サイト内検索 
HOME ACCOUNT FISHING REPORT   FORUM   BBS   DERBY   LOGOUT   高度な検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
SGN ダービー
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 釣果レポート を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4
釣果レポート - Entries for Hiro

Categories
Main : 



Most recent entries
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:47 am)
日時: 7月31日(日)
場所: Outer Banks(115〜130 Mile Range)
船: Outer Limits
狙い: Bluefin Tuna、Yellowfin Tuna、Yellowtail、Dorado
釣り人: Asahi Fishing Clubのメンバー22名
釣果: Yellowtail x 2

去年の3月以降に良くつるむ様になったD氏、Y氏、T氏、S氏、皆さんAsahi Fishing ClubというSGNとは別の釣りクラブのメンバーである。
Asahi Fishing Club(以下、AFC)も夏にチャーターをやっているが、去年は4 Daysなどとスケジュールがバッティングしていたため不参加に終わった。
今年は4 Daysとも1週ずれとSGNのチャーターと1週ずれと、上手い具合にずれている
しかも、D氏は帰任を直前に控えており、数ヶ月前にD氏から電話があり「ひろさん、チャータースケジュールが決まったからひろさんの予約も入れておいたよ・・・」と、強制(?)参加 ^_^;
4 Daysから戻った翌週とちょっとタフなスケジュールではあったが、顔馴染みも多いグループなので楽しみにしていた
が、コンディションがどうも・・・

土曜日の夕方、タフコン覚悟でタックルを車に積み込み、Yoidore氏と友人のN氏と3人でSan Diegoへと向かう。
現地に着くと船の戻りが大幅に遅れているが、チャーマスのN氏が宴会の準備までして下さってて、宴会をしながら船の戻りを待った
船が戻り、荷物を積み込み、Dockを離れる。
今回は1.5 Daysのため、今年の定番スポットへと向かう事となった。

前回の4 Daysの最終日の午前中を思い起こさせるパターンで、喰ってくるのはKelp Paddyに付いてるYellowtail。
Outer Limitsは初めて乗ったせいか、パターンが読めない事もしばしば・・・
ボートがKelpに寄せたと言うので、定番通りベイトを着けて風上へ行くが、肝心要のKelp Paddyが見付からない・・・
Deck Handがチャムを投げ始めるのが見えたため、取り敢えずは風上へベイトを投入。
どうも、食い始めるのに時間が掛かるらしく、私のロッドを含め3本のロッドがしなる
ちょうどその頃、Sternの横からKelpが見えてきた・・・
そう、風向きが逆だったのである・・・
そのため、YellowtailがKelpへ逃げるというよりも、Yellowtailとの間にKelpが流れて来た格好となった・・・
当然、Kelpへ逃げられて朝一から痛恨のブレーク
同時に掛けたお二人も、残念ながらブレーク。

Kelp Paddyに着いてるYellowtail、ベイトで誘っても暫く喰ってこない事が多い。
それでもKelp Paddyを見付けてはベイトを投入し続けて、昼頃にはそこそこの型のYellowtailをGET
夕方近くになり、良いサイズのKelpがあり、バイトもあり、Kelpへ逃げ帰るYellowtailであったがなんとかKelpの手前で止める事に成功!
一応、慎重に浮かせてLandingしたが、この時点で「あと1時間ちょっとあるからもう1本狙えるかな・・・」と思っていたが、意外にもこのスポットで納竿となった。



というのも、目下11連敗のA氏、私が2本目をLandingしたその瞬間、バイトがあったのである。
周りで「マグロか?Yellowtailか??」と期待をしていると、なんと、魚が思いっ切り水面から飛び跳ねているではないか。
そう、この土壇場で、11連敗中のA氏はStriped Marlinを掛けたのである。
30lbのタックルからラインはギリギリと音を立て、ドラグも唸る。
そのファイトは1時間半近くにも及び、A氏の連敗記録は遂に11で止まる・・・・と期待されたが、最終的に12連敗となった・・・^_^;

【今回のタックル】

Daiwa Saltiga 20 + Shimano Teramar 80M + Izorline Spectra/Izorline Mono 15lb/Seaguar Fluorocarbon 15lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + Shimano Calcutta 80M + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 20 + CalStar 6460XH + Izorline Spectra 60lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jigging + Izorline Mono 40lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
Shimano Stella 20000 + ufm Ulua 962EH + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:39 am)
日時: 7月23日(土)
場所: Outer Banks(130 Mile Range)
船: Vagabond
狙い: Bluefin Tuna
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Bluefin Tuna x 3、Yellowtail x 1、Dorado x 1

夜中にSan Martin IslandでのCalico釣りを楽しんだ後、再度床に付き、朝には130 Mileレンジに戻っていた。
前日まで釣ってたエリアよりも少し南側にいたせいか、朝の内はKelpにある程度魚がついている。
ここでYellowtailとDoradoをGET
少しずつ北に向かっているらしく、昼前以降はKelp Paddyを見付けてもお留守ばかり。
その代わりと言わんばかりにマグロの群れに当たる頻度が増えている。
周りでは40lbくらいのBluefinも上がったが、残念ながら私には小さ目のが3匹喰って来たにとどまった。



【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 12 + CalStar GF700M + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb
Shimano Tiagra 50 + CalStar BT6460XH + Izorline Mono 80lb
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:34 am)
日時: 7月22日(金)
場所: San Martin Island
船: Vagabond
狙い: White Seabass
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Calico Bass x 5(キープ分)、Spider Crab x 1(リリース)

夜も更けてからSan Martin Islandに着き、MikeやGordonがイカを大量に調達する事が出来、そのまま島周りにKelpが深く生えてるエリアにSternを向けてアンカーを打った。
White Seabassを狙ってJigにイカを付けて落とすが、ちっとも食わない
周りでCalicoが釣れ始めたため、タックルを換えて思わずCalicoを狙ってしまう
すると、これがまた結構楽しい
良い型が結構釣れるため、明らかに一目で15インチを超えてるの以外は全てリリース。
図に乗ってるとしこたま重いのが掛かり、上げてみるとSpider Crab・・・



4匹キープしたところで「ガツン!」とかなり強い当たりがあった
「え、25lbラインなのにCalicoでドラグが出るか??」と思いつつ巻き続けると、やはりYellowtailの引きではない
水面に浮いた瞬間、あまりにも顔がデカく、一瞬小型のGrouperかと思ってしまうほどのCalico(15lb)が出てきた




【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jiggin + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb

Calico 26” + 20”
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:31 am)
日時: 7月22日(金)
場所: Outer Banks(130 Mile Range)
船: Vagabond
狙い: Bluefin Tuna
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Bluefin Tuna x 1

翌日、再度Bluefinを探して130 Mileレンジを彷徨う。
前日よりもコンディションは落ちて、全体的に活気も薄れてしまう。
Kelp Paddyを見付けてはベイトを投入し、群れを見付けてはベイトで誘うがなかなか喰って来ない。
この日は前日と同じくらいのBluefinをなんとか1匹釣る程度で終えた。
ボートはそのまま移動して、San Martin Islandへ移動して、夜中にYellowtailを狙う事となった。



