刺身確保〜

更に、直後の2投目!またまたウキがズボッ!!
今度もナイスサイズ。上がってきたのは35cmのオパールアイ。

安物とはいえ、実に縁起のいい竿。こんなこともあるものです。
竿の身になってみれば、はるばる日本から空輸されて、いきなりのデビュー戦。
さらに心の準備が出来てないまま、いきなりの2連荘。
お陰で、2投だけで竿の特徴がよくわかりました。
十分楽しめたので、いつもより早く撤収とした。
さて、折れた竿の修理しよう。

P.S. Taekoさん、せっかくの1位、ゴメンなさい。

2010/04/11
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (8:23 am)
釣り場: PV, W
狙い: オパールアイ
日時: 4/10 Sat 6:30 - 8:30
釣果: Calico Bass 37cm x 1

船釣りでオパールアイを釣ってしまってから、磯に嫌われたのか
先週は完全にボーズ…。今週もあまり期待せず、とはいえ朝5時には
ぱっちり目が覚めてしまい、PVのWへ出撃!!
ポイントに到着すると、水の濁りもよく、水温も問題なし。
波が少し高いため、ウキが見えにくい点を除けば、久々の好条件。
いつものポイントが水没寸前で、まだ満潮前なので、
安全を考えて、手前の磯から遠投で攻める。

一投目、思ったよりも潮の流れが速く、仕掛けが落ち着かない。
錘を1個追加し、ガン玉4つでドスンと仕掛けを落とし込む。
水面が砕けた波で泡だらけで、ウキが見えにくい状態だったが、
水中にウキがスッと消しこむのを確認。ばっちし合わせる。
いつもよりもちょっと重い!でも、いつもとちょっと違うアタリ。
なんじゃこりゃ??
上がってきたのは、手頃なサイズのサンドバス…。
ん〜、悪くないけど、オパール欲しいんですが。

気持ちを入れ替え、ポイントを探っていると、K系磯釣り師の方が登場。
水没寸前の手前の岩場にサッと入られる。さすが、逞しい。
すると、開始早々ナイスサイズのオパールをゲットされとる。
おれ、何やってんだろう。意気消沈…。
どうやら、豆とは違う海藻のような餌を使われている。なんでしょう?
その後、しばらく粘ったが、アタリが止まったので早めに撤収した。

2010/04/03
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: nogu152 (4:44 am)
日時: 3/27 Sat 7:00 - 18:30
船: Sports King, L.A. Harbor Fishing
釣果: ボニート61cm, 38cm、ホワイトフィッシュ 34cm, 31cm, オパールアイ 34cm

カタリナ島でボニートが釣れ始めている情報をキャッチ!
カツオの刺身が食べたくて、今年初の船釣りに行ってきました。
(先月ボーズだったイカ釣りは記憶の底に封印…。)
前日までのカウントを見ると釣れたり、釣れなかったりなので、
最悪ダメなら帰りにサンペドロでお土産調達と思って、
オパールアイの道具と餌もバッグに突っ込んでおく。

朝7時にサンペドロを出航。釣り人は自分も入れて20人弱。
これくらいの人数なら、混むこともなく非常に釣りやすい。
船は2時間ちょっとでカタリナ島周辺に到着。どうやら島の南東側で
釣りを始めるらしい。それにしても、岸から非常に近い。
こんなとこに回遊魚がいるのか?と半信半疑でベイトを流す。
すると、開始して5分程度で船で最初のボニートが上がる。小さい…。
やっぱこの時期はこのサイズなのかと諦め、出来る限り小さいベイトを使う。
しかし、しばらくすると、いいサイズのボニートが釣れ始める。
俄然やる気モード全開!!
新しいベイトでとにかく遠くへ泳がす。すると、いきなりラインがビュ〜〜ン!
そうそうこの感じ。興奮しながらもしばらく待って、あわせるがスッポ抜け。ありゃ?
ベイトのお腹には、歯型がくっきり。その後も2回同じパターンが続く。
どうやら、かなり食いが渋いらしい。