【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 50 + CalStar BT6460XH + Izorline Mono 80lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jigging + Izorline Mono 40lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
Shimano Stella 20000 + UFM Ulua 962EH + PowerPro 80lb/Varivas Shock Leader
2011/08/27
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (8:28 am)
日時: 7月21日(木)
場所: Outer Banks(130 Mile Range)
船: Vagabond
狙い: Bluefin Tuna
釣り人: Saltgame.netメンバー7名を含む13名
釣果: Bluefin Tuna x 3

多くの釣り仲間と「今年もマグロの北上が遅いねえ・・・」という会話が何度出たことか。
また、「今年はBFT(Bluefin Tuna)が多く回遊してきてるものの、なかなか喰わない・・・」という会話に変わった
そして、例年との一番の違いはちっともALB(Albacore)が姿を現さない

そんな中、今年一番のイベントである4 Days Tripの出航を7/20(水)に控え、問題が続出!
前の週、仕事で担当している一番大きなユーザーからRFP(入札)が出されたのである
しかも、客との打ち合わせが出発当日・・・
その上、船側からは「人数が大幅に不足してるためにキャンセルになるかも・・・」との連絡もある
この話を事前にしたD氏やT氏は「ああ、ライン交換をする気が失せるなあ・・・」などと非常に落胆的なコメントもあり。
僕自身も二重苦のまま準備だけは進めていった。

出航前の週末になり、船長からキャンセルの連絡がない。
となると、Tripとしては出る確率が高い・・・が、僕がキャンセルになると一体どうなるのかな・・・^_^;
出航2日前の夜中の11時、NYの直属上司からメールが届き、ようやく休暇の承認が出た!
この話を事前にほのめかしていた同僚のエンジニア(RFPも一緒に担当)に、早速翌日(出航前日)に休暇が決まった話をしたら「ええ、マジで?!」と、かなり不機嫌な様子・・・
それでも仕事をNYの上司に押し付け、翌朝はD氏と共にSDへと向かった。

Landingに到着すると、結構Parkingが空いている。
やはり、不景気の上にコンディションも悪いのがこういうところにも如実に現れている。
今日出航のLong Range TripもVagabondのみの模様。
しかも、通常であればVagabond一艘でも荷物を積んだドーリーが10台を超えるくらいになるが、今日はまだ4〜5台。
どちらかと言えば我々は遅めの到着なのに・・・
そう、25〜26人で募集なのに、今回はなんと13人!
超ウルトラ・スーパー・リミテッドとなっていた。
恐らく、赤字垂れ流しの出血大サービス釣行だと思われる。
Landingで定番のFish Tacoを食べてから、出港準備の出来たボートに荷物を積み始める。

燃料を入れてから、いつも通り餌を満タンに買い込み、一路ポイントへと向かう。
明日の朝には130 Mileレンジに到着したい我々は、今日は一切釣りをせずにひたすら魚場へ向かう事になった



翌朝、皆の期待を裏切って釣りを始める頃には起きてしまった
同行している面子からは「珍しくひろさんが起きてたから、今日は爆釣か?」という雰囲気も感じられる
が、今年のマグロはそう甘くない・・・
朝からなかなか喰って来ない。
昼頃になって前回のトリップで食いが立ったレンジに入るとバイトも出てきて、私のロッドも無事にしなりを見せてくれるようになった。
期待していた良い型のBluefinは食いが立たずに終わったが、小さ目のを3匹釣った時点で陽が落ちた。



【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 20 + PacBay X2G80L Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 20lb/Seaguar Fluorocarbon 20lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Torsa 16 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 50 + CalStar 6460XH + Izorline Spectra 80lb
Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 35 + Daiwa Saltiga Jigging + Izorline Mono 40lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
Shimano Stella 20000 + ufm Ulua 962EH + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
2011/07/14

Author: Hiro (9:37 am)
日時: 2011年7月9日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: Nogu152さん♂&♀ & Hiro
釣果: Largemouth Bass x 7

今週は、前回のチャーターでBluefin Tunaを上げる大活躍をしつつ、Point LomaからSD空港へ向かい、そのままLAに戻らずに出張へ行ったNogu152さん、それから奥方と共にDVL(Diamond Valley Lake)へ行く事となった。
先週は摂氏38℃と、10時頃にはロッドを振るだけで汗が流れ落ちる状態に陥ってたが、今週はそこまで暑くない
帽子も風通しが良い麦わら帽子を持ち込む

午前中はダムサイトでデカバスを狙うが、それ程反応が良くない
ルアーを変更すると、途端に当たりが出てくる・・・
が、シャローでは木っ端ばかり
少し深いレンジを狙うとシャローと同じくらいの頻度で当たりがあり、狙い通り型も良くなり43cmを含む40cm台を交えて数本GET
更に深場を狙ってみるが、ボトム周辺では当たりはなし。



9時を過ぎると途端に喰いも渋くなり、ポイントを移動。
先週数を出したポイントへ移動するが、今週は15艘近くと、メチャメチャ多くのボートが既に入ってる・・・
と、ポイント周辺を見ていると5艘のボートが出て行ったので「叩かれまくった後かな・・・」と思いながらも奥の方へ入っていく。
やはり、叩かれた直後は食わない!
が、それでも数匹を追加する事が出来た

段々暑くなり始め、ここでランチタイム。
ランチの後、気付くとNogu152さん♂が熟睡体制約2時間半。

午後になって風がどんどん強くなってきた。
Nogu152さん♂の起床後は風向きが時折変わるため、風を読みながら空いてるポイントを探して見てみる
途中で睡魔に襲われ、操船をNogu152さん♂に変わってもらって1時間半ほどお昼寝(-_-)zzZ
起きてから聞いてみるとNogu152さん♀さんがエレキを踏んでるため聞いてみると、Nogu152さん♂は再度お昼寝をしてたらしい

昼寝をしてすっきりした我々はポイントを移動して、更に探りながら数本のバスを追加
夕方は例によってデカバスを狙うが、先週とは違って色々なルアーを投げ込んで様子を見る・・・が、あまり良い結果には結びつかなかった
この辺でNogu152さん♀がかなり良い結果を出したため、Nogu152さん♂からのレポートに期待をしたい

【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 711HFBA + Daiwa Steez 103SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
2. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103HA + Daiwa Samurai Braided/ Daiwa Steez Flourocarbon Line
3. St. Croix Legend Tournament Mega Swimbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
5. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
6. Team Daiwa X-Drop Shot/Finesse Rods + Team Daiwa Zillion 100HSA + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
7. Shimano Compre CPC70M + Daiwa Megaforce 100TSH + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
8. iRod Bub’s Punch Rod + Daiwa Aggrest 100HSA + PowerPro 40lb
9. Daiwa Steez 681ML + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
10. St. Croix Avid 66LF + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
11. Daiwa Procyon 661MFS + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line

Lure: Evergreen ES Drive、Deps Slide Swimmer、Deps BuzzJet、Gan Craft Jointed Craw、Black Dog Bait Lunker Punker、Evergreen D-Zone、Megabass Vision 110、Imakatsu iShad、Gary Yamamoto、Zoom
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG
2011/07/14

Author: Hiro (8:54 am)
日時: 2011年7月4日(月)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: S氏& Hiro
釣果: Largemouth Bass x 4

木曜日にA氏より「Skinnerで釣れてるぞ!」という情報が入り、Mussel InspectionもDiamond Valley Lake(以下、DVL)と共通っぽいという情報も入り、フロッグがホットだそうなので、早速オンラインでフロッグ数点を購入してOvernight Shippingで送ってもらう
金曜日の朝、早速フロッグ君達は無事に到着し、頭の中は緑色(カエル色)

ところが、日曜日にY氏より連絡があった際に話をしてみたら、なんと、SkinnerはかなりMusselにおかされており、ボートへの影響も出かけない上に、DVLと共通のInspectionというのもガセらしい・・・
という事で、Skinner Lake行きはなくなり、頭の中の緑色(カエル色)も返上

4時過ぎ、予定より遅れながらもボートを出す準備をしているとY氏と同行しているD氏より連絡。
こちらはまだSouth Bayだというのに、彼らは既に現地に到着したとか・・・
う〜む、気合の入り方が顕著に表れている・・・

8:30頃、かなり遅れながらポイントに入って釣り始めると、10分ほどでY氏一行がやってきた。
こちらは釣り始めでSwimbaitを投げ始めた段階だが、彼らは既にSwimbaitを投げた押した後とか・・・
彼等と別れた後、ようやく本日初のバイト
42cmの中型である



10時となって日が昇ってきたため、木っ端が多いが比較的数釣りの出来るポイントへと動く。
ここでも約1時間で41cm、40cmと1cm刻みで上がるバスが縮んで(?)きていたが、その後は一気に5cm縮んで35cm・・・



う〜ん、今日はメチャメチャ暑くて集中力も欠けてしまう。
なので、ここで早めのランチとして、ボートを上げていつものお昼寝タイムに突入(-_-)zzZ

2:30頃、パーキングでY氏一行に起こされる。
雨がぱらつき、雷も落ちてきた挙句、Y氏の愛艇が不調のために早上がりとなったらしい。
そして、我々も「う〜ん、上がろうか?」とも思ったが、睡魔に負けて取り敢えずそのまま再度寝た(-_-)zzZ

4:30頃、今度はDVLのおっちゃんに起こされた。
すると、なんとも強風!
やむなく(喜び勇んで)再度湖へと向かった

強風で時折エレキを踏みながらしぶきが飛んでくる強風の中、20cmを超えるサイズのSwimbaitを投げ続ける。
普通の巻物を含め、他に釣れそうなルアーが幾つも頭の中を過ぎるが、デカバス欲しさにデカSwimbaitに完全固執
時折Swimbaitを追ってくる大きな魚影が見える度に心が躍り 、その直後の落胆・・・
中には5〜6匹のバス達が追ってくるシーンがあったかと思うと、その次のキャストでは2匹のバスが喰らい付こうとする瞬間が見えるが、ミスバイト・・・・
と、結局デカバス君を仕留める事が出来ずに終わった。

【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 711HFBA + Daiwa Steez 103SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
2. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103HA + Daiwa Samurai Braided/ Daiwa Steez Flourocarbon Line
3. St. Croix Legend Tournament Mega Swimbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
5. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
6. Team Daiwa X Drop Shot/Finesse Rods + Team Daiwa Zillion 100HSA + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
7. Shimano Compre CPC70M + Team Daiwa Zillion 100SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
8. iRod Bub’s Punch Rod + Daiwa Aggrest 100HSA + PowerPro 40lb
9. Daiwa Steez 681ML + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
10. St. Croix Avid 66LF + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
11. Daiwa Procyon 661MFS + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line

Lure: Evergreen ES Drive、Deps Slide Swimmer、Gan Craft Jointed Craw、Evergreen D-Zone、Imakatsu iShad、Gary Yamamoto、Zoom
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG
2011/06/30
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (6:18 pm)
日時: 6月25日(土)
場所: Outer Banks(100 Mile Range)
船: Vagabond
狙い: Bluefin Tuna
釣り人: Saltgame.netチャーター参加者26名
釣果: Bluefin Tuna x 1

今年もマグロ釣りチャーターが始まる!
が、相変わらずの激務で直前に風邪を引き、咳は止まらない、喉は痛い、声はかれたまま、医者へ行く時間もなし・・・
当日、ShaQと共にSan Diegoへ一路向かうが、すごい渋滞・・・
しかも、マグロの群れの北上が今年は一段と遅れ、1.5 Daysレンジに入るかどうか怪しい・・・
ギリギリに到着して荷物を積み込むと、なんと、いつも楽しみにしているFish Tacoを買う時間がないではないか・・・○| ̄|_
仕方なく、夕飯の心配をしながらボートに戻ると、専任シェフのDanがチリを作ってくれてたので一安心

さて、通常の船だと10〜11時に出航となるが、
普段は3 Days以上のLong Range Tripを専門にしているVagabondは早く出航できる。
食事が美味い、ボートが大きい、Deck Handのスキルが高いの他、Long Rangeボートの強みである
7:30頃に出航したボートは餌をたんまりと積み、早速Captainから状況と今回の釣り方に付いての説明があった。
BFTの群れは既に60〜100 Mileレンジに入っていて、前日にPolaris Supremeが70lbを1本上げたとか。
う〜ん、期待以上の北上に皆、笑みを浮かべる
我々は南側の100 Mileレンジへ向かい、Polaris Supremeと同じ海域へ向かう事となった



そして朝が来た!
前夜に秋山会長から、「どうせ朝は起きられないんでしょ?」という事を前提に「何時に起きるの?」と聞かれて、
ついつい「う〜ん、8時!!」と答えてしまった。
それにも拘らず、Yoidore氏やDora氏と遅くまで飲んでから就寝・・・(-_-)zzZ
でも、目が覚めるとまだ7時過ぎ。
う〜ん、今日は合格!!
勿論、他の皆様方はとっくに食事を済ませて釣り始めている・・・^_^;

Vagabondの船長のアナウンスは非常に分かりやすく、群れがいる、近い、サイズなど、アナウンスで大体分かる。
時折群れに近付き、皆の緊張が一気に膨れ上がる!
25〜40lbの群れに当たったかと思うと、その次は70〜140lb!!
「40lb以上のラインでないと危険過ぎだな・・・」と、邪な思いが頭の中を駆け巡る
が、ちっとも食わない・・・
時たまバイトがあるが、上がってくるのはBlue Sharkばかり
となると、当然GalleyやDeckで遊んだり寝るメンバーが段々増える。
今日はAfternoon Biteなんだろうな・・・



午後になり、U氏のロッドが撓り、マグロっぽい良い引きを見せている。
30lbを超える、良い型のBluefinである。
「このままAfternoon Biteに突入か?」と思ったら、それっきり当たりは遠退いた。
今日は、Evening Biteなのかな・・・?