アタリがとまったので、船はカタリナ島の東側の岸近くに移動。
まだまだやる気モード全開で、デカめベイトでとにかく沖へ流す。
船から80mくらい沖に流したところで、本日4回目のヒット!!
今回は逃すまいと、ゆっくり待つ。ひたすら待つ。
隣りのオッチャンが、まだ?という目で見るが、関係なし。
もうそろそろベイトを飲み込んだろうというタイミングでラインを止める。
うっしゃー!久しぶりのボニートのアタリ。大きくはないが、ソコソコのサイズとお見受けした。
ちょい緩めのドラグ設定で楽しみながら、上がってきたのは61cmのボニート。
ごっちゃんです!!
この船は冷蔵庫がないので、出発前に氷を買ってサックにいれておけば、
鮮度よくお魚をキープ出来ます。とにかく今日は刺身を食べたいので。

午後になり、チビボニートを追加するが、船長曰く底物に変更するとのこと。
一応仕掛けも底物に変更して、ホワイトフィッシュを追加するが、
やっぱボニートが欲しい。一人で船首に行き、泳がせに変更。
っが、底物のポイントにボニートの反応なし。ひたすら時間が経過する。

いよいよラストチャンスとなり、船はカタリナ島周辺の小島に移動。
水深は非常に浅く、海藻の間から色んな種類の魚の顔が見える。
じ〜っと、魚を眺めていると。んっ!オパールアイ発見!
チャラララッチャラ〜ン♪必殺兵器のグリーンピース登場!!
ダッシュで40lbsのハリスを2号に変更、チヌ針を取り付ける。
道糸が太すぎて沈まないのでガン玉6つを取り付けて、即席オパール仕掛けの出来上がり!
1投目、アジ。2投目、サバ。ここはKHの桟橋か??
そして3投目、キターーーーッ。最初のアタリでオパールアイを確信。
SALTIGAのロッドでオパールのアタリを存分に味わってから、
ハリスを掴んで魚をぶっこ抜く。34cmのオパールアイ、ごっちゃんです。

ボニートとホワイトフィッシュ、まさかのオパールアイをゲット出来たので十分満足
今度は船に磯竿もってきます。

2010/03/07
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (5:20 am)
釣り場: PV
狙い: オパールアイ
日時: 3/6 Sat 6:30-8:30
釣果: オパールアイ 31cm x1, 25〜29cm x 4

会社で蔓延している風邪が伝染ったらしく、前日から声が出ない…。
でも、久しぶりに波も静かだし、潮風で喉を癒せばきっと治る(かも?)…。
ということで、だるい身体を無理やり起こして、PVの例の場所へ出撃。
多少のウネリがあるが、一番左端で何とか竿を出せそう。
長い長い崖をヘビが出ないことを祈りつつ、ゆっくり下りる。

時々、かぶる波を避けながらポイントを探る。
思ったより潮の流れが速く、潮位も低いため、開始30分で仕掛けをロスト。
こんなことなら来るんじゃなかったと思いつつ、ボーズで帰りの崖を上りたくないので、もうひと頑張り。
更に15分ほど経ったところで、潮の流れがおさまり手前のポイントで仕掛けが落ち着く。
っと、ウキがスーッと入る。バッチシ合わせるといい感じに竿をしならせる。
水深があるので、それなりのサイズはじっくり楽しむことが出来る。
更に、タモの練習もかねて、日本から持参したタモで無事ゲット!
その後、25cm〜29cm台までを4匹、35cmオーバーのサンドバスを手前でバラシ。
最後に30cmのセニョリータが釣れたところで、終了。
短時間で楽しませて頂きました。

帰りに崖を上っている際に、思いっきり転倒。
足が傷だらけになってしまった(涙)。
皆さん、安全には気をつけましょう。

2010/02/20
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (4:29 pm)
釣り場: BW
狙い: オパールアイ
日時: 2/15 Mon 6:30-8:30
釣果: オパールアイ 46cm x 1