夕刻に入り、Bird PileやBird Diveがチョクチョク見えるようになる。
食わせないと釣りにならないので、ラインを少し落とす策に変更。

Starbord Side前方でDiveしている鳥を見付けてボートが一気に近付く。
すると、船長からPort Sideに群れがいるとのアナウンスがあり、
回り込むとPort Sideで幾つもボイルが見付かった。
慌てずにボイルに向かってベイトを投げ込み、ラインがボートの底に行かない様に回り込む。
すると、隣近所でバイトがあった!
1〜2分して、今度はKo-Heyさんに作ってきてもらったロッドに本日初のバイトの感触!
慌てずに合わせると、ドラグがすごい勢いで出て行く
そう、タックルを買えたのは良いが、ドラグセッティングを全くしていなかったのである・・・○| ̄|_
マグロが止まってから、しめ過ぎないレベルまでドラグを閉めてから、再度念のために合わせる。
ドラグがゆるいとは言えど、貴重な初バイトをばらさない様に丁寧に寄せる。



Circle Upしてきた時に船長がギャフで突こうとした瞬間、マグロは再度潜り始めた。
ラインがギャフに絡みそうになったが、流石はCaptain Mike、無理にギャフを引かずにラインをよけてくれた。



想定以上に時間が掛かったものの、その後も慎重にやり取りを行い目出度くLANDING!



その後、TsukamotoさんとNogu152さんの格闘シーンを拝みながら、
「ここからEvening Biteが始まるのかな・・・」と思い、その後も欲を抑えられずにいた。
が、残念ながらこれでバイトは終了。



【今回のタックル】

Daiwa Saltiga Hyper Speed Lever Drag 30 + PacBay X2G80ML Ko-Hey Special + Izorline Spectra/Izorline Mono 30lb/Seaguar Fluorocarbon 30lb
Shimano Torsa 20 + Shimano Teramar 80H + Izorline Spectra/Izorline Mono 40lb/Seaguar Fluorocarbon 40lb
Shimano Tiagra 20 + CalStar 6460XH + Izorline Spectra/Izorline Mono 60lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader
Shimano Stella 20000 + UFM Ulua 962EH + PowerPro 80lb/Varivas 100lb
2011/06/30

Author: Hiro (6:08 pm)
日時: 2011年6月19日(日)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: M氏& Hiro
釣果: Largemouth Bass x 12

今回はM氏とDiamond Valley Lake(以下DVL)へ行く事となった。
一昨年からの増水により、なかなかタフなコンディション。
とは言え、Swimbaitにデカイのが喰らい付いて来るシーンも出たりと、期待は膨らむ

今日は父の日のせいか、いつもに増してボートが多い。
朝、ボートを出して定番ポイントへ向かい、Y氏と会う。
朝間詰めを狙うが、チェイスはあるものの食ってこない

陽が上り、シャローエリアへ移動。
定番エリアはボートが沢山集まっている。
別のポイントへ移動して、シャローエリアを狙ってみると、ポツリポツリと当たりがある。
木っ端が多いが、中には40cm近いのも上がってくる。



ランチの後はお昼寝・・・
ふと気付くと2時間ほどが経ち、M氏も夢の中・・・(-_-)zzZ

夕方が近くなってきたため、デカバスを狙えるエリアをあちこちと漁ってみる。
なかなか現れない・・・
ボートを上げる時間が近付いてきた頃、ようようデカイのがチェイスしてきた・・・ が、食わない
残念ながら、でかいのは眺めるだけで、食わせるには至らなかった。

【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 711HFBA + Daiwa Steez 103SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
2. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103HA + Daiwa Samurai Braided/ Daiwa Steez Flourocarbon Line
3. St. Croix Legend Tournament Mega Swim Bait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
5. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
6. Daiwa Steez 681ML + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
7. St. Croix Avid 66LF + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
8. Daiwa Procyon 661MFS + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line

Lure: Evergreen ES Drive、Evergreen Timberflash、Deps Slide Swimmer、Gan Craft Jointed Craw、Gan Craft Screwbait、Megabass Vision 110、Evergreen D-Zone、Imakatsu Mogulla Jig、Imakatsu iShad、Gary Yamamoto、Zoom
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG
2011/06/30
Category: 釣果レポート : 

Author: Hiro (6:05 pm)
日時: 2011年4月23日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: Y氏& Hiro
釣果: Largemouth Bass x 6、Rainbow Trout x 1

いやぁ〜、すっかりご無沙汰してます〜!
今までY氏には色々と教えてもらったり、情報提供をしてもらったりしてきた。
が、そのY氏が近々引っ越す事となり、引越しでバタバタする前にDiamond Valley Lake(以下DVL)へ一緒に行く事となった

DVLと言えば一昨年の年末近くまでかなりの減水をしたところから逆に増水を始め、かなり一杯になるレベルまで増水している。
ここ一週間で約2m、その前の週は約3mと、いまだにすごい勢いで増水を続けている
DVLも既にスポーンが始まっているが、増水を繰り返す中のスポーン攻略は昨年に続いてなかなか難しい・・・
しかも、今日もトーナメントがあるのもあるが、一般のアングラーも非常に多く、ものすごい数のボートが湖面に浮かんでいて、かなり高いプレッシャーがかかっていることは容易に想像が付く。

朝一で前回比較的良く釣れたポイントへ入った。
珍しく朝からかなりの強風のため、前回とは違ってスピナベから入り、Swimbaitを投げ込んだりする
が、反応なし・・・

ポイントを移動して、入り江に入ってバスを探しながらワーム系タックルに変更。
しか〜し、食わない・・・^_^;
ようようY氏が木っ端を1匹GET。
少し粘っていると、後ろから別の船がこの狭い入り江に入ってくる。
トーナメンターでもないのに、なんともマナーの悪い連中である

ティンバーの生えてるシャローエリアとその近くのシャローを狙おうと遠目から様子を見ると、既に10艇以上のボートが終結しており、バスが口を使わなくなるほどプレッシャーが高いことは見え見えなた目、ここは後回し。
Cove周りで少し深めのレンジを探りながらシャローも狙うと、シャローで木っ端が食ってくる。
一度は3連荘ヒットで、3匹目はなんとトラウト!
Y氏が「おっ!」と言いながら大きくあわせると、なんと、合わせ切れ・・・
結構良い型のバスっぽいが、残念・・・

その後もプレッシャーの高くなさそうなところを探して、良い型のバスを狙う。
ある程度いる場所は分かるのだが、どうも良い型は口を使ってくれない・・・
終わりが近付いた頃、午前中はボートが群れをなしてたティンバーのシャローからボートが消えている。
「やっぱり、一日中あれだけのボートが張り付いてたから、プレッシャーが高過ぎで喰わないかね?」なんてY氏と話してたら「ガツン!」と当たりがある
ヘッドシェイクに気を付けながら寄せて上げると、55cm/4.8lbのバスであった
久し振りにDVLらしいバスに出会えて良かった〜!



【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 711HFBA + Daiwa Steez 103SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
2. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103HA + Daiwa Samurai Braided/ Daiwa Steez Flourocarbon Line
3. St. Croix Legend Tournament Mega Swim Bait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
5. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
6. Daiwa Steez 681ML + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
7. St. Croix Avid 66LF + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
8. Daiwa Procyon 661MFS + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line

Lure: Lucky Craft LL Pointer、Evergreen ES Drive、Deps Slide Swimmer、Gan Craft Jointed Craw、Lucky Craft Staysee、Evergreen D-Zone、Imakatsu Mogulla Jig、Imakatsu iShad、Gary Yamamoto、Zoom、Robo Warm
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG
2011/01/29

Author: Hiro (8:25 am)
日時: 2010年6月6日(日)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: Isaoさん & Hiro
釣果: Largemouth Bass x 4

去年はすっかり仕事に忙殺されてたために、かな〜り久し振りの登場です(笑)
いくら忙しくても、釣りに行く事を忘れない僕って一体・・・(汗)
最近はレポートも静かなので、古い釣果レポートシリーズです

朝一、Isaoさんと最近よく行くシャローエリアへと向かった。
入り江を端から端まで丹念に探っていく
今年に入って増水が始まり、そのせいで水中にブッシュが沈んでいることが多く、水中に沈んだブッシュの陰に隠れているバスも視野に入れながら探っていく。
すると、早速当たりがあり、46cmをGET



その後も探っていくと、またしても当たりがあった!
合わせた途端、バスはまるでマグロの様に走り出した
シャローエリアから脱出すべくボートを沖に向ける・・・が、バス強し、水深約1mの所に沈むブッシュにラインを巻かれてしまった・・・
ボートを寄せるとなかなか良い型!(かなり浅いため、魚がバッチリ見える)
うまい事、バスはブッシュの脇にいてくれるため、Isaoさんがネットですくい上げようとする・・・が、魚がネットよりもでかくて入り切れないため、ちょっと動かれるだけでネットから出てしまう・・・
数回繰り返したら、なんと、フックが外れてしまった・・・

その後も少し粘ったが釣果ににつながらないため、ポイントを移動した。
その移動先で、早々にFISH ON!
これまた、シャローに向かってマグロの様に走っていく・・・が、今回は水深の深い沖へと移動に成功!
ドラグを鳴らしながらしつこくラインを出されるが、流石に疲れると浮いてきてくれる(あたかもマグロの様)
そして、今度はめでたくLANDINGに成功!
さっきのバラしたのより3cm近く小さめだが、今回のもネットからはみ出るサイズ。
測ってみると61.5cm/7,1lb、めでたく初のロクマルをGETである。



その後は良い型には恵まれないままTime Upとなった。
今回のロクマル2匹(大きい方はバラしたが・・・汗)をかけたタックルはSteezだったが、非常にドラグがスムーズに出てくれるため、淡水のライトタックルとは言え、非常に釣りながら安心感がある。

【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
2. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
3. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. Daiwa Steez 681ML + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon Line
5. G-Loomis SR781 + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
6. Shimano Compre CPC70M + Team Daiwa Zillion 100SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
7. Team Daiwa-X Drop Shot/Finesse 661ML + Team Daiwa Zillion 100SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Samurai

Lure: Lucky Craft LL Pointer、Evergreen ES Drive、Evergreen Timber Flash、Deps Silent Killer、Deps Slide Swimmer、Lucky Craft Staysee、Evergreen Sledge、Gary Yamamoto、Zoom
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG
2010/01/23

Author: Hiro (7:26 am)
日時: 2010年1月16日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: Eichan、Hiro
釣果: Largemouth Bass x 2

さてさて、先週に続き今週もDVL!
先週はほぼ無風状態であったが、今週末は少し吹く予報。
期待を胸に現地へ向かう。
すると、今週も先週に続いて沢山のボートが来てる!
先週ほどではないが、やはり40艘くらいはいそう・・・

それでも早速Swimbaitを中心に良い型を狙ってポイントに入り始める
一ヶ所目のポイントを探るがあたりはなく、いつもとは少し違う探り方を始めた
すると、狙いは的中し、いきなりヒット!
ヘッドシェイクもかわしてLandingに成功し、47cmをGet!!
その直ぐ後、続いてEichanも48cmをGet!!!



Private Boaterが多いため、先週に引き続き、今週もいつもと違うパターンでポイントを回る
が、やはり水温が低い事と叩かれてるためか、なかなかバイトが続かない・・・
そうこうしてる間に後半戦に突入するが、やはりあたりはない・・・

残すところ約20分、攻め方を変更する事にした。
粘る、粘る、粘る・・・
が、なかなかバイトには恵まれない・・・
「このまま時間切れかあ・・・?」と思ってたら、残り数分で待望のあたり!
慎重に浮かせ、ヘッドシェイクもかわし、目出度くLanding!!
朝一の47cmには及ばなかったが、46cmをGET



ここで今回はTime Upとなった。




【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
2. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
3. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SR781 + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line
5. Shimano Compre CPC70M + Team Daiwa Zillion 100SHA + Daiwa Samurai Braided/Daiwa Steez Flourocarbon Line

Lure: Lucky Craft LL Pointer、Evergreen Timberflash、Evergreen ES Drive、Deps Realiser、Deps Silent Killer、Deps Slide Swimmer、Deps Realiser、Zoom、Robo Worm
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG #4/0
2010/01/23

Author: Hiro (7:03 am)
日時: 2010年1月9日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Largemouse Bass
釣り人: Ken725さん、Hiro
釣果: Largemouth Bass x 2

日本ではざうおには行き損ねたものの、LAでの初釣りはやっぱりDVL!
Ken725さんと、一路DVLへと向かう。
到着すると、ものすごい量の船!
12月半ばから約1年ぶりにPrivate Boatが出せるようになったが、その影響か?
それにしても50艘は超える量のPrivate Boatは一体・・・
後からKen725さんが調べたところ、翌日はDVLでWON BASSのトーナメントがあるため、そのプラに集ってた模様・・・



兎にも角にもボートを借りて出船
Swimbaitを中心にバスを探すが、なかなか結果に結びつかない・・・
ポイントもすごい量のPrivate Boaterが集ってるため、良いポイントは既に入られてたり、既に叩かれた後・・・
いつもとはかなり違うパターンを取ったり、違うポイントへ入ってみる。
昼前になり、シャローエリアで待望のバイト!
引きもまあまあ。
上げてみると、43cmのLargemouse
今年初のバスとご対面



その後、ほとんど無風だったためお弁当を食べながらのんびりとした釣りを始める。
お弁当を食べ終え、少し真面目に釣り始めると再度バイト!
慎重に合わせるとしっかりとフックがかかっている。
ファイトの末に上げると45cmのバス!!