Clutch-zeroさんのレポートに触発され、Breakwaterに出撃。
ボーズ続きなので、とにかく魚が欲しい今日この頃。ちょいネガティブモード。
家を出た直後にタモを忘れたことに気がつく。
ま、どうせ今日もボーズだしっと思い、そのままGO。
後に、これが災いをもたらすとは知らず、いざBWへ。

駐車場から岩に上がると、波、超高し。こわ〜。
でも、先端の方に磯釣りらしき先客が。逞しいですね…。
ということで、一応釣り可能という判断にして、
恐る恐る岩場を歩きながら、ポイント探し。
先客のいらっしゃる先端まで歩くのはしんどいので、
中腹あたりにポイントを定める。
一応、15分くらい波を観察して、万が一の逃げ場所も決めてから釣り開始。
案の定、波が高くて釣りづらい…。

豆を撒くこと一時間。仕掛けをちょこちょこ変えるも反応なし。
え〜い、こうなりゃっと思って、ガン玉4つにウキ下竿1本ちょいで急速潜行!!
すると、1投目でウキがズボッ。あら、根掛かり?
っと思いきや、そこからズズズッと竿を引っ張っていらっしゃる。
しかも今までにない重た〜い感触。何ですか?これ??
でも、感触からすると、いつもの木っ端を2倍、3倍にしたようなぁ?
あれ、ってことはデカグレじゃないですかぁ??
なんて自問自答を繰り返すうちに、波の谷間から本命さんの影が。うわ、デカー。
だいぶ楽しませてもらってから、確実に40cmアップのグレさんが顔を出す。
さて、ここからが大変。タモがない…。
近くまで寄って、ラインを掴もうとするが、高い波が押し寄せ、非難。
そのたびにラインが緩み、グレさんが水面下に潜って岩の間に。
これを引っ張り出し、またラインを掴もうとするも波がざぶ〜ん…。
波に合わせて、岩場を登ったり下りたり、ようやく何回目かに、波にのっかったグレが平たい岩にうちあげられる。
ここぞとばかり、ダッシュで岩のしたに下りてキャッチ!!
LAの磯釣りを始めて1年ちょい、初めての40UPゲットー(涙)

家に帰って、大きさを測ると46cm!!文句なしの自己記録更新。
このところ釣れない日々が続きましたが、粘った甲斐がありました。
刺身も美味しく、ダシは味噌汁にしたら最高でした。
これだから、釣りはやめられないす。

2010/02/14
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (4:20 am)
釣り場: PV
狙い: オパールアイ
日時: 2/13 Sat 6:30-9:00
釣果: オパールアイ 26cm x 1, 他スメルト

朝5時から目が覚めてしまい、道具の手入れをしてからMへ出撃。
1月末のストームでだいぶ地形が変化しており、釣り場が限られる。
先月まではどこでも釣りが出来たのに、小さな小石は海にもっていかれ地形が変わり、目印にしていた岩も左側に移動、自然の力は凄いものです。
っと、思いながらも結局いつものポイント近くで、岩の上にのって実釣開始。

スタートから1時間アタリなしの沈黙状態。
お魚さんも居なくなってしまったのかと萎え始めたところで、ようやくアタリ。
海藻かと思いきや、上がってきたのは、ワカサギサイズの小型スメルト。
小振りなくせして、臭さだけは一人前。さすがですわ…。

諦めずにスメルトをやり過ごしていると久しぶりのまともなアタリ。
木っ端かと思いきや、それなりに楽しませてくれる。26cmゲット!
さて、ここからと思いようやく本腰を入れるが、その後続かず。
岩に引っ掛かった仕掛けを取りに行く際、見事に膝まで水に浸かり、
寒くなったので終了とした。ん〜、渋い日が続きます。

2010/01/30
Category: 釣果レポート : 磯釣り : 