その後もギリギリまで粘るに粘ったが、夕間詰めも物にできず、あえなく納竿となった。


【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
2. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
3. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SR781 + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
5. Shimano Compre CPC70M + Team Daiwa Zillion 100SHA + Daiwa Samurai Braided/Seaguar Flourocarbon

Lure: Lucky Craft LL Pointer、Evergreen Timberflash、Evergreen ES Drive、Deps Silent Killer、Deps Slide Swimmer、Deps Slide Swimmer StingerBack、Deps Realiser、Deps Buzz Jet、Deps Realiser、Imakatsu Javallon、Zoom、Robo Worm、Gary Yamamoto
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG #4/0、Gamakatsu Offset Shank EWG #5/0
2010/01/23
Category: 釣果レポート : 

Author: Hiro (6:58 am)
1月3日(日)
場所: つりぼり金ちゃん
狙い: コイ
釣り人: Hiro、M氏
釣果: コイ x 16

さてさて、10月半ばから完全に忙殺され、釣りに行くもののレポートをあげることが出来ず・・・○| ̄|_
HatajiさんからTaekoさんへ「Hiroさんに直ぐレポートを上げる方法を伝授してあげて下さい。(爆笑)」と頼まれる始末・・・ f(^ー^;

急に日本へ一時帰国となったため、残念ながらTomo_Mさん、Shibさん、Takagiさん、Kenjiさん達とはお会いするには至らず
今回は「ざうおか?」と思っていたが、今回は金ちゃんへ行く事となった

一年ぶりの金ちゃんであったがほとんど勘は鈍っておらず、昨年よりも良いペースで釣れる
1時間の間であったが、16匹の鯉を釣る事ができた



【今回のタックル】

竹竿
2009/10/20

Author: Hiro (8:55 pm)
日時: 2009年10月17日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Large Mouse Bass
釣り人: Eichanさん、Hiro
釣果: Largemouth Bass x 3

今日は第一回、SGNでのバストーナメント。
数日前には2日間雨が振ったためにコンディションが心配であったが、会場のDVLの辺りはあまり降らなかった模様
天気予報では南から15kmの風が吹くと予報されていたので、期待を膨らます

今日はやけに混んでいて、ゲートが開く30分以上前に着いたものの、15台くらいの車が前に並んでいる
これだけ混むのはスポーニングのシーズン以来・・・

今回、朝はシャローエリアから・・・と初めから決めていたが、あまりにも混んでたためにどのシャローエリアに行こうか少し悩んだ。
前に出て行った船の多くが西側へ向かっていったため、迷わず東側へと向かった。
シャローエリアに入ってキャストを始めた瞬間、シャローエリアの外側でボイルを発見
よく見ると、木っ端が跳ねてるのと良い型が跳ねてるのが見える
落ち着いて周りを見回し、デカイのが跳ねたのが見えると同時にSwimbaitを投げ込む
すると、2クランクでヒット!
狙い通りである
慎重にやり取りをし、51cm/4.3lbをGET!



その後、ダムサイトを流していくと、Swimbaitに喰らい付くでかい魚体が見えた!
が、Short Bite・・・
その後、更にさっきほどではないが良い型のバスがSwimbaitに襲いかかるのが見えた!
が、再度Short Bite・・・

ダムから外れたシャローエリアで再度ボイルがあり、木っ端が跳ね回っているのが見える
ボイルから少し外して深目を狙ってみるといきなりヒット!
跳ね回っている木っ端とはサイズが違う。
上げてみると、45cm/2.5lbをGET!



その後はポイントを変えつつ丹念に探すが、バイトすらない・・・
しかも、今日は全く風が吹かず、メチャメチャ暑い・・・
数日前の寒い中で降っていた風はどこへ行ったんだ!!
とぼやいても始まらない。
色々と試すが、木っ端1匹以外は結果に結びつかないまま夕刻が近付いてきた。



ダムサイトを流し始めて2投目、いきなりヒット!
と思ったら、またしてもShort Bite・・・
そのまま手を変え品を変えて色々と攻めてみる。
終わりが近付いてきたら、またまたヒット!
しか〜し、またまたShort Bite・・・
今日、こればっかり・・・
結局、今日はBiteよりもShort Biteの方が多いまま終わった・・・


【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
2. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar Carbon Pro
3. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SR781 + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
5. Team Daiwa-X Drop Shot + Team Daiwa Zillion + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX

Lure: Lucky Craft Real California、Deps Silent Killer、Deps Slide Swimmer、Evergreen Timberflash、Evergreen ES Drive、Zoom
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG #4/0
2009/10/11

Author: Hiro (3:32 pm)
日時: 2009年10月10日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Large Mouse Bass
釣り人: Shunsukeさん、Hiro
釣果: Largemouth Bass x 8

来週のトーナメントを控え、Shunsukeさんと一緒にDiamond Valleyへプラに行く。
とは言え、前夜は同期入社の社員が辞職したために送迎会で遅くまで飲み、朝は就寝後2時間でShunzukeさん起こしていただく失態をおかす・・・^_^;

兎にも角にもボートを借り、朝一はシャローへ向かった
Swimbaitを投げ込むと、2投目でいきなりヒット!
Swimbaitに喰らい付くバスという事で期待をしたが、来たい外れの44cm・・・



シャローエリアもその後はあまり良さそうではないので、ダムサイトを流す。
今朝は結構食いが良い。
その後も2回のShort Biteがあったものの、46cmのバスを追加



その後は移動してダムサイトやシャローエリアなどを攻める
シャローエリアの奥に着く頃に良い当たりがあった
なかなか良い引きを楽しんでから上げると、50cmのバスをLANDING!



更に場所を移動して、幼魚虐待を2度ほど・・・^_^;



朝の内は風が少し吹いていて湖面が少しざわついていたが、昼前にはべた凪。
昼前になってお弁当を食べると睡眠不足に見舞われ、2時間半ほど休憩・・・ (-_-)zzz



2時半前、風邪が出ていたせいで船の移動時に体がずるずると滑り出し、休憩は終了。
寝起きの一発がやってきた・・・が、またしても幼魚虐待・・・^_^;;



そうこうしてる間に夕間詰めがやってきた。
どうも、先週以降に想定してた通りには喰って来ない・・・
色々と試しながら攻め続けると、Swimbaitが着水するや否や巻き始めると、1クランクでバイト!
Swimbaitに喰らい付くバスの顔が半分ほど、水面から飛び出して見えた
20lbのラインを巻いたDaiwa Plutonから時折ドラグを鳴らしながらラインを引き出すバス
少しばかりのファイトを楽しみつつ、Head Shakeで水面から飛び出る度にHead Shakeを交わす。
魚体が浮いてくるとShunsukeさんからも「おぉ〜!」と声が上がる。
「今回は遂にロクマルかあ?」と思ったが、甘かった・・・
4cmも足りなかった・・・^_^;
でも、56cmで5.7lbと、なかなか丸くて良いバスであった
欲を言えば、来週のトーナメントで喰って欲しいバスであった




【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX
2. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar Carbon Pro
3. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SR781 + Daiwa Steez 2508 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX


Lure: Lucky Craft Real California、Deps Silent Killer、Deps Slide Swimmer、Deps ES Drive、Zoom
Hook: Gamakatsu Jig Head
2009/10/04

Author: Hiro (3:07 pm)
日時: 2009年10月3日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Large Mouse Bass
釣り人: Shaqさん、Hiro
釣果: Largemouth Bass x 10

今回は前から「一緒に行こう!」と言ってたShaqさんとのバス釣り。
2週間後のSGNトーナメントもあるので、プラを兼ねて意気揚々と現地へ向かう
今日は天気予報通り風が強く、良さ毛な感じ



先ずは浅瀬へ向かった。
今日は風で水面がざわついてるため、トップは控えめにして色々と試す。
が、反応は全くなし・・・

少しして、ダムサイトを流しだす。
すると、いきなり良いあたり!
暫しのファイトを楽しみ、目出度くLANDING!
52cmの良い型をGET



今度はSwimbaitを投入。
すると、Swimbaitの後方水面下にバスの尻尾周りが「ふわっ」と見えた途端に激しいあたり!
湖面へ向かって逃げまくるが、51cm/4.3lbのバスをGET v v



陽が完全に昇ってきたので、移動する。
と、ふと後ろでボートのエンジンに勝る激音が聞こえる・・・
振り返るとなんと、でっかい水上飛行機(?)が湖面に着水しかけ、そのまま上昇していくではないか
なんと、今日はこれを何度となく繰り返していた・・・
何かの練習かな??



そのままウィード付近を狙い、44cmと小型をGET。
他の浅瀬で良い辺りがあったが、あえなくバラシ・・・



午後になって深場を狙うが、こちらも反応なし・・・
Marina前の湾にて、オカッパ組みを避けながら流すと、木っ端がヒット。



残り時間が約2時間となり、ポイントを絞り込み始める。
ここでまた良い感じでヒット!
51cmのバスをゲットである



そのまま流していくとヒットがあり、なかなか強い引きである
しかし、上げてみると44cmのバスだが、あたかもプリスポーンの様にかなり丸い



と思っていたら、またしても可愛いあたり。



最後のクライマックス、残り30分。
ここで良い型をかけたが、痛恨のバラシ!
その後直ぐにあたりがあり、浮いた時に見えた魚体は「一目で今日の一番、ロクマルあるなあ・・・」というサイズだが、再度痛恨のバラシ・・・
しかも、Swimbaitを持ってかれた・・・
めげずにSwimbaitを投げ続ける・・・
と、またしても良いあたり!
今日の締めくくりは52cmと4匹目の50cm台であった




【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103 + Daiwa Samurai Braided/Kureha Riverge
2. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar Carbon Pro
3. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SR781 + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
5. Team Daiwa-X Drop Shot + Team Daiwa Zillion + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX

Lure: Lucky Craft Real California、Deps Silent Killer、Deps Slide Swimmer、Evergreen Timberflash、Deps ES Drive、Deps Buzzjet、Deps Realiser、Lucky Craft LV-500、Evergreen D-Zone、Amp Musashi、Zoom、Gary Yamamoto、Robo Warm
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG #4/0
2009/10/01

Author: Hiro (1:51 pm)
日時: 2009年9月26日(土)
場所: Redondo Beach, King Harbor
狙い: Halibut、Bonito、Calico Bass、Sand Bass
釣り人: Eichanさん、Ken725さん、Hiro
釣果: Halibut x 2(ショート)、ペリカン x 1(ワイド)

今日は久し振りの釣り大会!
RedondoのKing Harborへ来るのもちょっぴり久し振り
Kayakを積んだ車が揃うと、なかなか壮観!
朝の朝焼けも綺麗だったなぁ〜!!



今回はEichanさん、Ken725さんと共にむさ苦しい(笑)トリオにてSkiffに乗り込む。
先ずはベイトバージへ向かい、チャム用のAnchovyを購入しに行く・・・が、良いサイズのイワシしかない
「まあ、イワシでもないより良いし、ヒラメが狙えるから良いっか!」と、イワシを少し調達した

前半戦はBonitoを狙って、湾の入り口側を狙う。
Ken725さんが良いサイズを上げるが、その後はちっとも続かない・・・
ベイトバージ周りも狙うが、こちらも駄目・・・

中盤戦となり、湾の奥へ行き、ヒラメとバスを狙う事にした
Eichanさんはアワビ・・・ではなくイワシ。
Ken725さんと私はミノー

すると、私のロッドにガツンとあたり!
グイグイ寄せると、19インチのヒラメである
3インチ足りない方には、写真撮影の後お帰り願う。



アワビ・・・ではなく、イワシで当たりのなかったEichanさんは、仕掛けを外してミノー に付け替える
暫くすると、Eichanさんが「あっ! 」と・・・
巻き上げると、かわいいヒラメちゃんである
ルアーで釣った第一号、おめでとう!!
と写真撮影をしていると、巻いてもいない私のロッドに「ピクッピクッ」と微かなあたり!
どうやら、止まっていたミノーに、14インチの兄貴分が食ってきたらしい・・・^_^;



その後、更にEichanさんがショートのCalico BassをGET!
更に、Eichanさんは鳥を、そして私はペリカンをGET!!
「今晩は焼き鳥かあ?」などと冗談めかしていたら、ドラマが起こったのである・・・





突如として、Eichanさんのロッドがしなる
ドラグが唸る!
どんどんとラインが出て行くではないか!!
あたかも、シールが喰ったのかと思った私であった。
Ken725さんの助言でチェックしてみると、ドラグが緩々であった・・・^_^;
ドラグを閉めこんで、再度巻き上げる。
おお、かなり良い型のBonito!!
ボート脇まで寄せると、今度はボートの下へ潜り込む。
暫しのファイトを繰り返して・・・バレた
明らかにJack Podのサイズである・・・
しかし、さっきのかわいいヒラメに続き、ミノーでの釣りの威力を体験したEichanさん。
男泣き・・・ではないが、かなり堪能した模様である
(詳しくは動画を参照)




【今回のタックル】

1. Team Daiwa-X Drop Shot + Team Daiwa Zillion 100SHA + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon
2. Daiwa Procyon 661M + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX Flourocarbon
3. Daiwaa Saltiga Jigging + Daiwa Saltiga 20 + Izorline Spectra/Izorline Mono/Seaguar Flourocarbon Leader

Lure: Lucky Craft Staysee、Lucky Craft Flash Minnow、Tackle House K-Ten Blue Ocean、Duel Minnow、ima Sasuke、Berkeley PowerBait
Hook: Gamakatsu Split Shot/Drop Shot #2
2009/09/21

Author: Hiro (8:03 pm)
日時: 2009年9月5日(土)
場所: Diamond Valley Lake
狙い: Large Mouse Bass
釣り人: Isaoさん、Hiro
釣果: Largemouth Bass x 9

ここのところ調子が良く、朝の内はShallowエリアでSwimbaitやトップで入れ食いという報告のあったDVL
今回はちょっと変わった組み合わせだが、Isaoさんと一緒に現地へ・・・
とは言うものの、前日(土曜日)は突如、客先での仕事が入った
夕方に現地入りし、それ程掛からないはずであった・・・が、結局夜中まで引っ張られた・・・
そして、翌朝・・・「Isaoさん、ゴメン!」と、寝不足の塊は寝坊してしまった・・・ Zzz(-^-)
現地に着くと、朝一で並んでた連中がボートを出し始めてるところである。
急げ〜!と、我々も急いでボートを借りて、いざ出船!



さて、朝の内は入れ食いらしいShallowエリアへと向かい、Top系ルアーやSwimbaitを投げる・・・が、チェイス自体なし
スピナベなど、朝の時間帯に強いルアーを投げるが、状況は変わらず
そこで、試しにワームを投げる・・・が、それでも駄目
あまり引っ張らず、ちょっと距離があるがポイント移動。

ダムサイトを流してると、待望のヒット!
そして、可愛いのが一匹・・・



そのままダムを攻め、その先の浅瀬も攻めるが当たりがない
端の方はウィードだらけなので、このまま別のポイントへ移動・・・使用と思ったが、ウィード周りを狙う事とした。
すると、いきなりヒット!
今度はのっけからウィード方向や湖底へ向かってグイグイと引っ張っていく
ライトタックルではあるが、ドラグを出しながらも何とか凌ぎ、浮かせる事に成功し、目出度くLANDING!
52cm/4.1lbと丸く太ったバスであった





その後は続かず、移動。
その後はなかなかあたりにも恵まれず、移動を繰り返す。
う〜ん、湖面は穏やか、天気は良い、そうなると移動中は眠い〜 (-_-)zzz



数回移動を繰り返して攻め続ける。
今年の年明け頃に良く攻めてたポイントに久し振りに行く事とした。
残り時間3時間を切った頃、ガツンと良さ毛なあたり!
湖底に向かってグイグイ逃げるが、水深を使って何とか耐える。
時折水面まで上がってきては水面から飛び跳ね、ヘッドシェイクをしてルアーを外そうとするが、ロッドワークでかわす。
そして、48cmのバスをGET〜!





その後が続かないが、残り時間2時間を切って実釣時間は実質1時間となり、最後はダムサイトにかける事とした。
一投目から可愛いあたり。
その後もルアーを色々変えつつ、可愛いのが5匹。



残り時間が10分もない状況の中でもしつこく粘る。
すると、待望のあたりが来た!
最後の最後で良いファイトを見せてくれたバス、ヘッドシェイクをかわしながらファイトを楽しませてもらい、目出度くGET!
今度も48cmであった。



ドックへの帰途、またしてもガス欠になってしまったがドックからガソリンタンクを持ってきてもらい、何とか帰途に着いた。


【今回のタックル】

1. Daiwa Steez 671MH + Daiwa Steez 103 + Daiwa Samurai Braided/Kureha Riverge
2. G-Loomis SWBR955C + Team Daiwa Pluton 200H + Daiwa Samurai Braided/Seaguar Carbon Pro
3. St. Croix Legend Tournament Sweeper Spinnerbait + Team Daiwa Pluton 200SH + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
4. G-Loomis SR781 + Team Daiwa Tierra 1500 + Daiwa Samurai Braided/Seaguar InvizX
5. Team Daiwa-X Drop Shot + Team Daiwa Zillion + Daiwa Samurai Braided/Seaguar AbrazX

Lure: Lucky Craft Real California、Deps Silent Killer、Deps Slide Swimmer、Evergreen Timberflash、Deps Buzzjet、Deps Realiser、Lucky Craft LV-500、Evergreen D-Zone、Amp Musashi、Zoom、Gary Yamamoto、Robo Warm
Hook: Gamakatsu Jig Head、Gamakatsu Offset Shank EWG #4/0、Gamakatsu Offset Shank EWG #7/0
2009/09/19
Category: 釣果レポート : 船釣り : 

Author: Hiro (11:45 am)
日時: 9月12日(土)
場所: Outer Banks(45〜60 Mile)
船: Endeavor
狙い: Bluefin Tuna、Yellowfin Tuna、Albacore、Yellowtail、Dorado
釣り人: Saltgame.netチャーター参加者22名
釣果: Yellowfin Tuna x 3、Dorado x 3

今年3度目のSGNチャーター、SGNとしては第十回目のマグロチャーター!
とはいうものの、直前に急な中西部出張は入るし、部下は休暇を取るはで、かなり寝不足が溜まった状態・・・にも拘らず、Beppuチャーマスと同様に遅くまで飲む・・・



そして朝が来た!
ひどい寝不足の中にも拘らず目が覚め、Deckに出ると1/3くらいの参加者は既に起きている。
釣りはまだ始まっていない
でも、めっちゃくちゃ眠い・・・ (~O~)フア〜
トイレで用を済ませて、再度寝る・・・ (-_-)zzz

次に目を覚ますと、なんと既に9時!
見事に寝坊・・・ ○| ̄|_
Deckに上がると大きなDoradoが数匹上がったところであった。



慌ててタックルを持ってきて戦闘体制を整える・・・が、その後1時間以上は移動のみ
なんと、良い時合いをすっかり寝過ごしてしまったらしい・・・ ○| ̄|_
Shaqがお越しにきてくれたらしいが、高いびきで起きなかったとか・・・ Zzz(-^-)
そして皆、お昼寝体制に入ったり・・・



ギャグをかまして群れが見付かる時間を過ごす・・・



その後、小さい群れと大きい群れに遭遇し、速攻で3匹のDoradoをGET!
その後も暫く群れを見付けるのに時間がかかったが、2〜3つのKelp Paddyにて更に3匹のYellowfin TunaをGETする事に成功
今回は珍しく、早めに切り上げて帰途に着いたEndeavorであった。



スポンサー企業各社様、今回もお陰様で楽しいチャーターとなりました。
今後とも、宜しくお願い致します。




【今回のタックル】

Daiwa Saltiga 30T + Shimano Teramar 80MH + Izorline Spectra/Izorline Mono 25lb/Seaguar Fluorocarbon 25lb
Shimano Tiagra 20 + CalStar 6460XH + Izorline Spectra/Izorline Mono 60lb
Shimano Stella 10000 + ufm GT Plus + PowerPro Spectra/Varivas Shock Leader

(1) 2 3 4 ... 9 »

当サイトの利用により発生したいかなる事故・損害についても、当サイトは一切責任を負いません。
©2011 saltgame.net All rights reserved