Author: nogu152 (3:20 am)
釣り場: PV
狙い: オパールアイ
日時: 1/24 Sun 16:00 - 17:30
釣果: オパールアイ 37cm x 1, 30cm x 1, 20cm〜28cm x 6

先週はSGN新年会、色々とお世話になりました。
貴重なお話をたくさん伺い、非常に楽しかったです。
今年も一年間、宜しくお願いいたします。

さて、新年会の釣り談義で高まったテンションのまま、翌朝はBreak Waterへ。
んが、前週から続く高い波と時々押し寄せるウネリで波を被り、テンション↓
波で釣りにならず、仕掛けを2回ロストしたところで、あえなく終了。

年があけてから、まだいいサイズのメジナに出会えず、あまりに不完全燃焼のため、
夕方に散歩と称して、家内を連れてWへ。勿論、竿と豆を持っていく。
釣り場に着いてみると、大荒れの波にも関わらず、K系の方々約6名。
いつものワンド側には、4名の方が密集していらっしゃる。
ひょっとして、Clucth-zeroさん?

波の高さと人の多さで、ポイントに入れず、超手前からワンドの左側に流す。
っと、2投目あたりから、25cm〜28cmクラスがコンスタントに釣れだす。
半ば諦めモードの時に、予想外のポイントで魚が釣れるのは結構嬉しい。
そうこうしているうちに、夕マヅメのスペシャルタイムに突入!!
団体さん4名のうち1名が40cm近いメジナを1枚あげる。
羨ましげに眺めていると、自分のウキもズボ!!
ん〜、なかなか上がってこない。久々に良型のアタリを存分に楽しむ。
たっぷりと遊ばせて頂き、上がってきたのは37cmのメジナ
いや〜、もう自分には魚が釣れないと思ってましたよ〜。
久々のメジナ、久々の刺身ゲットに我ながら感動。

と、余韻に浸っていると、奥にいた団体さんが確実に45cmはあろうかという、
巨大なメジナをゲットされとる。でか〜〜。こんなのここにいたのね…。
嬉しい気持ちと悔しい気持ちが入り混じる中、暗くなったので終了とした。
久々に魚が釣れたから、まぁ今日は合格。でも、40UP絶対釣っちゃる。

2009/12/25
Category: 釣果レポート : 

Author: nogu152 (8:31 am)
釣り場: PV
狙い: オパールアイ
日時: 12/25 8:00 - 9:30
釣果: サンドバス 35cm x 1, オパールアイ 28cm x 1, 25cm〜15cm x 10

昨日と同じく、PVへ出撃!!昨日よりも波が高い…。
新たなポイントを開拓するため、昨日とは違い右側へ入る。
かなり波が高いので、入れるポイントは極僅か。そこでも時折波を被る。
後ろで15分ほど観察し、用心して釣り場に近づく。
んが、今までにない大波が足元からバッシャーン。
岩にしがみついて落ちずにすんだものの、バケツ喪失…。
こんな自分が言うのもなんですが、皆さん釣り場の安全には十分気をつけましょう。

少し左側の安全なところに移動し、釣りをするも波が強すぎ仕掛けが落ち着かず。
自分自身も波が気になり、釣りに集中できず。昨日のポイントに戻る。
ここも波を被っているので、最も手前のポイントで竿を出す。
かなり浅いように見えるが、赤い魚が行ったり着たり。
生命反応はあるので、とりあえず試すと木っ端が釣れ始める。
大きな波が引くときに地形を確認。岩の隙間にメジナの気配。
ポイントに仕掛けが入ると、かなりの確率で20cm前後のアタリがある。

豆を撒きまくり活性を上げると、小振りながら入れ食い状態。
これが30cmオーバーなら楽しいのにと思っていると、いいアタリ。
岩場だらけなので、遊ぶことなく一気に上げると35cmのサンドバス。ありゃ?
メジナのサイズアップはならず、波も高くなってきたので終了とした。
帰りの崖は足が棒になり、かなり時間をかけてしまった。
明日はWにしとこかなぁ。

(1) 2 3 »

当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved